sakura
fushimiで占いをしているsakuraと申します。

ウィズコロナの時代、新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に2021年の運勢、未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、ヒーリングタロットを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

ヒーリングタロットで占う

※20歳未満はご利用できません

守り本尊が普賢菩薩の辰年(たつどし)にあなた。

豊かな発想力を持ち自分の歩むべき道を照らし出すことができる人です。

際に溢れるあなただからこそ、周囲の人から妬貯まられことも少なくありません。

そんな辰年のあなたの為に、辰年生まれの男女別の性格などの特徴それぞれと相性も鑑定いたしました。

また、【見やすい辰年生まれの年齢早見表】もあわせてご紹介していますので、参考にしてくだい。

あなたが才能を開花させて素晴らしい人生を送れる転機を掴みましょう。

目次

辰年(たつどし)生まれの男性の性格や特徴や恋愛傾向

男としての誇りとプライドが高く積極的な人

あなたの性格は、誇りとプライドが高いというもの。

積極的である辰年の男性は、自らの行動力と天性の直感で正しい道を進んでいけるのです。

成功体験が多く、その分、男性としてのプライドが高くなりがち。

曲げられない信念を持っているので高飛車な雰囲気を纏っていることも少なくありません。

恋愛面でも恋人に対して「お前が俺に合わせろよ」と高圧的な態度をとってしまいます。

彼と波長の合う人でなければ、付き合えてもすぐに別れがやってくることも。

少し気難しい一面を兼ね備えている特徴です。

自分に合わせてくれる人が好き

辰年(たつどし)の男性は自分に合わせてくれる人が大好きです。

インスピレーションが優れているあなたは、相手に合わせることを苦手とします。

人の行動を観察するよりも“自分を見て欲しい”と考えているので、追いかけてくれる情熱的な女性を望んでいるのです。

恋愛をする時も、“自分の意見が一番正しい”と思っているので、否定されることを嫌います。

恋人に否定されると“俺を拒絶しているんだ”と思う節があり、一気に恋心が冷めてしまうことも多いのです。

“俺様発言”を連発しますが、正しいことを見極める力を持っていますから、辰年男性の考え通りに動けば、恋愛も上手くいき、女性は幸せを感じられます。

辰年の男性の率先力に惹かれて“彼なら私を幸せにしてくれる”と心酔する女性もたくさんいるはずです。

はっきりと自分の意見が言える

はっきりとした意見を言えるのがあなたの性格です。

辰年の由来は龍からきていますから“天界からの使い手”ということで、人の心に染み渡るような意見を伝えてくれます。

「彼の言う事なら正しいのかもしれない」と周りにいる人を納得させる言動で周囲を惹きつけて離しません。

相手の気持ちばかりを考えていれば、自分の想いを心の内側に閉じ込めてしまうものです。

しかし辰年の男性は、自分の意思をしっかりと持って発言ができ、時には目上の人にまで意見し、見事に話をまるめこむことも。

はっきりとした口調で話すので、自信に満ち溢れた姿に周囲からの信頼は高くなります。

辰年(たつどし)生まれの女性の性格や特徴や恋愛傾向

最先端の流行を取り入れるオシャレ好き

辰年(たつどし)生まれの女性はオシャレ好きな傾向があるもの。

流行りに敏感であり「いつでも周囲の注目集めたい」と考えています。

その為の自分磨きには余念がありません。

ファッションやコスメなどは、いつも最新のものを身につける傾向にあり、異性からも同性からも「あの子オシャレだな」「可愛いな」と一目置かれる存在です。

見た目を気にしている為、自分の物差しで異性を選定することも。

「あの人なら、私とつり合う」「隣を歩いても引けを取らない男性だ」と容姿から男性を好きになります。

外見も大切ですが、男性の内面をしっかりと吟味してから恋人の関係に進まなければ、内面の薄い男性に捕まり「こんなはずじゃなかった」と後悔する事になるのです。

恋人を試したがる

恋人を試したがるのが、あなたの恋愛の特徴です。

付き合った彼の愛情を試す行動をとり、上手く関係を築いていた恋人との間に亀裂が入る事も少なくありません。

恋愛で主導権を握りたいタイプの女性なので、彼が自分に夢中であるのかどうかを試すのです。

場合によっては、自分から別れを切り出して、恋人が引き止めるのを待つことも。

「私はあなたの事が嫌いになったから別れたい」と言われると、男性はあっさりと引き下がりますが、辰年女性は納得できません。

「なんでもっと追いかけてくれないの?」「俺は別れたくないって言って欲しかった」と自分から切り出した別れ話で、悲しく辛い想いをすることも少なくないのです。

恋人を試せば、折角良好な関係を築いていた彼とでも別れがやってきます。

本当に彼の愛が疑われるべきものなのかを考えた上で行動しなくては、彼との別れが早い段階でやってきますから注意してください。

愛されたいタイプ

愛されたいタイプである辰年の女性。

男性から好意を寄せられる事を望んでいます。

その為、多くの異性と関わりを持ち、気のある振りをしますが、それもフェイクである可能性が。

好きな人は別にいたとしても男性に思わせぶりな態度をとるので、同性からはあまり好まれません。

辰年の女性は愛情不足を日々感じています。

付き合っている彼からの愛だけでは心が満たされないのです。

「もっと愛してほしい」「私を必要として」と望んでいますが、言葉に出して伝えることが苦手な一面があるので、自分の想いが恋人に伝わらなくて欲求不満に陥ることもあります。

