いて座(射手座)の男女別の性格や特徴や相性が合う・合わない星座【恋愛傾向や好きなタイプ・嫌いなタイプは?】
sakura
fushimiで占いをしているsakuraと申します。

4回目の緊急事態宣言…本当に辛く苦しい日が続きますが、心を一つにしてみんなで乗り越えましょう…!あなたにとっても世界にとっても運命の大きな分岐点です!!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、神言鑑定を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

神言鑑定で占う

※20歳未満はご利用できません

12星座のうち、いて座(射手座)のあなたの男女別の性格や特徴をこちらで伝授いたします。

あなたが生まれ持つ星座から、性格や相性などを導き出せますので、自分自身を知る意味や今後の人生の活用に役立ててください。

また、気になるお相手がいて座(射手座)だというケースでも恋愛傾向などを導く内容となっておりますので参考にしましょう。

目次

いて座(射手座)の男性の性格や特徴

自然体でふわふわしている

いて座(射手座)の男性は、自然体でいつも自分のペースで物事が進んでいます。

最低限のルールは守りますが、型にはめられることを嫌いますので、フワフワしているイメージを持っている人も少なくありません。

気持ちのままに行動を起こすのですが、決して感情的になったりはしませんので、人に嫌な思いをさせたり、不愉快にさせたりはしないのでまさしく自由人という感じ。

自由気ままな人生で、旅に出ることも好きで、一定の場所に留まることを嫌います。

刺激を求めているというわけでもなく、素直な感情で自分が求めるものに向かっているのです。

軸がしっかりとしている

ふわふわしていて、自由に漂っているいて座(射手座)ですが、軸はしっかりとしています。

「自分らしく生きたい」「素直で居続けたい」と思っているので、軸の強さから嘘をつくようなことは絶対にしません。

人を傷つけない嘘は誤魔化しに変えますから、軽はずみに誰かを傷つけるような言葉は吐き出さないということ。

真面目を通り越して「生真面目」さが際立つのはこのためで、一定の場所にはいないのに、どこか信頼できる人だと思われます。

軸が強ければ、生き方も道筋がはっきりとしており、何も考えていないように思われがちですが、人に迷惑をかけないように、状況判断もしっかりと出来るタイプの男性です。

信頼できる人ですから、常にどこに行ってもたくさんの人に囲まれ、眩いオーラを放ちます。

他人の意見を気にしない

自分が正しいと思うことに行動を向かわせるいて座(射手座)の男性は、あまり他人の意見を気にしません。

評価さえも気にしないので「自分が良かればそれで良い」というところがあります。

裏を返せば、神経質になることはなく、人間関係や仕事でのストレスを溜めずに、やりたいことをするタイプです。

こんないて座(射手座)の男性を羨ましいと思う人がいる一方で、神経質な人にとっては「もっときっちりとしてくれよ」「こっちのことも考えて」と思われることも。

何か指摘されたとしても「まずは自分の気持ちが大事では?」と反論することもあるいて座(射手座)の男性ですから、自分で気付かないところで問題が起こるケースも少なくありません。

