sakura
fushimiで占いをしているsakuraと申します。

4月になりましたね…!ついこの前までは今年もはじまったばかりだと思ってましたが…時がたつのは早いものです…!

2021年は風の時代となり、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、恋と運命の真実を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

恋と運命の真実で占う

※20歳未満はご利用できません

双子座(ふたご座)と一言でいっても、男女別にみると性格や特徴は異なって当然です。

それぞれに合う、合わないの星座も違いますから、こちらでは恋愛傾向や好きなタイプ、嫌いなタイプなども併せて伝授します。

ふたご座(双子座)のあなたは、自分を客観的に理解するために参考になる内容ですから、まだ自分で見つけられていない性格や特徴を導き出しましょう。

目次

ふたご座(双子座)の男性の性格や特徴

熱する感情が長続きしない

楽しそうなことや感動するようなものに出会えたら、突っ走る傾向にある双子座の男性ですが、その気持ちは長続きしません。

よそ見をする機会も多く、他に興味を示すようなものがあれば、熱していた気持ちは冷めて、次に進んでいきます。

変化を求めて、次から次に動き回る双子座の特徴ですから、仕方のない部分もありますが、それでも身についていないわけではありません。

少しずつ様々なものにかじりつくことで、本人は満足していますから、人生を思う存分謳歌していると感じているようです。

流行に敏感

刺激的なものに弱く、すぐに興味深々となりますから、流行に敏感なふたご座の男性。

ファッション雑誌を熟読することもしますし、スマホなど新しい機種が登場したとなれば気になって溜まりません。

興味を持つだけでなく、自分にすぐに取り入れますので、お金を散財していると周囲の人に心配されるのも少なくない状況。

しかし、我慢することが苦手で、何とかしてでも抑え込む術を学ぶつもりもないので、どんどんと新しいことに挑戦します。

挑戦欲が高いのは悪いことではありませんし、最先端を走るあなたに憧れを抱く人も多くいるのが事実です。

カリスマ性を兼ね揃えていますので、タレント向きな性格で、たくさんの人から注目される機会も珍しくありません。

そんな自分も嫌いではなく、求める刺激を得られている状況です。

場の空気を読める

ふたご座の男性は、自分に置かれている場の空気を読めますので、浮くことがありません。

特に場を楽しくさせる能力に長けていますので、あなたがそこにいるだけで多くの人が笑顔になれ、有意義な時間を作り上げられると感じられます。

自由な面があると言われてはいますが、人の話を聞くのも大好きなので、場の空気を乱すことなく、穏やかな状態に導けるはずです。

気さくな雰囲気を醸し出していますから、人見知りをすることなく、相手もすぐに打ち解けてくれます。

初めての場であっても、双子座を中心にして和やかに、これからの付き合いに繋がると期待感を与えられる人だと言える特徴を持っているのです。

ふたご座(双子座)の女性の性格や特徴

取り敢えずやってみようの精神

計画を立ててもその通りにはならない、考えても分からない場合には、その時に感じていることを「取り敢えずやってみよう」という精神を持っているのがふたご座の女性です。