恋人や好きな人から愛されたいのであれば、自分からも気持ちを伝えることが大切です。

求めてばかりでは叶わない気持ちに苦しくなりますから、愛情を伝えることの素晴らしさをあなたも感じて下さい。

辰年(たつどし)生まれの男性と相性の良い干支

辰年×子年=「心を許せる人」

辰年(たつどし)の男性と良い相性は子年の人です。

辰年の男性の行動力を的確に判断できます。

辰年の男性は、子年の人が自分の考えを肯定してくれることがうれしく思えるので「あの人だけは信頼できる」と付き合いの浅い段階でも心を許せるのです。

大きく分ければ、行動派と慎重派の二人ですから、上手く混ざり合うことができます。

辰年の女性にとって子年の人は良きパートナーになるのです。

不安な事がある時は、子年の人に打ち明けることで、あなたの心につかえていたものが解消されるはず。

子年の人は、きちんとあなたの秘密を守ってくれます。

誰にでもベラベラと話すタイプではないので、信頼を置ける相手なのです。

辰年×巳年=「協力し合えば上手くいく」

辰年の男性は、巳年の人と協力し合う事で、願いを達成することができます。

巳年の人は執着心の塊です。

その為、例え自分が叶えられない願いでも「どうやったらうまくいくのだろうか?」と考えを巡らせています。

辰年の人は生まれ持った才能はありますが、努力面で成し遂げる力はイマイチ。

“もう絶対に無理だ。叶わないかもしれない”と分かれば、すぐにでも方向転換して、諦めてしまうことも少なくありません。

2人が協力し合えば、お互いの性格の良い点だけを極め合える仲になれます。

自分たちの想いを伝え合えば、二人の目標が一つになるので、強大な力を発揮できるのです。

叶えたい願いがある時こそ、辰年と巳年が助け合えば最強のコンビとなり大躍進することができます。

辰年×未年=「フォローし合える」

辰年の男性と相性が良いのは、未年の人。

未年の人は柔軟性を兼ね備えていますから、どんな人とでも対等に接することができます。

自分の直感と共に進んでいくタイプの辰年の男性に上手く合わせることができる人。

あなたには、実は小心者な一面があります。

自信家であり強く見せている辰年の男性の心の内側は、脆く壊れやすいのです。

そんな繊細な部分をくみ取ってくれるのが未年の人であり、辰年の男性は未年の人に素直に甘えることができます。

辰年の男性に合わせながらも自分の弱い部分を見せられる未年の人は付き合いやすい相手。

思い合うことができる二人だからこそ、至らない点はフォローし合って前に進むことができるのです。

辰年(たつどし)生まれの男性と相性の悪い干支

辰年×丑年=「共感できない相手」

不適合な相手は辰年の男性と丑年の人。

温厚な性格の相手は、辰年の男性の気持ちを逆なでします。

何故ならば、丑年の人がゆっくりと行動している様に“時間を無意味に使っている”“今の間にもできる事があったはずだ”と考えるから。

丑年の人にはそれなりの考えがあるからこその行動ですが、あなたからすれば、到底理解できない性格の違いだと言えます。

辰年×寅年=「窮屈で嫌になる」

お互いに威勢の良い性格で白黒つけたいタイプの二人。

ライバル関係になることも多く「絶対にあいつよりは勝っているはずだ」と敵意を抱いています。

そんな二人が同じ場所にいれば、お互いを見下して口喧嘩。

喧嘩ばかりの関係に疲れが生じ“窮屈だな”“疲れたな”という感情を抱くのです。

辰年×卯年=「イラつきを抑えきれない」

あなたが抑えきれないイラつきに感情を左右される、卯年の人です。

卯年の人が誰とでも分け隔てなく接している態度が気に入りません。