いて座(射手座)の女性の性格や特徴

自身で決めたルールに忠実

誰かが決めたルール、引かれたレールの上を歩くのは好きではないいて座(射手座)の女性。

マイルールに忠実になるので、行動的な女性だと多くの女性の目にうつります。

何か良いことがあるのを待つのではなく、人が自分のために行動を起こしてくれるのを期待するのではなく、自主的に行動を起こす女性です。

12星座の中でも、特に主導的な行動力が高く、エネルギッシュ。

気になることを見つけた時、何かの解決策を発見した時などには、すぐに行動を起こし、何かしらの結果を得ます。

それが失敗だとしても、すぐに次の行動に移る力を持っていますので、常に頭の中もフル回転しているようです。

ルールに縛られていると可能性が狭まるという考えも持っていますので、時に仕事などでは問題行動だと指摘されることがあります。

現在と未来が大切

いて座の女性にとって、過去はどうでも良いことです。

とにかく、現在と未来のことばかりを考え、意識は前を向いています。

行動を起こした後、反省することはあっても、いつまでも後悔に苛まれることはなく、悔やみ続ける時間も無駄だと思っているのです。

現在について、どのような行動が適切なのか、将来に関しては自分が求める姿を見ています。

過去を振り返ったところで、今よりも出来ない自分、未熟な自分しか存在していないので、学びになることはありません。

それは、自分の欲望や希望などがはっきりとしており、気持ちがくすむことなく、晴れ渡っているから。

目標などが具体的であるからこそ、前だけを向いて歩く力を備えています。

じっとしていられない

何かに背中を押されるように、生き急いでいるように感じられるいて座の女性は、じっとしていられません。

何もせず、何も考えずにぼうっと過ごすことは苦手で、常に体を動かしているのです。

ゆったりした時間を味わったことがなく、せかせかしているので、時に気持ちが暴走し、自分の行動が空回りをして後悔したり誰かに迷惑をかけたりします。

そんな時には、一旦立ちどまり、次への成功について考えることが出来るのですが、一つの答えを導き出した瞬間に走り出すタイプです。

優先順位などを無視し、思いついたことから行動に起こすので、段取りの悪さを指摘されることもありますから注意しましょう。

いて座(射手座)の男性の恋愛傾向や好きなタイプ・嫌いなタイプ

すぐに心が動く

条件などを考えずに、感覚で恋に落ちるいて座(射手座)の男性ですから、すぐに心が動きます。

素敵な女性、優しい女性、偏屈なところのある自分を理解してくれるような女性に出会うと、惚れやすい傾向にあるのです。

特に既視感を抱ける女性に対して、すぐに恋愛感情を抱きやすい傾向があります。

「どこかで会ったことがあるような気がする」「昔に話をしたことがあるような気がする」というもの、「これって前世からの結び付きだったりして?」と考えると、すでに恋に落ちているケースも。

心が動きやすいので、恋愛経験が豊富、遊び人だと思われることが多々ありますが、一つ一つの形に運命を感じているので、本人としては本気でいるつもりです。

いて座(射手座)の男性は人懐っこいところがあるので、女性もすぐに心を開き、恋愛相手となれます。

マメな性格で女性は満足する

自由人であるイメージのいて座(射手座)の男性ですが、恋愛をするととてもマメで、女性を寂しがらせることがありません。

常に同じところに居続けないので「こんな素敵な場所にいるんだ」「今日は、こんなお店にきたよ」と自分の行動や感想を随時報告してくれます。

好きになる女性は、自分に理解のある人ですから、「もっと知って欲しい」「自分の行動に興味があるはずだ」と感じていることも。

良かれと思っての行動、というわけではないのですが、自分発信が苦ではないので、結果的にマメな連絡などを心掛けているように感じられます。

そんな彼に女性は「愛されている」「特別だ」と感動を味わえるはずです。

アタック精神が強い

脈なしの相手、ライバルのいる相手を好きになったとしても、簡単に諦めるような男ではありません。

刺激に燃えるタイプということではなく、もともとがとてもポジティブなので「思い続けてればいつか結ばれるだろう」「今日は玉砕したけれど、明日はいけるかも」と考えるのです。

はっきりと振られたとしても、めげないのでアタック精神が強いと言えます。

性格的に、自分の中に不愉快な感情を漂わせているのが嫌いなので、すぐに気持ちを入れ替え、次の成功について考えられる人。

恋愛は、好きになるという特別な感情を抱くので、そんな自分の気持ちを大事にしたいという願望も持ち合わせています。

いて座(射手座)の女性の恋愛傾向や好きなタイプ・嫌いなタイプ

恋愛している自分が好き

いて座の女性は、常に恋しておきたいタイプで、そんな自分が大好きです。

好きな対象の男性がいないと、自分ではないような気がして、人生を楽しめませんし、場合によっては憂鬱になります。

付き合っていなくても、片思いでも構いません。

異性に対する好意を持っていると、それだけで毎日が明るくなり、生き甲斐にもなります。

恋人との間で大きな喧嘩をし、別れるようなことがあった場合「もうしばらくは誰とも付き合わない」と決めますが、時間をおかずにすぐに好きな人が出来ることも少なくありません。

