六白水星の性格と特徴|男性と女性を干支別(丑年・辰年・未年・戌年)に完全紹介!
sakura
fushimiで占いをしているsakuraです。

恋愛の事、結婚の事、相手の気持ちや妊娠の事…恋愛や仕事でもさまざな悩みはつきませんよね…。

でも、もう大丈夫。あなたの運命は今日から大きく変わります。

私たちが過ごす今この時は、この先約200年続いていく『風の時代』の入り口です。

これまで当然だと思われていた固定概念や常識・価値観…それらは徐々に崩れ去り、世の中のあらゆるものが次々と多様化をはじめています。

「時代についていけるのかな…」「私は幸せになれるのかな…」そんな不安があるかもしれません。

でも、あなたがこの風の時代を生きることには必ず意味があります!

神の言葉を伝える鑑定である『予言占い』を試してみてください。

神の声を聞けば、風の時代を味方につけて願いを実現させる確かな方法がわかります。

運命は必ずあなたに微笑みます!この鑑定との出会いで幸せを掴みましょう!!

予言占いで運命を変える

※20歳未満はご利用できません

六白金星の性格と特徴|男性と女性を干支別(丑年・辰年・未年・戌年)に完全紹介!

九つの星によりあなたの運勢は決まっています。

六白金星は、とてもまじめであり正義感の強い人です。

「六白金星の詳しい特徴を知りたい」「あの人はどんな性格なの?」と考えているあなたへ。

そんなあなたの為に、六白金星の性格と特徴と、男性と女性を干支別で分けて紹介します。

あなたの気になる疑問や悩みを解決してください。

目次

六白金星の生まれ年は?

ビックリするほど良く当たるのが九星気学による鑑定だといえます。

ただ、この星の特徴を知ったからといって、その人の性格や特徴を理解できたわけではありません。

もっと細かく干支別に分類してみていくことで、より詳しい性格と特徴を把握できます。

六白金星の方の生まれ年と干支は以下の通りです。

1940年(昭和15年)辰年
1949年(昭和24年)丑年
1958年(昭和33年)戌年
1967年(昭和42年)未年
1976年(昭和51年)辰年
1985年(昭和60年)丑年
1994年(平成6年)戌年
2003年(平成15年)未年
2012年(平成24年)辰年
2021年(令和3年)丑年

あなたが六白金星ならば、生まれ年と干支の関係を把握して、その人ならではの性格や特徴を知りましょう。

あなたの可能性ある未来を輝かせるための方法が見つかります。

六白金星で丑年(うし年)の男性の性格や特徴(1949年・1985年・2021年生まれ)