「嫌いな人にまで笑顔を振りまかなくてもいいのに」と八方美人な卯年の姿が、あなたの裏表のない素直な性格を、真っ向から否定しているように感じるのです。

辰年の男性は卯年の人を目にするだけで無性に腹立たしさを覚えますから、避けるべき相手だと言えます。

辰年(たつどし)生まれの女性と相性の良い干支

辰年×午年=「合わされば最強のコンビ」

辰年生まれの女性と相性の良い干支は午年です。

二人が合わされば最強のコンビになれます。

天性の才能がある辰年の女性と午年は知性派な人です。

個々のスキルが高い二人が協力し合えば、高い地位を築けます。

例えば、社内で同じプロジェクトに取り組めば、二人の右に出る人はいません。

誰にも真似できない奇抜なアイディアと効率を重視した素晴らしい案を出し、一目置かれる存在になれます。

辰年×申年=「興味を持つ相手」

辰年と申年は相性の良い相手です。

穏やかであり気性荒さを持つ申年の人に、興味をそそられるのが辰年の女性。

「あの人をもっと知りたい」と思うからこそ、申年の人から目を離せなくなります。

辰年の女性の興味を離さないコロコロと変わる申年の人の表情に、いつしか好意を抱くのです。

些細なきっかけから恋に発展し、恋人として申年の人を求められずにはいられなくなります。

申年の人も、辰年女性の内面と外面が磨きのかかっている姿に、惚れこまずにはいられません。

二人の関係が恋人から家族になり、永遠の愛も誓えるベストパートナーだと言えます。

辰年×酉年=「気持ちを示せば分かり合える」

あなたと酉年は、気持ちを示せば分かり合える間柄です。

おっしゃれで流行に敏感な二人は興味を抱いていることが一緒。

自分から話を振ることは少々苦手ではありますが、一旦話し出せば会話が止まることなく、時間があっという間に過ぎるものです。

話し出すきっかけさえ摘まめば、分かり合える気持ちの持ち主ですから、勇気を出して酉年の人に話しかけましょう。

そうすれば、唯一無二の友人を手に入れることができます。

辰年(たつどし)生まれの女性と相性の悪い干支

辰年×辰年=「意見が食い違い対立する」

辰年生まれの女性と相性が悪い干支は辰年。

同じ干支の辰年同士ですが、才能に恵まれている反面、同じ性格の二人が合わされば意見が対立して収拾がつかなくなることも。

その為、お互いに離れていなければいけない相手であり、相まみえることはないのです。

辰年同士では本来進むべき道を見誤ることが多くなります。

互いの意見に左右されて、自分の断固たる意志が揺らいでしまうのです。

辰年×戌年=「難癖付けたくなる」

辰年の女性が難癖付けたくなる相手が戌年の人です。

戌年の人は正義感が強いので、誰にでも平等に接します。

才能を開花させている辰年の人は、周囲から敬われたり、尊敬されたりしているもの。

その為、特別視される事が当たり前の世界で生きてきました。

戌年は決して辰年の女性を特別には扱いません。

平等に接するからこそ「私は周囲とは違うのよ」「もっと敬ってよ」と文句を言いたくなることも。

一度戌年の人に不信感を抱けば、あなたは一切戌年の人の言動を信用することができません。

歯向かいたくなり、相手のあら捜しを始めてしまうのです。

戌年の人は、決して悪気があってあなたが不快に思う態度を取っているわけではありません。

公平な判断を下したい性格だからこそ、あなたを煽てることもないのです。

あなたの方が戌年の人に敵意を抱き、一人不快な思いをしますから、自分の為にも戌年の人とは距離を置くべきだと言えます。

気持ちよく日常生活を送れるように注すべき点をしっかりと念頭に入れてください。