結婚をしてからも、夫への恋愛感情が薄れずに過ごせるので、いつでもラブラブです。

文句を言わない男性が好み

いて座の女性のわがままだってニコニコ聞いてくれる、夢も応援してくれる、そんな心優しい男性が大好きです。

ワイルドな男性よりも、見た目から優しさが滲みだしているような爽やかな王子様が好みです。

恋愛に積極的になれるいて座の女性ですから、同じタイプの男性よりも、奥手な方がキュンときますから、「自分の思い通りの恋愛をさせてくれるかも」と期待が高まります。

奥手な男性との交際は、相手の浮気などの心配がないので、恋愛感情を楽しみたいいて座にとっては最適です。

浮気の心配があれば、不安や不満の方が大きくなってしまうので、気持ちが落ち込むなど恋愛だから抱ける素敵な感情を味わえません。

安心させてくれるような、話を黙って聞いてくれるような男性を好きになります。

型にはめようとする男は嫌い

「こういう時はこうするものだぞ!」「掃除はこんな風にして欲しい」など、口うるさく、いて座の女性を型にはめようとする男性は大嫌いです。

マイルールが定まっており、人の敷いたレールを歩けないいて座の女性ですから、モラハラ臭漂う、細かいことを押し付ける男性を避けます。

型にはめようとするだけでなく、自分の思い通りにならない時に、怒鳴り声があげたり、手が出そうになったりするだけでアウト。

そんな男性を見ているだけで、イライラし、近づこうとはしません。

いて座の女性は、どちらかというと女王様気質なところがありますので、誰かに指図をされたり、上から目線で話されたりすると我慢出来ないところがあります。

いて座(射手座)の男性と相性が合う星座

いて座×おひつじ座=「上手く機嫌をとってくれる」

男性が求める大和撫子(やまとなでしこ)タイプのおひつじ座ですから、自由奔放ないて座(射手座)の男性の機嫌を上手くとってくれる素敵な相性。

お互いの性格がぴったりと合い、無理をせずに付き合える相手だと言えます。

おひつじ座の女性は、一歩も二歩も下がって男性を立てる喜びを知っていますから、恋人だとしても夫婦だとしても、自分の意見に相手を合わせようということはありません。

「自由が欲しい」「気持ちのままに行動を起こしたい」といういて座の男性にとって、心地いい女性であり、自分を尊重してくれる気持ちが嬉しくて堪らなくなります。

気持ちよくさせてくれるだけでなく、信用してくれる安心感をあなたは抱けるはずです。

いて座×しし座=「支えたくなる相手」

性格が似ている獅子座の女性との相性もぴったりです。

好きなことをやって生きていきたい二人ですから、それぞれが大事にしているものを同じように大切にしてくれます。

しし座の女性は、おてんばなところがあり、自由奔放の代名詞だと言われていますから、お互いの存在を気にして、何も出来ないなんてことがありません。

特に、恋愛よりも結婚に向いていますから、同じ屋根の下で暮らしているからといって、息苦しさを感じさせず、お互いに自由がありつつも、共に過ごす時間は楽しめる関係になれます。