六白金星で丑年(うし年)の男性の性格や特徴

コツコツと努力を惜しまず、成功を夢見て進める人です。

目標を定めて、どんなことをすれば、自分が成し遂げたい道を進めるのかを考えることが出来ます。

周りの人に流されることなく、自分のペースで進める人です。

周りの人から、「アレを一緒にやってみようよ」と相談されても、乗り気にならなければ、動くことはありません。

自分の信念を貫く為の努力は怠らないので、その分、良い結果が手に入ります。

普段は温厚な分、怒りを感じるといきなりキレ出すことも。

感情を露わにして怒り出すので、周りの人は「どうしたんだろう?」と心配したり、「怖いな」と恐怖を感じたりするのです。

あなたの行動で周りの人を恐怖に包むこともあるので注意しましょう。

六白金星で丑年(うし年)の男性の恋愛傾向

スローな恋愛を好む傾向にあります。

好きな相手との愛をゆっくりと築いていき、「二人は両思いだ」と感じるまでは、下手に行動を起こしません。

だからこそ、アプローチやアタックを自ら好んでする人が少ないのです。

片思い中でも相手への愛情があれば、満足出来ます。

恋の進展を急速に望まないので、それがペースダウンの原因になることも少なくありません。

本人に自覚はありませんが、両思いでも片思い中でも問題なく愛する人への気持ちを大切にして生きるタイプです。

のんびりな恋愛傾向に、女性の方がヤキモキしてしまうこともあります。

そんな時は、女性側からアプローチをかけて相手の気持ちを惹きつけましょう。

六白金星で丑年(うし年)の男性の相性の良い本命星は「七赤金星(ねずみ年)」

相手との関係はバランスよく築かれます。

のんびり屋とまじめなタイプの二人ですが、ここぞと言う時にチームワークを発揮すれば良い関係に進めるはずです。

即行動することを苦手としている星ですが、逆を言えば、慎重さがあります。

真面目なタイプの相手の星としっかりと話し合い、未来へのビジョンを思い描いた上で動けますから、難なく問題をクリアしていけるのです。

相手との関係を良好なものに変えたいのであれば、コミュニケーションを取りましょう。

「どんな気持ちでいるのか」や、相手に求めるものを明確に伝えれば、あなたにとって良いアドバイスをもらえるはずです。

六白金星で丑年(うし年)の男性の相性の悪い本命星は「三碧木星(うし年)」

同じ干支でも九星によっては相性が悪い関係になります。

同じタイプの相手を目の前にすれば、お互いに意見を譲れなくなる傾向にあるからです。

普段はとても穏やかな二人ですが、相手の一言にカチンとくる傾向にあります。

「言われたら嫌だ」と思う言動を相手の気持ちを考えずに行ってしまうので、怒りを感じることも少なくありません。

一度怒り出してしまえば、止められなくなり、激しい衝突を繰り返すことも。

穏便に済ませることが出来なくなり、周りの人を巻き込んだ揉め事に成りかねません。

相手の気持ちを察して動かなければ、二人がますます険悪な仲になっていきます。

大の仲良しになる必要はありませんが、出来るだけ当たり障りのない付き合いが出来るように、日々の言動に気を配りながら過ごすべきです。

六白金星で丑年(うし年)の女性の性格や特徴(1949年・1985年・2021年生まれ)