一歩を踏み出したところに、何か光が見えて正しい道が照らされるかもしれませんし、感情が変わって求める答えが変わることだってあります。

楽観的な部分もあり、あまり深く考えずに、とにかく行動を起こせばその場からは動き、見える景色も変わるという考えです。

とても素晴らしい考え方で、いつまでも一定の場所に留まって、下を向いている人に比べてポジティブ思考の持ち主。

気になることがあれば、方向性を変えてでも行動に移しますので、中には「ついていけない」と感じる人がいることだけ、覚えておきましょう。

最後までやり遂げる精神力

「これをやる!」と聞けたら、どんな状況になっても諦めることはありません。

ふたご座はフラフラしているように見られることもありますが、自分で決めたことに対しては最後までやり遂げる精神力を持ち併せています。

それは、努力家と一言で言い表せるような簡単なものではありません。

誰も見ていない場所でも、気付かれないところでも、必死に努力を積み重ね、成果に向けて突き進みます。

逆境を感じたとしても、誰かに肩を叩かれたとしても、ある一定の成果を感じなければ行動を止めることはありません。

ひた向きな姿をふたご座に見たことがない、という人がいますが、それは表だって「努力している」と言わないからです。

未練を感じない

後悔するようなことがあっても、悔しいと過去を振り返って感じたとしても、その時の感情を引きずりません。

後悔も悔しさも、自らの行動や考えが招いたことだと分かっていることですから「二度と繰り返さないようにしよう」と思うだけで、過去に未練を感じないのです。

昔の自分がいるから今がある、と本気で思えていますので、常に前向きでいられる人だと言えます。

誰かに嫌みを言われたとしても、ムッとその場はしたとしても、一日寝れば忘れるタイプで、次の日からは普通の接することが出来るのは、生きる上での強みになるのです。

相手と同じ土俵に立つこともなく、我が道を歩くことに重点を置いているので、「今」をとても大切にしているふたご座の男性だと表現できます。

ふたご座(双子座)の男性の恋愛傾向や好きなタイプ・嫌いなタイプ

モテモテの時期が多い

女性の理想の男性像になりやすい「頭の回転が速く賢そうにみえる」「どんな場でも楽しませてくれる能力がある」という点で、モテモテの時期が多いのがふたご座の男性です。

「こんな男性とデートをしたら笑いが絶えないだろうな」「困った時には助けてくれるんだろうな」という期待を女性に抱かせます。

浅く広く、人と付き合う傾向がありますので、仲間との時間に彼女を連れていったり、大勢の輪の中でのデートをしたりしますので、より男としての魅力を女性に披露することになるのです。

周囲の男性に引けを取らない双子座ですから、魅惑をたくさん持っています。

彼女以外の女性への興味

様々なことへの興味を失わないのがふたご座の恋愛傾向ではありますが、それが仇となることがあるので注意しましょう。

彼女がいたとしても、他に魅力的な女性や気になる人が出来ると、視線はそちらに向き、実際に浮気に繋がるケースが考えられます。

気になったら近づかなければ気持ちが収まりませんし、自分の興味を埋めるための行動を後先考えずにするタイプ。

愛する女性を傷つける恐れがある人ですから、本当に大事な人を守るために必要な行動について自戒しなければなりません。

他の女性に興味を示すのは、一度や二度ではありませんので、場合によっては浮気を繰り返し、窮地に自ら堕ちていく可能性がありますし、愛する女性を失ってもおかしくないのです。