辰年×亥年=「方向性の違いを感じる」

辰年と亥年は方向性の違いを感じる相手です。

猪突猛進する亥年の人は、思い立ったらすぐに行動する性格。

辰年の女性も直感で動きますが、優れた才に恵まれているので、判断を見誤りません。

しかし、亥年は後先の事を考えてはいませんから「この後はどんなことが起こるのか?」と未来を予想できず、思い通りの成果を得られない事も少なくありません。

亥年の人が自分から進んだ道で過ちを犯している姿に「何であの人はいつもミスばかりするの?」と不信感を抱くことも。

求めているものが違う二人は、同じ目標を追う事も出来ませんし、行動力がある二人が合わされば“ちぐはぐな関係”になります。

団結することが叶わない二人なので、各々の道を進んだ方が、お互いに嫌な思いをすることがありません。

辰年(たつどし)生まれの年齢早見表【見やすい!】

西暦 元号 干支 年齢(2020年) 年齢(2021年) 年齢(2022年)
2012年 平成24年 辰(たつ) 8歳 9歳 10歳
2000年 平成12年 辰(たつ) 20歳 21歳 22歳
1988年 昭和63年 辰(たつ) 32歳 33歳 34歳
1976年 昭和51年 辰(たつ) 44歳 45歳 46歳
1964年 昭和39年 辰(たつ) 56歳 57歳 58歳
1952年 昭和27年 辰(たつ) 68歳 69歳 70歳
1940年 昭和15年 辰(たつ) 80歳 81歳 82歳
1928年 昭和3年 辰(たつ) 92歳 93歳 94歳
1916年 大正5年 辰(たつ) 104歳 105歳 106歳

辰年(たつどし)生まれの2021年の運勢

占い師はなのワンポイントアドバイス

はな
辰年の人はたぐいまれない才能で自分の道を切り開くことができる人です。

しかし、才能だけではカバーできないものもあります。

「才能があるから」と安心しきっては、もっと上の状況を目指すことができず、つまらない人生になるもの。

持って生まれた才能を上手に使いこなせば、更なる幸せを手に入れることができます。

あなたが実りある華やかな人生を送るために、自分の性格や特徴を改めて理解すれば、希望に満ち溢れた未来を掴めるのです。

【期間限定】今年2021年の運勢を占います!



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「気になるアノ人の本当の気持ちを知りたい…。」

「自分の未来がどうなるか怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、今年2021年の運勢を知れる【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、今年2021年の運勢を知れる【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!



※20歳未満はご利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

気になるあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…恋愛成就の可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁や不倫などの難しい恋愛の悩み、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

難しい恋愛の不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事