六白金星で丑年(うし年)の女性の性格や特徴

求められていることに対して、「頑張って応えたい」という気持ちを持っています。

だからこそ、努力を怠ることなく、前向きに取り組むことが出来るのです。

ただ、ずっと同じ作業をしていられないタイプなので、適度な休憩が必要不可欠。

休まずに動けば、集中力が低下して、生産性を下げる結果になりかねません。

周りの人から「あの人は使えない」などと、影口を言われる場合も。

本来持つ力を発揮できれば、無理なく働くことが出来ます。

どんなことにご自分が弱いのかや、向いていないのかを考えれば、自ずと選ぶべきものが見えるはずです。

六白金星で丑年(うし年)の女性の恋愛傾向

慎重に相手の気持ちを見極めるタイプです。

積極的な行動に出て相手に振り向いてもらえなければ落ち込むもの。

だからこそ、自分から相手を求めたり、アプローチを行ったりもしません。

好きな人との両思いを望みますが、積極的な行動に出るよりも何もせずに相手の動きを探るのです。

そうすれば、「この人は好きになってくれるかも」という雰囲気を感じ取れます。

確実に両思いになれる人とだけ付き合うのがこの星の女性です。

また、相手に尽くすことが好きであり、恋人の言うとおりに動く忠実な人。

恋人からは愛され、甘やかされる傾向にあります。

付き合うことさえ出来れば、幸せな人生を歩めると言っても過言ではありません。

六白金星で丑年(うし年)の女性の相性の良い本命星は「二黒土星(へび年)」

情熱的な愛を示してくれる相手の星の人と良い関係を築けます。

愛情を表に出すのが苦手なタイプなので、明るく表情豊かな相手の星の人に惹かれるのです。

お互いの気持ちに素直になれる相手ですから、二人の仲は良好。

思い合える関係に進め、協力して進むことが出来るのです。

人生は楽しいばかりではなく、時には険しい崖のような場所も登らなければいけません。

そんな時に頼りになり、安全な道を切り拓いてくれる人になるはずです。

お互いの大切さを感じていれば、求め合うことが出来ることも。

相手の星の方は、求められることで喜びを感じ、あなたの為に一生懸命に「努力をしてくれるはずです。

「もっと頑張れる」「あの人の為になることをしたい」と思ってもらえるので、相手との関わりを大切にしましょう。

六白金星で丑年(うし年)の女性の相性の悪い本命星は「四緑木星(ねずみ年)」

二人の仲は険悪なものになります。

のんびりなあなたに相手の星の方はイライラすることも。

「もっと早く動いてほしい」「なんでこんなに簡単なことが出ないんだ?」と感じています。

行動力が伴わないあなたに嫌悪感を抱いているのです。

また、あなたの方も何かにつけて文句を言う相手の星の方に、口うるささを感じます。

相手との関係を良好に保てず、お互いを貶し合う存在です。

本当に相手の良い部分を見つけられないのであれば、離れているべき人。

あまり近くに行こうとはせずに、ゆっくりと二人の関係について考えるべきです。

「これから交友関係を深めて行こう」と思うのか、思わないのかですべてが変わってきます。

あなたの決意を大切にして素晴らしい未来を築くきっかけにしましょう。

六白金星で辰年(たつ年)の男性の性格や特徴(1940年・1976年・2012年生まれ)

六白金星で辰年(たつ年)の男性の性格や特徴

勇敢な人であり、臆せずに前をみて進めるタイプです。

才能豊かなので、キラリと光る個性があるはず。

ただ、才能がまだ眠っている可能性もあるので、何にでもチャレンジする精神を捨ててはいけません。

「やってみたい」と思えたことにはチャレンジをして、あなたの人生を華やかなものにしましょう。

才能が豊かであれば、周りの人からも尊敬されます。

「あの人のようになりたい」と思ってもらえるので、積極的な姿勢を示して進むべきです。

あなたの未来が明るい光で照らされて、可能性に満ち溢れたものになります。

六白金星で辰年(たつ年)の男性の恋愛傾向

基本的には自分からの愛情表現を好みません。

好きな人には求められたいタイプなので、「出来る男」をアピールします。

その結果、愛する人から好意を伝えられると満足して、どんどん実力を発揮できるはずです。

求められたことを忠実に守り、尽くす精神も持っています。

「彼女を守りたい」という気持ちが強くなれば、高いスキルを発揮できるはずです。

ただ、好意を抱いている女性に見向きもされなければ落ち込みます。

「なんで、自分には相手を振り向かせる魅力がないんだ」とネガティブな考えを持つのです。

気持ちが沈んでしまえば、どんどん消極的になり「恋愛なんて無縁だ」と思うこともあるので注意しましょう。

あなたが実力を発揮できるのは、ポジティブな考えを持ち、己の人生を進んでいる時です。

そんな時は、恋愛も仕事もプライベートに至るまで、素晴らしい実力が備わります。

六白金星で辰年(たつ年)の男性の相性の良い本命星は「五黄土星(さる年)」

アクティブに動くタイプの人との関係が良好です。

あなたが「あともう少しなんだけど」と悩んでいる時に、良いアイデアやヒラメキを与えてくれます。

協力して未来への道を切り拓いていくことが出来るのです。

だからこそ、積極的に相手との関わりを増やすべき。

一見賑やかなタイプの相手に苦手意識を感じていることもありますが、いざ、心を開いて近寄れば「この人と気が合う」と思えるはずです。

相手もあなたのことを快く受け入れてくれますから、自分から声をかける努力を行いましょう。

二人ともに行動すれば、まだ見ぬ未来を切り拓いていける相手になるはずです。

六白金星で辰年(たつ年)の男性の相性の悪い本命星は「九紫火星(ひつじ年)」

こちらの相手との仲は険悪なものになります。

あなたが思い描いていた未来とは真逆になる運勢です。

「コレがやりたい」と思っていたことを反対されたり、貶されたりして嫌な気持ちになることも考えられます。

実力を発揮できず、「宝の持ち腐れ」の状態になることも。

こちらの相手には頼らずに、自分の信念を突き進むと本領を発揮できるはずです。

そもそも、才能があり、人とは違う感性の持ち主。

協調性を求めるよりも一人プレーが向いているのです。

ただ、どうしても「周りの人に合わせなければいけない」とか「出しゃばってはダメだ」と思ってしまうので、相手の意見を聞き入れようとします。

自分の力で未来を切り拓く努力をしなければ、可能性を潰してしまうので、注意しましょう。

六白金星で辰年(たつ年)の女性の性格や特徴(1940年・1976年・2012年生まれ)