相手に合わせて欲しいと思っている

「簡単に人は変わらない」「自分のどこがいけないのは分からない」という意識を持つふたご座の男性は「相手に合わせて欲しい」と感じています。

浮気してしまうこともそうなのですが、気持ちが揺れ動いた事実は本当ですから、どうしようもなかったのです。

双子座の男性が好きなタイプの女性は、尽くし、全てを受け入れてくれるような器の大きな女性であると同時に、許してくれる人。

悪いことをしている意識は持ってはいますが、それこそが自分自身なのでなかなか変えようという気持ちにはなりません。

変えたいとも思いませんから、そのままの自分を受け入れてくれなければ、関係を継続させるのは難しいと判断し、自分から一つの恋愛を終わらせてしまう可能性もあります。

ふたご座(双子座)の女性の恋愛傾向や好きなタイプ・嫌いなタイプ

自由を尊重する

男女交際をすると、つい愛情の深さから嫉妬したり束縛したりするものですが、双子座の女性はお互いの自由を尊重するので、窮屈さを相手に与えません。

時間の縛りもなく、「私も自由にするから、あなたもそうしてね」と感じていますから、同じタイプならば付き合いやすいはずです。

しかし、不安感の強い男性や尽くしたい願望のある男性ならば、こんなドライな部分が寂しさを引き起こしてしまいます。

仕事でデート場所に向かうのが遅くなって男性から連絡がきても「そんなこと、気にしなくても良いのに!」とあっけらかんとしている態度に救われる男性は少なくありません。

ユーモラスな人を好む

一緒にいて笑顔が溢れる人、刺激的で新鮮さを与えてくれるような男性はユーモアのセンスもあり、双子座の女性は大好きです。

神妙な顔ばかりしている、社会経済など真面目な話しかしないような男性とは恋愛関係に至りません。

恋愛は結婚に繋がる可能性のある形ですから、一生を共に過ごして「楽しいかどうか」という点を見ているからです。

真面目な者同士が上手くいくこともありますが、双子座の女性とは歪(ひずみ)が生まれやすいので、最初から避けることも珍しくありません。

共通している話題があるだけでなく、自分が知らない知識をたくさん持っていたり、どんなことでも面白おかしく話すユーモラスな男性に魅力を感じ、常にくっついていたいと思いがちです。

好きになる男性はバラバラ

ふと気づいた時に「私って、好きになった男性に共通項がないわ」と分かるのは双子座の女性。

もちろん、理想の男性像やタイプはありますが、実際に好意を抱くきっかけは、気持ちの繋がりやその場の雰囲気によるもの。

二人を繋ぐフィーリングがふたご座女性の中での最重要事項となっていますから、見た目などについてはバラバラなのです。

友人などにも「本当はどんな男が好きなの?」「前の彼氏とはだいぶ違うタイプだね」と疑問を持たれたり、驚かれたりします。

あなたが一生懸命に、好きになる男性の共通点について考えても、納得のいく答えは出ませんので、二人を結ぶフィーリングについて調べてみましょう。

温かい気持ちにさせられる、前向きな感情を手伝ってくれるなど感覚で好きになります。

ふたご座(双子座)男性と相性が合う星座

ふたご座×おひつじ座=「エネルギーを与えあう」

おひつじ座との相性は良好で、お互いにエネルギーを与えあうことが出来ます。

ふたご座の好奇心に当てはまるような話題を自然に出すおひつじ座は、急接近をし、二人にしか分からない会話が続くようです。

周囲を圧倒する盛り上がりで、二人だけの空気間の中で、ワクワクした話が継続されます。

そこに絆が出来ると、おひつじ座にある独占欲に気をつけて、お互いが大事な存在であると認め合う話をすれば上手くいくのです。

お互いが「二人で過ごすのは楽しい」「世界は二人きりでも構わない」と思うこともありますから、双子座が他の人に取られるのを恐れるおひつじ座。

安心感を与えて、相性の良い状態を続けてください。

ふたご座×てんびん座=「同じタイプで理解できる」

星座は違いますが、タイプが同じで、お互いに人が好きである反面、自由を愛しています。

ある意味、相反する性格で、人に理解してもらえない場面も多いもの。

大勢で過ごすことが好きなのですが、でも自分の時間も必要ですし、グループ以外の人との付き合いもしたいなど。

誰にでも理解してもらえないからこそ、双子座とてんびん座だからこそ分かり合えますので、二人の間での信頼関係を結べます。

二人の時間は、とにかくおしゃべりが続くもので、何時間でも会話が弾み、楽しい時間を過ごせるはずです。

興味の矛先も似ているので、一緒にいるのは苦ではありませんし、相手の話も興味深く耳を傾けたくなる内容ばかりだと言えます。

ふたご座×おうし座=「方向性が合わない反面で」

持つ目標や目指す結果が同じで努力する立場になったとしても、方向性が違うと感じるおうし座との相性はあまり良くないような気がします。

でも、お互いをきちんと知れば、道筋が違うだけで、目標に近づきたい熱意は同じなので、自然と手を取りあえるベストパートナーとなれます。

双子座が思いつかないような方法をおうし座が見つけ出すなど、お互いに自分にはない考えや価値観に刺激を受け、共に手を取り合うことによって、より早く目的に辿り着けるはずです。

仕事などのパートナーであれば最高、恋人だとしても、結婚などを目標にしていたり、二人の子供の生活について同じ考えを持っていれば上手くいきますから、コミュニケーションを取って心の内を伝えていきましょう。