こんな夫婦を羨ましく感じる人も多く、アドバイスを求められることも珍しくありません。

いて座×うお座=「家庭に繋げる関係」

あまり干渉をしないうお座の女性ですから、いて座の男性にとって願ってもいない相手。

恋愛関係などになれば、いつどこで誰と何をすると報告義務があると思い込んでいる女性がいますが、そのような相手とは上手くいきません。

しかも、魚座の女性は干渉しない一方で、相手の生き方などをそのまま受け入れてくれる器の大きさがあるので、いて座はなかなか人に理解してもらえない本音を伝えられます。

恋愛だけでなく、ビジネスパートナーになっても素晴らしい相性なので、開業を二人でするのがおすすめ。

足りないものを補いながらも、お互いを尊重し合い、楽な関係でいられます。

方向性が同じものになった時にはベストパートナーだと言える関係です。

いて座(射手座)の男性と相性が合わない星座

いて座×かに座=「頻繁に起こる喧嘩」

いて座の男性は好奇心旺盛で、後先考えずにその時の感情で行動するため、失敗する場合も多くあります。

そんな男性を見て、かに座の女性はイライラし、お世話をしたくなります。

「あなたのために言うけれど」「あなたはこうした方が良い」と意見まで伝えてしまいがちなので、自由に思うままに行動したいいて座の男性も怒るのです。

頻繁に喧嘩が勃発するので、心の距離が縮まることはなく、上手くいきません。

いて座の男性が夢中になっていること、最後までやり通さなければ気が済まない所を理解出来ない蟹座とは相性が悪いと言えます。

ある程度の距離がなければ上手くいかない二人ですから、親密になることは難しく、特別なパートナーにはなれませんから、恋心を抱いている場合には成就は難しいのです。

いて座×てんびん座=「道が交わらない関係」

「二人は生き方が違う」「別世界の人みたい」とお互いが感じるいて座とてんびん座は、本来ならば道が交わることがありません。

もちろん、知りたい程度ならば起こることですが、そこから一気に距離が縮まったり、深い関係になったりするきっかけがないはずです。

そんな二人が一緒に過ごすようになると、分かり合えないところから、ストレスをため込むようになり、精神状態が安定しません。

てんびん座の女性は、相手への理解を深める行動を自発的に行い、歩み寄りができる人。

相手が過ごしやすいようにお膳立てすることが好きなのですが、いて座の男性にとっては、ありがた迷惑な存在です。

求め合うものが全く違うので、気持ちの交わりは深まりません。

いて座×おとめ座=「性質が噛み合わない」

もともとの性質が噛み合わないので、一緒にいると繋がりを感じられずに寂しい思いになります。

おとめ座の女性はとても繊細で、人に気持ちに敏感、起こる物事に対しても真剣に向き合いますので、フラフラしているようないて座の男性に不愉快さを感じるのです。

二人の相性は、そんな不愉快さやイライラする気持ちによって、浮気が多発するというもの。

特にいて座の男性に女の気配を感じ、常に不安な気持ちになって、泣く生活が待っています。

浮気をしていないのに、不安で責められたり泣かれたりすると、いて座の男性は自暴自棄になり、実際に他の女性と関係を持つ可能性が高まります。

いて座(射手座)の女性と相性が合う星座

いて座×ふたご座=「ロマンティックな二人」

恋愛体質であるいて座の女性、そこに情熱的なふたご座が一緒になれば、ロマンティックな展開が期待出来ます。

キザなことでも簡単にやってのける双子座の男性との相性は抜群で、ムードが高まるのです。

いて座の女性は、恋愛するだけではなく、二人の雰囲気や空気感なども大切にしたいと感じていますので、うってつけの相手。

「私たち以上に幸せなカップルはいない」と本気で思えるほどに、燃え上がる恋愛が出来ますし、その気持ちをいつまでも持続させるシチュエーションも豊富です。

感性の違いはありますが、それも刺激に変えて「こんな気持ちになったのははじめて」といて座の女性が感じられます。

キッチンで相性が高まる暗示がされていますので、一緒に料理を楽しみましょう。

いて座×かに座=「大勢に囲まれる良い関係」

グループでの交際に縁がある二人ですから、友達関係からの発展で親密になれるようです。

交際をし始めてからも、たくさんの人との関わりをやめませんので、いつも多くの人に囲まれて幸せで温かな気持ちでいられます。

いて座の女性は、思い付きのままに行動するところが難点ではありますが、その突拍子もない行動を上手くとめられるのが蟹座の男性です。

押しつけがましい言い方をせずに、相手を納得させる能力を持っていますので、いて座の女性はかに座を信頼出来ます。

その信頼関係こそが、たくさんの人の中での二人の地位も確立させ、穏やかな雰囲気を楽しめますから、孤独感とは無縁です。

いて座×さそり座=「意気投合までが早い」

出会ったばかりなのに「考え方が似ている」「好きなものが一緒」と思え、意気投合する二人です。

さそり座の男性は、面白いことが大好きですし、その感性がいて座の女性にぴったり。

二人のやり取りを見ていると、漫才やコントを彷彿させるもので、周囲の人にも「お似合いだね」と言われます。