六白金星で辰年(たつ年)の女性の性格や特徴

相手の行動をよく見てから動き出すタイプです。

物事を順序だてて考えることを好みます。

冷静な視点で「成功させる為には何が必要か」と考えられるので、能力を十分に発揮できるのです。

相手の立場に立って考えることで、人の気持ちも汲み取ろうとします。

「あの人は優しい」とか「頼りになる」と周りの人から相談されたり、助けを求められたりすることもあるのです。

積極的に進むことで、輝きを放ちます。

人生を切り拓く実力を生まれながらに持った人ですから、何事にも積極的に取り組むべきです。

そうすれば、周りの人との関係も、持ちつ持たれつになり、お互いを高め合える存在になれます。

六白金星で辰年(たつ年)の女性の恋愛傾向

相手に尽くすような母性愛の強い人です。

付き合った人をどこまでも信じます。

また、浮気や不倫などで裏切られたとしても、「私がしっかりしていなかったからいけなかった」と反省することも。

まったく罪のないことでも、「自分のせいだ」と、正義感の強さを発揮します。

周りの人からは「ダメな人ばかりを選ぶ」とか「恋愛に関しては、見る目がない」と思われることも。

ただ、一度好きになったり、付き合ったりした人を簡単には見放すことが出来ません。

相手への愛情だけを頼りに、人生を切り拓いていくタイプです。

積極的な姿勢を出して、前に進んでいけます。

何を大切にするのかを決めることで、恋愛ありきの人生を歩めるはずです。

「何よりもあの人が大切だ」と思える相手に出会えたことを「幸せだ」と感じることが出来ます。

六白金星で辰年(たつ年)の女性の相性の良い本命星は「八白土星(さる年)」

周りの人を巻き込んで、楽しい雰囲気を作るのが得意な相手です。

人見知りなタイプで、極力周りの人の接点を持とうとしないあなたに多くの縁を運んできてくれる相手。

人付き合いが苦手なわけではないので、関わりが増え、出会った人を信用することが出来れば、仲良くなれます。

「あの人のおかげで人脈ができた」「仲の良い友達が増えた」と思えるはずです。

積極的に関わりを持ち、付き合うことが出来ますから、この星の生まれの方に出会えたのならば、すごくラッキーなこと。

「是非、仲良くなりたい」という気持ちを持って接しましょう。

そうすれば、運命の繋がりを感じ、生涯を通して、仲良くなれる相手になります。

六白金星で辰年(たつ年)の女性の相性の悪い本命星は「二黒土星(とら年)」

勝気な姿勢で楽しそうに生きている相手にジェラシーを感じることも。

怒りに任せてしまうと、相手も不機嫌な態度を堂々と出してきます。

だからこそ、衝突する機会が多くなり、二人は険悪なムードを漂わせる関係になることもあるのです。

互いの個性が強すぎるので、相手を上手く受け入れることが出来ません。

お互いを分かり合うことはなかなか難しい関係です。

つかず離れずの距離を取り、相手の性格も受け入れた上で接しましょう。

「この人はこういう相手だ」と思えていれば、無理なく付き合うことぐらいは出来るはずです。

積極的な姿勢を示すと失敗することもあるので、無理なく付き合える関係になりましょう。

六白金星で未年(ひつじ年)の男性の性格や特徴(1931年・1967年・2003年生まれ)