ふたご座(双子座)の男性と相性が合わない星座

ふたご座×おとめ座=「イライラを引き起こす」

物事への行動に対して、手あたり次第に手を出すタイプの双子座は、他に興味を抱くと、中途半端であろうと、自分のものになっていないだろうと投げてしまいます。

一方で乙女座は、成果に繋がるためには苦難さえも乗り越え、浮気心を抱かずに、一つのことに真摯に最後まで取り組むのです。

真逆の性格は、特に乙女座から見ると「わけが分からない」「誠実ではない」とみられます。

人として尊敬出来ない、とまで思われる可能性があり、双子座が仲良くしようと近づいても、嫌悪感を丸出しにされる可能性が0ではありません。

おとめ座の女性にとって、双子座の男性のようなタイプは苦手を通り越して、「嫌い」という部類なのです。

ふたご座×やぎ座=「主導権争い勃発」

出会いの初期は、お互いの考え方などを尊敬の気持ちで接することが出来るやぎ座との相性、実は相当悪いものです。

やぎ座の女性は、仲が良くなると「相手のために」という気持ちから主導権を握ろうと奮闘するのですが、自由を好むふたご座にとってはとても窮屈だと感じること。

制限をされると自由な行動は出来ませんし、約束を破れば自分が悪くなってしまいますので、今度は双子座が主導権を取ろうとし、揉めます。

一度双子座と山羊座が揉めると、収集がつかなくなり、気持ちが離れるだけではなく、縁が切れてしまうようです。

一切の関わりが経たれる運命を導きます。

ふたご座×かに座=「愛情の与え方が違う」

根本的に、愛情の与え方が違うので親しい関係になった時にお互いに不満を感じやすいのがかに座との相性です。

たとえ、心から愛し合える関係を築いていた、お互いに魅力を感じていたとしても、その気持ちの伝え方が違えば、本心を理解してもらうことが出来ません。

かに座は素直にストレートに表現してくれる傾向がありますが、双子座の男性は「付き合っているっていうことはそういうこと」という抽象的な言い方をする場合も。

確かに、好きだから交際に至っているのですが、人としては気持ち良く素直な感情を聞きたいものですし、それを言葉に出すことに愛情を感じられます。

愛情表現の違いは、恋人などという関係を継続させるために邪魔になるものですから、長い付き合いは期待できません。

ふたご座(双子座)女性と相性が合う星座

ふたご座×しし座=「世界が広がる」

双子座の女性は心の底から獅子座の男性を信頼できるのは、あの人に裏表がないから。

信頼できるということは、言葉をそのまま受け入れることができ、素直な感情で接することが出来るということが言えます。

獅子座は思ったことをそのまま伝えてくれるところがありますから、辛い指摘をされたとしても「自分のために言ってくれた」と思えますから、自分の成長を促す、世界が広がるのです。

