おひつじ座(牡羊座)の男女別の性格や特徴や相性が合う・合わない星座【恋愛傾向や好きなタイプ・嫌いなタイプは?】
sakura
fushimiで占いをしているsakuraと申します。

4回目の緊急事態宣言…本当に辛く苦しい日が続きますが、心を一つにしてみんなで乗り越えましょう…!あなたにとっても世界にとっても運命の大きな分岐点です!!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、神言鑑定を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

神言鑑定で占う

※20歳未満はご利用できません

12星座のうち、おひつじ座(牡羊座)のあなたの男女別の性格や特徴をこちらで伝授いたします。

自分を知ることは、進む道を照らすきっかけになり、受け入れることで自分を好きになれるはずです。

今後の生活において、相性が合う、合わないの星座もお伝えしますので、ぜひ参考にしましょう。

おひつじ座(牡羊座)の恋愛傾向なども詳しくご紹介しますから、最後までお付き合いください。

目次

おひつじ座(牡羊座)の男性の性格や特徴

明るくて人好き

おひつじ座(牡羊座)の男性は、とにかく明るくて、人という生き物が大好きです。

気さくな面もあり、どのような人とのすぐに友達になり「一言話せばもう友人!」だと思える性格。

楽しいことが大好きなので、神妙な空気は苦手。

すぐにおチャラけて、その場を明るくしようと努めますので、周囲の人はユニークな彼に救われたような気持ちになります。

気さくだからこそ、たくさんの人から相談を持ち掛けられたり、秘密ごとを打ち明けられたりされがちですが、すぐに解決したくなるので、内緒話はすぐに外に広まってしまう場合があるようです。