六白金星で未年(ひつじ年)の男性の性格や特徴

穏やかであり相手を包み込むような温かさを持つ人です。

この方の優しさに甘えるようにして、周りに人が集まります。

また好き嫌いせずに接することが出来る心の広さも持ち合わせているのです。

人柄に好感を持った人からは信頼されます。

ただ、相手に対して不満があっても伝えることが出来ません。

「これを言えば、嫌われてしまうかもしれない」と感じているからです。

本音を言えなければ、どんどんストレスが溜まっていき、健康被害も出てきます。

嫌なことや不満があるのなら、きちんと相手に伝えて、改善策を見つけましょう。

この方が不満を伝えたとしても、相手は嫌な気持ちになりません。

「辛い思いをさせてごめんね」と反省してくれるはずです。

六白金星で未年(ひつじ年)の男性の恋愛傾向

恋人や好きな人をとことん甘やかす傾向にあります。

「相手の要求はすべて叶えてあげたい」という気持ちがあるからです。

また、穏やかに過ごす恋愛を好み、刺激的な恋は避ける傾向にあります。

好意を抱いた人が既婚者やすでに恋人がいる人だった時は、迷わず諦めるはずです。

純粋な気持ちで恋愛をして、相手との関係を良好に保とうとします。

その努力が実れば、恋人とゆっくりと愛を育み、ゴールインを目指せるはずです。

温かい家庭を持ち、好きな人との関係を円満に築けます。

恋人はあなたの優しさに惚れこみ、大きな愛を示してくれるはずです。

恋愛を心から楽しみ、愛情で満ち溢れた関係に進めます。

六白金星で未年(ひつじ年)の男性の相性の良い本命星は「一白水星(うま年)」

衝動的な行動力のある相手に引っ張っていってもらえます。

自分から動くタイプではないので、行動力がある人と共にいると「相手に任せられる」と心地よさを感じるのです。

だからこそ、二人は対立することもなく過ごしやすい関係。

相手も上手にサポートしてくれるあなたに好意を抱き、自ら近づいて来てくれます。

お互いに足りないものを上手く補える関係ですから、積極的に関わりを持つべきです。

そうすれば、二人は協力して、それぞれの人生を切り拓いていくことが出来ます。

困難なことも二人で相談すれば、良いアイデアを思いつき、乗り越えて行けるはずです。

積極的に自分がやるべきことが見えてくるので、共に学び経験が出来る相手だと言えます。

六白金星で未年(ひつじ年)の男性の相性の悪い本命星は「四緑木星(とり年)」

数多くの情報を仕入れる相手の星にはうんざりします。

あることないことのすべての情報が耳に入って来るので、「コレは本当に信用してもいいのか」という気持ちになるのです。

すべてが真実ならば、良いのですが、中には誤った情報も含まれています。

それが相手に不信感を抱く原因となり「嘘を伝えられた」と嫌な気持ちになるのです。

相手への信頼を失ってしまえば、普段通りに接する事さえも出来ません。

それは「また騙されるかもしれない」と不信感を抱くことをやめられないからです。

相性が悪い星の人とは無理に付き合う必要はありません。

あなたが素直な分、相手の言動で傷つく可能性があるからです。

それを十分に理解した上で相手との関わりを持つべきか、持たないべきなのかを考えましょう。

六白金星で未年(ひつじ年)の女性の性格や特徴(1931年・1967年・2003年生まれ)