素直に聞いてきれる双子座に対しても、自分が何をするべきかと常に考える獅子座ですから、お互いの学びとなる相手。

一緒にいて苦痛などと感じることもなく、委縮することもありませんから、自分らしく振る舞えます。

ふたご座×みずがめ座=「好奇心を刺激する相手」

みずがめ座の男性は、発想が人と違いますから、双子座の女性にとって好奇心を刺激する相手。

「もっと知りたいから話をしたい」「近くにいて知らない情報に触れたい」と双子座は感じて、子供のようについて回ることも少なくありません。

その人そのものに興味を示すようになりますから、恋愛感情が生まれてもおかしくない二人です。

また、お互いに自由を愛する性格ですから、それぞれが別々の場所にいても、何も気にしません。

何日に何週間も会えなくても、「寂しい」「悲しい」などと思わずに「お互いが元気でいればそれでいい」と思えます。

二人にとっての感性が同じだということは、長い付き合いになりやすいのです。

ふたご座×ふたご座=「内心での繋がり」

愛情表現や素直な感情を伝えることが苦手な双子同士なので、相性が良くないように感じますが、お互いを理解し合い、人には分からない内心での繋がりを得られます。

とても良い相性で、付き合いに発展すると、自分の意思とは別に、理解できるからこその「相手への尊重」が見られるのです。

いつも一緒に過ごしてラブラブ感を見せつけるような関係にはなりませんが「自分たちが分かっていればそれで良い」と本気で思えるので、心は安定しています。

お互いに信頼ができ、相手の反応から「何を考えているのだろうか」「どうして欲しいのかな」ということを悟れる傾向があるので、多くを語らなくても伝わりあうはずです。

ただ、コミュニケーションはお互いに取れる性格なので同じ空間にいれば話が途切れません。

ふたご座(双子座)の女性と相性が合わない星座

ふたご座×さそり座=「縛られて苦しい」

好きになればなるほど、相手を縛ってしまう傾向のあるさそり座の男性は、双子座の女性にとって天敵のような存在。

その人自体に魅力があったとしても、一度でも束縛をすると苦しくて溜まりません。

自由を奪われた状態ですので、相手のためを思うと、安心させるためにルールとして受け入れるべきなのでしょうが、本音の部分で「逃げたい」と思うように。

恋人ならば、別れることばかりを考えてしまい、相手への愛情から離れてしまう危険があります。

大きな束縛ではなく、予定を把握しようとしたり、行動を熟知しようとしたり、ルーティンから外れるようなことがあれば、激高してしまうこともあるようです。

ふたご座×うお座=「感情的な感覚についていけない」

思うことがあっても、感じる部分があっても、全てを言葉に出して伝えるべきではないという考えの双子座にとって、時に感情的になりやすいうお座の女性は理解不能な存在です。

相手の感情的な感覚についていけなくなり、自ら距離を取り、自然消滅を狙った行動をとることも。

合わせようと努力をしても、心の底からの尊敬が出来ないので、長い付き合いにはなりません。

世渡り上手なふたご座、感情で周りを振り回したり状況を悪化させたりするうお座は、生き方が異なり、交わることが困難です。

好きという感情も、突き詰めていくと違うことに気付きます。

ふたご座×いて座=「途中から違う方向へ」

双子座もいて座も、様々なことへの興味が強く、行動力もある似た者同士。

ただそれは最初だけで、どんどんと興味の対象を変える双子座の男性に対して、射手座の女性は一つのことをとことん追求しますので、その場での行動が異なるようになります。

飽き性だと双子座は思われてしまい、軽蔑されかねませんから、長く深い付き合いをしたいのならば気をつけましょう。

集中力の欠如はふたご座の欠点だと捉えられると、交際を続けることを躊躇し「合わない」と思われてしまいますし、あなたの探求心を否定されたと思って悲しくなることも。

お互いに傷つかない方法を模索しなければ、上手くいかない相性です。

二人が一緒にいることに違和感を抱く瞬間が少なくありませんから、どこに違いがあるのか、何がそうさせるのかを調査してください。

それでも違和感を拭えない時には、一緒にはいられない関係だと諦めなければなりません。

ふたご座(双子座)の運勢

占い師sakuraのワンポイントアドバイス

sakura
ふたご座(双子座)は男女共に変化を求め、常に高い場所を目指すアグレッシブな性格。

敵を作りやすい面もあり、あなたのスピードについていけない人が出てきてもおかしくありません。

しかし、慎重な面もあり、努力家でもありますから、多くの人からは愛され、応援される人になりやすいので自分の良さを魅力にして、まい進しましょう。

チャンレンジ精神旺盛なあなたですから、人生の知識を豊富にさせ、引き出しをたくさん作ることによって、たくさんの人に頼られるようにもなれるはずです。

【期間限定】今年2021年の運勢を占います!



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「気になるアノ人の本当の気持ちを知りたい…。」

「自分の未来がどうなるか怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、今年2021年の運勢を知れる【言魂鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、今年2021年の運勢を知れる【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします!



※20歳未満はご利用できません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村
LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

当サイトの占いは楽しんで頂けましたか?

「当たる占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、人気サイト「micane」のLINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@では人気サイトmicaneで活躍する占い師の中でも、最も人気のある聖子先生が「恋愛運」「結婚運」「金運」「仕事運」「妊娠・出産・子供運」「健康運」の中であなたの選んだ運気を無料鑑定!また定期的におすすめの占いを配信致します!

生年月日と簡単な4択だけで今すぐ鑑定できるので、是非試してみてくださいね!

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事