プライドが高く負けず嫌い

「一番になりたい」「誰にも負けたくない」とプライドを発揮しながら生きているおひつじ座(牡羊座)の男性。

仲の良い人だとしても、自分を超えられるのは癪に障り、その思いが態度に出ることも少なくありません。

対象となった人は「嫌われたかも」と思いがちですが、相手そのものを嫌いになるのではなく、劣っている自分にイライラしているのです。

時に誤解を人に与えてしまう男性ではありますが、いつも一生懸命だからこそのプライドの高さですから、清らしいと感じさせることもあります。

負けず嫌いだからこそ、誰よりも努力をし、成功に向けて諦めずに前に進み続けるパワーの持ち主で、応援する人も多くいるはずです。

熱さは天下一品

熱さは誰よりもあり、とても情熱的なおひつじ座(牡羊座)の男性だと言えます。

仕事に対しても、恋をした時でも、熱い想いを目いっぱい相手に伝えて、燃え上がるような行動を起こすのです。

人によっては、その気持ちを重いと感じたり、無駄なものだと思われて冷ややかに見られたりすることもありますが、そんなことでは動じません。

自分の中に芯があり、外れた道を歩くよりも、自信を持って突き進むことを選びますので、周囲の意見に耳を傾けずに突っ走る傾向があるのは事実です。

だからこそ、衝突すると激しく、大きな問題になってしまいがちで、運気や時期によってはトラブルメーカーが自分かもと疑問を持つことがあります。

おひつじ座(牡羊座)の女性の性格や特徴

失敗しても前向き

ミスや失敗を自分が起こしたとしても、反省をし、その後の立ち直りは早く、すぐに前向きな思考になれるおひつじ座(牡羊座)の女性。

「間違えてしまった原因が分かって良かった」「次は上手くやろう」と気持ちを変えられますので、常に向上心を感じられます。

行動力があり、思い立ったら考えるよりも即行動、というケースも多く、駆け引きなどは苦手で素直な面ばかを表に出すのです。

裏表のない性格だと言えますから、失敗をして前向きになったからと言って、イライラしているわけではありません。

次なる目標を定め、一直線に高見を目指しますので、崇めてくれるような人が後を絶たない人物です。

一緒にいるか感化される人も多く、おひつじ座(牡羊座)の女性はリーダーシップがあると思われます。

嫌いなことはしない

好きなことはとことん調べ上げ、自分のものにしようと努力をしますが、嫌いなことについては考えることも避けるのがおひつじ座(牡羊座)の女性。

それは、目の前で起こっている出来事だけではなく、人に対しても好き嫌いがはっきりとしているので、場合によっては人間関係における問題が勃発します。

相手は、おひつじ座(牡羊座)の女性の魅力に気付き、大好きで「傍にいたい」と思っているのに、あなたが嫌いなタイプならば、仲良くなろうとしません。

近付かない距離にモヤモヤした相手は、あなたに攻撃的になれば、あなたも反撃をする可能性が高く、絶交をするタイミングを迎えます。

好きな人のためには、自分を捨ててまで尽くす傾向もあるのです。

体も心もアクティブ

スポーツをするのが好きで、普段の生活も落ち着きがないと思われるくらいに動き回ります。

心もアクティブで、特に誰かに負けることを「なし」と考えているので、勝つまで戦いをやめない大人げない部分もあるようです。

ゲームなどで負けたくない感情を発揮しても、そう問題ではありませんが、仕事や恋愛でライバルが出てくると、容赦ない行動で相手を負かせようとします。

あまりにも大人げない行動をとると、上司や周りの人から指摘されてしまいますが「勝つ」ことを目標にしているので、なぜ注意をされたのか分かりません。

とにかく、目の前のことに負けるのは格好悪いことで、自分を許せない出来事ですから、周りの目を気にすることなく必死になります。

おひつじ座(牡羊座)の男性の恋愛傾向や好きなタイプ・嫌いなタイプ

自信がない時には陰を潜める

気になる女性がいる、片思いをしている場合、相手の気持ちがどこを向いているのか分からない時には、この恋の成就に自信を持てませんので、アプローチなどはしません。

「振られたらどうしよう」「嫌われたくない」という意識が働き、自分の中にある好意を隠そうとするからです。

「俺はきみのことなんか好きじゃないよ」という態度をするケースも多く、相手の女性に誤解を与えて、恋愛成就の機会を失うことも。

後になって「どうしてあんなことを言ったのだろう」「俺のバカ野郎」と頭を抱えることもたくさんあり、自分から可能性の分からない恋に告白をするなど考えられません。

普段の負けず嫌いは、片思いの際には発揮されないのです。

情熱が長く続かない

おひつじ座(牡羊座)の男性は一途な反面、情熱が長続きしない場合が珍しくありません。

確かに、彼女への愛情はいつまでも続き、生涯の愛を本気で誓えることが出来るのですが、恋愛初期のような「燃え上がるような気持ち」「求める熱い想い」という情熱を持ち続けるのは難しいのです。

情熱が冷めた彼を見て女性は、「もうどうにもならないかもしれない」と一人離れていく決断を下されて、慌てて愛情を伝える行動を起こす場合も。

誠実な気持ちがあるのに、熱い気持ちを抱き続ける力がないので、破局を迎え、また新しい彼女を作りますから、経験豊富だと周囲に見られています。

内心では、反省する恋愛ばかりだと感じているはずです。

期待値が上がれば行動を止められない

片思いをしていて、相手の恋愛感情が少しでも自分に向いていると分かった時や、結婚願望を抱いて、彼女も同じ気持ちでいてくれていると理解した時には、自分から行動を起こします。

未来を感じた時には凄まじい自信を身につけ、相手も驚くようなアプローチやアピールをするのです。

告白よりも先に行動だけで「好き」と伝えたり、無理やり結婚への返事を「イエス」と言わせたり。

そんな行動を男らしいと思ってくれる女性ならば上手くいきますが、「私の意思は?」「歩幅を合わせて欲しい」という女性にとっては、辛い気持ちにさせてしまいます。

本来持っているコミュニケーション能力は、相手に合わせるという意識を持ち続けなければ、重い男になりがちです。

おひつじ座(牡羊座)の女性の恋愛傾向や好きなタイプ・嫌いなタイプ

直感に頼りがち

もともと直観力に助けられることの多いおひつじ座(牡羊座)の女性は、恋愛に対してもそれを大事にします。

よって、一目ぼれが多かったり、優しくされたりして「私にはこの人しかいない!」「彼しか理解してくれない!」と気持ちが暴走するのです。

ただ、本来持ち併せている直観力なので、当たっているケースが多く、素敵な恋愛をする機会が多いのも現実。

「私はピンと来たの!」と好きになった理由などはきちんと答えられませんが、魂レベルで納得します。

誰かに交際を反対されることがあったとしても、自分が選んだ人に責任を持ち、いつまでも一緒にいるために必要な行動に出ることが可能です。

恋に計画性はなし

男性を好きになったら、自分を認識してもらい、好意を持ってもらい、告白されるための計画を立てる女性がたくさんいますが、おひつじ座(牡羊座)の女性はそんなことはしません。