六白金星で未年(ひつじ年)の女性の性格や特徴

実はリーダー的な存在になると、才能を発揮できる人です。

「内気な人なのかな?」と思っていれば、内なる野望を秘めており、周りをアッと驚かせる行動力があります。

だからこそ、ひつじ年の女性は強く、周りの人を率いて進むのです。

周りの人からの言葉にも耳を傾けることが出来ます。

視野が広く、自分の置かれた状況を整理して考えることが出来るからです。

周りの人と戯れることも苦ではありませんし、一人でも行動が出来ます。

臨機応変に対応できるので、リーダーとしても素質もキラリと光るのです。

また、周りの人から頼られると、放ってはおけない性格。

相手の気持ちを知り、その人の為に全力で動きます。

頼りになる人なので、誰からでも好かれる人です。

六白金星で未年(ひつじ年)の女性の恋愛傾向

社交的なタイプなので、恋愛に積極的です。

「常に楽しく恋愛をしておきたい」と考えています。

だからこそ、フリーになれば、様々な人と出会う場所に自ら出向くことも。

好意を抱く人がいれば、積極的にアタックしたり、ボディータッチをしたりして相手に好意を伝えます。

恋をする相手への全力な姿勢が実を結び、恋愛の進展スピードはとても速いものになるはずです。

積極的な姿勢が異性の目に映れば、恋人関係になるのも時間の問題です。

「この人が好きだ」「振り向いてほしい」という相手に出会ったのであれば、自分からアプローチをするように心がけましょう。

六白金星で未年(ひつじ年)の女性の相性の良い本命星は「八白土星(ひつじ年)」

同じ干支であり、輝く星である相手との関係は良好です。

お互いの感性がすでに似ているので、意気投合して物事を進めることが出来ます。

また、相手との関係は常に良好であり、ビジネスパートナーや友人、恋人に至るまで、どんな間柄でも上手くいくはずです。

また、相手の星の方は、特に才能に恵まれているので、考え方に感化されることも少なくありません。

協力して未来を切り拓ける二人なので、お互いの気持ちを伝え合う努力を行いましょう。

そうすれば、二人の気持ちが一つになり、積極的に交流できる関係になれます。

同じ干支でも、抱く気持ちが違う場合もあり、人それぞれの感情はあるものです。

お互いの気持ちを知ることで深い関係に進めます。

六白金星で未年(ひつじ年)の女性の相性の悪い本命星は「三碧木星(たつ年)」

些細な言い争いが絶えない相手です。

相手との関係はライバルであり、敵対視する傾向にあります。

だからこそ、その関係を続けていけば、二人はどんどん険悪な仲になるのです。

相手をライバル的な存在から外せば、深く関わり合うことはありません。

お互いに強い性格を示してしまうことで、敵対する関係から逃れられなくなります。

相手の言動が気になってもいちいち反応しなければ、良い関係を築けるはずです。

些細ないざこざを極力さけるように努力しましょう。

そうすれば、二人が共に分かり合い、協力して進むことが出来るのです。

相性が悪くても、お互いに相手に期待しすぎないことが重要。

相手との関わりが十分育まれると、あなたが人生を楽しみながら進むことが叶えられます。

六白金星で戌年(いぬ年)の男性の性格や特徴(1958年・1994年生まれ)

六白金星で戌年(いぬ年)の男性の性格や特徴

忠実であり正義感の強い人です。

周りの人の為に動くことで、満足します。

「人の役に立つこと」が好きであり、悩んでいる人がいれば、すかさず手を差し伸べることも。

老若男女問わず好かれる傾向にあり、周りの人から様々な縁を繋いでもらえます。

相手のことを大切に思う気持ちが伝わってくるからこそ、人望が厚く、多くの友人や知人に囲まれるはずです。

相手との関係を良好なものにすることで、自分の人生を切り拓いていくタイプ。

また忠誠心があるので、尊敬した人の言葉は大切にします。

「あの人の言う通りにしよう」「この言いつけは必ず守らなければいけない」と、動くので周りの人からの信頼度が上がることも。

周りの人を支えているように思えますが、実は近くの友人や知人がいるから行動力を発揮できるタイプです。

六白金星で戌年(いぬ年)の男性の恋愛傾向

相手に尽くす恋愛を行いますが、その分嫉妬心が強く出ることもあります。

「示した愛だけ見返りが欲しい」と感じるタイプなのです。

また、恋人から熱烈に求められることを望み、「あなただけしかいない」と言われると嬉しくなります。

恋人をメロメロに甘やかして、自分だけを見て欲しいと思うのです。

恋愛を行うと、周りが見えず、恋人だけを追い求める傾向にあります。

それまで真面目に働いていたのに、恋人優先になり仕事を疎かにする場合もあるのです。

ただ、恋に冷めてしまった時「俺は何をしていたんだ」と反省したり、後悔したりします。

恋を楽しみながら仕事にも全力で挑むようにすれば、どちらかを失ったとしても心に大きなダメージを与えることはありません。

六白金星で戌年(いぬ年)の男性の相性の良い本命星は「七赤金星(うさぎ年)」

相手のポジティブな考えに感化されます。

「あの人のようになりたい」と思える相手です。

接しやすく和やかな雰囲気の相手に好意を感じることも。

特に、この星の人と恋愛をすれば、公私ともに充実した日々を送れます。

また、問題が起きた時にあなたが率先して解決策を練ると、相手から信頼されるはずです。

「あなたは凄い人なのね」と信頼されますから、積極的に行動するべき。

そうすれば、相手との関わりの中でお互いを成長させていくことが出来ます。

信頼できる相手との関係を良好なものに保てば、より一層、深く愛し合える間柄になれるのです。

六白金星で戌年(いぬ年)の男性の相性の悪い本命星は「三碧木星(いぬ年)」

相手との関係がかみ合いません。

忠誠心を誓える相手をお互いに求めているので、どちらも主導権を握れないのです。

相手との関係が歪なものであれば、「他の人と関わりたい」という気持ちが強くなります。

今の相手に執着するのは時間の無駄です。

他に興味がある相手がいるのならば、その方と深く関わり、信頼関係を築けば、あなたにとって幸せな未来が訪れます。

直感が優れているタイプなので、インスピレーション通りに動けば、叶えられる未来があります。

積極的な行動により、叶えられる未来がありますから、やるべきことを見極められるように動きましょう。

六白金星で戌年(いぬ年)の女性の性格や特徴(1958年・1994年生まれ)