どれだけ長く一緒にいても、元の感性が似ている二人は、飽きることもなく、マンネリすることもなく、幸せへのきっかけ求めて進んでいけるはずです。

ずっと昔から知っている人のような感覚に陥ることもなり、前世での繋がりを信じられるきっかけになることも。

運命を感じさせる二人ですから、強い絆で結ばれること間違いありません。

いて座(射手座)の女性と相性が合わない星座

いて座×しし座=「危機感を感じさせる関係」

順調な交際、安心した二人の関係になりにくいのが、いて座と獅子座のカップルです。

ライバルのある恋愛の形だったり、三角関係になったり、浮気や不倫を匂わせたり…

恋愛からトラブルに繋がる相性ですから、良いとは言えません。

お互いに、他の星座の人との交際では一切、感じることのない浮気願望が湧き出てきて、トラブルを終息させるためには、無関係な人を巻き込まなければならない状況に。

相性の悪さによって、よそ見をしたり、刺激にフラフラ釣られてみたり、いけない人に手を出したりします。

最終的には、お互いに大嫌いな相手となって別れることになりそうですから、最初から近づかない方が無難です。

それでも好きになり、ずっと一緒にいたいと思うのならば、自分の行動を戒めて、意識して愛情表現を続けていくこと。

理性の中で、正しい判断を下し、人の道として誤らないように意識しましょう。

真摯な行動や姿勢が、相手の気持ちを引き付けます。

いて座×てんびん座=「本気の恋ができない」

人としての相性が悪いわけではないのですが、恋愛となると他の視点から見なければなりません。

とても気さくでフレンドリーな二人の性格だからこそ、親密な関係になりにくく、本気で胸が痛くなるような恋心に繋がらないのです。

友達としてならば、男女の垣根を越えて親友になれるかもしれませんが、恋愛となるとどうしても甘いムードを作れません。

いて座の女性にとって、「恋愛しているような気分になれない」「自分の理想とは違う形だ」と不安を抱かせるきっかけになります。

いて座の女性の恋愛への貪欲な気持ちが収まり、自然体で過ごせる相手を見つけたくなった時には、一気に相性が高まりますが、それは年齢を重ねて時間がかかる方法です。

深い関係、特別な二人には程遠いと言えます。

いて座×みずがめ座=「文句がとまらない」

いて座の女性にとって、12星座の中で最も相性が悪いのがみずがめ座の男性です。

相手を目の前にすると、文句を言いたくなる不思議な気持ちになることも少なくありません。

生理的に合わない、ということを感覚的に体験できる相手です。

そんな相性の悪いみずがめ座の男性と無理に交際を続けていると、人生には不要な修羅場が待ち構えていますから、注意をしましょう。

相手に恋人や奥さんがいたり、お金の問題で苦しめられたり、最初から「何だか合わないかも」と感じた気持ちを尊重しなかった自分を責めることになります。

人への感覚はとても重要なものですから、無駄な問題を抱えないようにしましょう。

いて座(射手座)の運勢

占い師sakuraのワンポイントアドバイス

sakura
自分の気持ちのまま、思いのままに行動的ないて座は、積極性があり、みんなの憧れの的になります。

ただ、周囲を見渡す力をなくす瞬間がありますから、意識して協調性を身につけましょう。

あなたの良さを理解してくれる相手が見つかったならば、感情のままに突き進み、素敵な関係を築きましょう。

【期間限定】2021年下半期の運勢を占います!



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「気になるアノ人の本当の気持ちを知りたい…。」

「自分の未来がどうなるか怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、2021年下半期の運勢を知れる【言魂鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、2021年下半期の運勢を知れる【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします!



※20歳未満はご利用できません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村
LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

当サイトの占いは楽しんで頂けましたか?

「当たる占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、人気サイト「micane」のLINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@では人気サイトmicaneで活躍する占い師の中でも、最も人気のある聖子先生が「恋愛運」「結婚運」「金運」「仕事運」「妊娠・出産・子供運」「健康運」の中であなたの選んだ運気を無料鑑定!また定期的におすすめの占いを配信致します!

生年月日と簡単な4択だけで今すぐ鑑定できるので、是非試してみてくださいね!

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事