恋の駆け引きと呼ばれるような、気を引く作戦などは効果がないと本気で思っており「自分の情熱をぶつけた方が相手は私を好きになってくれる」と考えるから。

駆け引きをする際の自分は、自然体ではなく、作り物の自分ですから、虫唾が走ると感じる瞬間も少なくありません。

どんな時にもストレートに素直に、をモットーにしていますので、おひつじ座(牡羊座)の女性に好意を持たれた男性は、彼女からの愛情を信じることが出来ます。

「こんなに愛してくれる人がいるなんて」と感動させることもよくある話です。

脈なし恋にも恐れを抱かない

極端な話、好きになった男性に恋人がいたとしても、奥さんがいたとしても、誰がどう見ても「脈なし」だと思える状況でも、恐れを抱きません。

「だって、私が好きなんだもん」「当たってみなければわからないじゃん」という気持ち。

自分の中に抱かれた恋愛感情に素直に行動を起こし、もしそこで振られたとしても、「気持ちを伝えないよりはマシ」と思えます。

気持ちが強く、自分に自信があるからこそ、また自分の気持ちを大切にしているからこその心理によって恋愛をするのです。

パワフルで若干の楽観的な思考の持ち主ですから、周りがヒヤヒヤすることもありますが、牡羊座)の女性は至って無理のない感情の持ち方をしています。

おひつじ座(牡羊座)の男性と相性が合う星座

おひつじ座×ふたご座=「波長が同じ」

共に過ごす時間が増えれば増えるほどに相性が良くなるのが、双子座です。

波長が合う相性ですので、興味を示す矛先が同じであったり、会話のテンポが似ていたりして、一緒に過ごして無理をしない相手だと言えます。

星座は違うのに「自分を見ているような気がする」「こんなにも気があう人はいない」と思えるので、離れるに離れられません。

ただ、恋愛関係になると、一途なおひつじ座(牡羊座)の男性と比べて、浮気心を抱きやすい双子座の女性ですから、トラブルの暗示。

楽しいことを二人で見つけ続ける意識を持ち、実際にデートなどは常に満足するような努力によって、関係を良い状態に長続きさせられます。

おひつじ座×しし座=「エネルギーを高め合える」

獅子座は、そこにいるだけで光を届けてくれるような人が多く、触れると温かさも感じ、リーダーシップを発揮する牡羊座にとって、頼りがいのある存在です。

「そこにいるだけで安心する」と思える相手に出会えることが奇跡ですから、これからの人生において、まだまだ様々なチャンスを掴みたいと思っているのならば、獅子座はベストパートナーになります。

お互いに褒められると嬉しくなり、頼られるとより人のための行動に繋げるタイプですから、意識をして相手の良い部分を伝え合っていきましょう。

情熱的なところのある二人が一緒になると、意見が合わなかった時などには激しい言い争いに発展する可能性があるので、注意してください。

おひつじ座×いて座=「元気を与えあえる関係」

積極性のある牡羊座に、いつも面白いと感じる出来事にアンテナを張っている射手座は相性が抜群です。

そもそも、「楽しそう!」と思うと体がウズウズし、行動を起こさずにいられないところで同じタイプだと言えます。

目の前に楽しそうで面白そうなものが転がっているのならば、見て見ぬフリをする方が大変な二人ですから、状況が許さないことであっても、お互いに罪を被るつもりで突き進むのです。

お互いに、興味を示しそうなものを探し出し、それを提案することで、常に元気を与えあえる関係となり、理解してくれる一番の親友になってもおかしくありません。

悪友になる可能性がありますが、おひつじ座の真面目さで一線を越えることはないようです。

おひつじ座(牡羊座)の男性と相性が合わない星座

おひつじ座×かに座=「嫌悪感を抱かれる」

普段は多くの人に癒しを与える蟹座、出会った当初はあなたにも優しく接してくれるはずですが、お互いを知る内に、おひつじ座の男性についていけなくなります。

考えなしでの行動、相談もせずに即決断を下されると「何かあった時にフォローをしてあげられない」と思うのが蟹座の女性です。

とても繊細なところのある蟹座ですから、おひつじ座の情熱や激しい生活スタイルに嫌悪感を抱く瞬間が珍しくありません。

「一緒にいると疲れてしまう」「自分らしく振る舞えない」と蟹座は感じ、音信不通になるなどいきなり縁が切れてしまう場合があります。

頑張った末に、おひつじ座の男性が歩み寄ってくれないと分かれば、付き合う意味を失うのです。

おひつじ座×おとめ座=「苦手意識を払しょくできない」

おひつじ座の男性もおとめ座の女性も、最初から縁が切れる最後まで苦手意識をお互いに払拭出来ません。

仲良くしようと思っても、距離を縮めようと努力をしても、心の片隅には「あの人は苦手だな」「出来れば付き合いたくないな」という感情が住み続けます。

あなたにとって相手は、ネガティブな人だと捉え、おとめ座の女性からは、ストレートな物の言い方に辛さを感じることがあると思っているのです。

ある意味、異性に対してもガサツな扱いをしがちで、素直な自分こそが楽に生きる道だという考え方を変えなければ、上手く付き合っていくことは出来ません。

最終的には、二人が心に傷を負います。

おひつじ座×やぎ座=「すれ違う感情」

生まれ持った星座による性格が全くの真反対で、一緒にいるだけで苦痛を感じ、感情がすれ違うのがやぎ座との相性です。

違う性質の人と一緒にいると、刺激を感じることが多々ありますが、あなた方のケースは反発し合うと予想出来ます。

どのようなことにも挑戦欲を持って取り組むおひつじ座の男性と。努力によって成果を求めるやぎ座の女性は、お互いの行動に理解を示せません。

なぜ、そのような行動をとるのか、考えているのかも分かりませんので、歩み寄る手立てさえも見つけられないのです。

理解しようとしても、お互いが大事にしている芯が分からないのですから、無理をして一緒に過ごすことになります。

それぞれの強いパワーがあるので、反発すると一気に距離が出来ます。

おひつじ座(牡羊座)の女性と相性が合う星座

おひつじ座×みずがめ座=「興味を刺激する」

特におひつじ座の女性が、みずがめ座の持つ興味を示す役割を果たし、二人で楽しい時間を過ごせる相手だと言えます。

「こんなことがあるよ」「今度はあそこに行ってみようよ」と言われなければ、なかなか行動を起こさない水瓶座ですから、率先して行動を起こすおひつじ座の男性のおかげで様々な体験ができると感謝をするのです。

「一人じゃ、何もする気が起きない」「無難に生きていればそれで良い」と思っている反面、アグレッシブな人に憧れを抱く水瓶座ですから、バッチリの相性。

ただ、自分の時間を重要視している面もありますから、おひつじ座としては、時に放置することで安定した関係を築けます。

おひつじ座×おひつじ座=「仲間意識を持てる」

同じタイプであるおひつじ座同士ですから、ノリも一緒。

何かを始めるには、スタートを一緒に切れますので仲間意識も強くなり、常に信頼できる関係を築けます。

共感できる部分が多いのは、人間関係を円滑に作り上げるために必要なことですから、努力せずに、無理だってせずに、楽な関係となるはずです。

負けず嫌いの二人が揃うので、トラブルが起きやすいと考えられがちですが、相手の思考がお互いに分かるので、向上するライバル関係にもなれます。

問題だとすれば、自己を押し付け合って、理解出来ない時ですから、衝突が起きる前にしっかりと妥協できる自分にならなければいけません。

相手を尊重する気持ちを持てた時には、歩み寄りが自然に出来るはずです。

おひつじ座×おうし座=「補い合える関係」

性格的には反対の牡牛座との関係ですが、相性は良好です。

先も見えないような道でも一生懸命に進めるおひつじ座の女性、一方は一歩一歩を大事に、危険を予測して少しずつ歩む牡牛座の男性。

お互いを見ていると、ジレンマを感じやすいのですが、自分にない部分に新しい発見をし、学びの機会を得るので、自然に相手を受け入れられます。

自然と引き付け合う二人ですから、会話は質問が多くなりそう。

「こんな時にはどうしたら良いのかな?」などと、自分の行動に「背中を押してもらいたい」という気持ちを表し、頼り頼られる関係になること間違いありません。

学び合える関係だと認識をすれば、相手の全てをお互いに理解出来るので、尊重出来ます。

おひつじ座(牡羊座)の女性と相性が合わない星座

おひつじ座×かに座=「軽い関係になりやすい」

性格にギャップがあるので、自然と距離を取ってしまう蟹座との相性は良くありません。

おひつじ座としては、相手に興味を抱いて、質問をしたり歩み寄ったりしますが、蟹座の男性はあなたの性格を見抜き、最初から「仲良くなれないだろう」と思うのです。

ただ、それを表だって伝える性格ではない蟹座ですから、あなたとしては相手の態度に疑問が残るばかり。

いつまで経っても上手く関係が築けませんが、なぜか性の部分で魅力を感じやすく、肉体関係だけの付き合いになりそうです。

分かり合うことはないけれど、肌は合うという事実はありますので、割り切った関係ならばなんとかなります。

おひつじ座×いて座=「一定の距離に辿り着かない」

友達や恋人までの関係ならば、すんなりと築けるかに座ではありますが、それ以上に進めるのかは分かりません。

特に、恋愛関係から結婚に至ろうとしても、何かと問題が起こりますから、入籍までたどり着かないようです。

リーダーシップのある牡羊座が主導権を握ろうとし、射手座は「自由を奪われてしまいそう!」と感じて、関係の進展に躊躇します。

「このままではいけないかも」「後悔するかも」と真剣に考えますから、完全に主導権を握られる前に別れを切り出すのです。

自分の自由を守るためには、おひつじ座との深い仲は求めません。

それぞれの道を思うままに進む方が、幸せになれると本気で考えます。

おひつじ座×うお座=「余計なお世話だと思われる」

おひつじ座の女性は、魚座の男性を誤解し、「余計なお世話だ」と思われて、関係は破綻に追いやられます。

魚座の表向きの性格は「自信がない」「いつも弱気な自分」を見せるもので、姉貴肌のおひつじ座は、率先してお世話をし、気にかけ、心配をし、手を貸すのです。

しかし、繊細な魚座でも芯はしっかりとしても、目標を持って自分なりのスピードで事を進めたい意思を持っていますので、自分を否定されたような気分になります。

「自分はこれで良いのに」「放っておいて欲しい」という気持ちで、おひつじ座を避けるようになりますし、男としてのプライドを傷つけられたような気分で避けるようになってもおかしくありません。

良かれと思っての行動から、相性の悪さを露見させ、あなたの思い通りの関係にはなりませんので、魚座に対して期待をすると、あなたが傷つきます。

おひつじ座(牡羊座)の運勢

占い師sakuraのワンポイントアドバイス

sakura
リーダーシップを発揮し、多くの人の中心になりやすいおひつじ座(牡羊座)ですので、心のバランスや精神状態にはよく気をつけて、毎日の生活を送りましょう。

何でも楽しくしようとするサービス精神も併せ持っていますが、無理はし過ぎないように。

感情のままに突き進むところがあるのですが、思う存分に過ごす時間は満喫に繋がるので、意識して取り組んでいきましょう。

あなたを求める人がいる一方で、あなたとは合わない人もいますから、出会いの中での取捨選択をし、適切な道を模索しながら前に進んでください。

【期間限定】2021年下半期の運勢を占います!



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「気になるアノ人の本当の気持ちを知りたい…。」

「自分の未来がどうなるか怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、2021年下半期の運勢を知れる【言魂鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、2021年下半期の運勢を知れる【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします!



※20歳未満はご利用できません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村
LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

当サイトの占いは楽しんで頂けましたか?

「当たる占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、人気サイト「micane」のLINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@では人気サイトmicaneで活躍する占い師の中でも、最も人気のある聖子先生が「恋愛運」「結婚運」「金運」「仕事運」「妊娠・出産・子供運」「健康運」の中であなたの選んだ運気を無料鑑定!また定期的におすすめの占いを配信致します!

生年月日と簡単な4択だけで今すぐ鑑定できるので、是非試してみてくださいね!

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事