六白金星で戌年(いぬ年)の女性の性格や特徴

周りの人からの人望が厚く、どんなことでも積極的に行えます。

誰でも仲良く接することが出来ているように見えますが、実は人見知りな性格です。

周りの人との関係を良好に築く能力も長けているので、そのようには見えません。

良好な人間関係がこの星の人の人生を彩り豊かなものへと変えてくれるはずです。

何にでも積極的な姿勢で取り組むので、時には失敗することもあります。

ただ、失敗を糧にして人生の経験値を積むことの出来る人です。

だからこそ、失敗を恐れずに前に進むことが出来ます。

積極的な姿勢になれば、「学び」の時間が増えるはずです。

自らが行動を起こすようにして、より良い人生経験を積む機会を増やしましょう。

六白金星で戌年(いぬ年)の女性の恋愛傾向

相手に尽くすような恋愛もちろんのこと、その先の進展を望みます。

深い愛で繋がった相手とは、「結婚したい」「家庭を築きたい」と考えるのです。

だからこそ、相手との未来を考えて行動しています。

家族に恋人を紹介したり、相手との関係をより深く刻む為の行動を起こしたりするのです。

一見、せかせかしているようにも感じますが、未来を見据えた行動が、この星の方の恋愛観そのもの。

好きな人との結婚を夢見て進むからこそ、成し遂げられる愛があるのです。

行動したからこそ、掴み取れた真実の愛にこの星の方は満足します。

周りの人との関係を十分に築けたのであれば、より良い関係へと進めるはずです。

六白金星で戌年(いぬ年)の女性の相性の良い本命星は「二黒土星(とら年)」

リーダーシップを発揮してくれる相手なので、付き合いやすさを感じます。

積極的に動く相手をあなたが上手くサポートすれば、良きビジネスパートナーになれるはずです。

あなたからアイデアを出して、相手の気持ちを高める動きが必要。

そうすれば、二人がお互いを高め合える関係に進めます。

相手との兼ね合いが大切となりますから、積極的に行動をお互いに行えば、高い目標も見事にクリアできるはずです。

また、どんなに困難なことがあったとしても、二人が協力して進むことで、突破方法を見つけ出せます。

だからこそ、意見があるのならば、迷わずに伝えるべきであり、どんな困難でさえも解決策を示しましょう。

相手の気持ちに寄り添うことで、二人が新たな関係に進むことが出来るはずです。

六白金星で戌年(いぬ年)の女性の相性の悪い本命星は「四緑木星(うさぎ年)」

好奇心旺盛でどこにでも動き出すタイプの相手に、苦手意識を抱きます。

相手の行動を予測することが出来ませんから「あの人は分からない」「何を考えているのだろうか?」と悩んでしまうのです。

相手との行動に苦しめられるので、相性は悪い相手だと断言できます。

また相手からも、異様な真面目さに嫌悪感を抱かれていることも。

苦しいのならば、無理に合わせることはありません。

お互いに思っていることも、やりたいものも違う相手なのです。

だからこそ、相手との関係を円満に保ち、慎重に行動しましょう。

苦しむぐらいならば、お互いに相手と離れて考える時間を設けてください。

そうすれば「私たちは合わないんだ」と正しい判断を下せます。

真面目に「誰とでも仲良く出来ないといけない」と考える必要はありません。

あなたの感じたままに動けば、より良い未来へと動き出せます。

積極的な行動が取れるあなただからこそ、叶えられるものがあるはずです。

六白金星の2022年の運勢

[getpost id="9512" target="_blank"]

占い師はなのワンポイントアドバイス

はな
六白金星の方の(丑年・辰年・未年・戌年)、性格や特徴を干支、男女、生まれ年別にご紹介しました。

詳しい性格や相性の良い人、悪い人を知って、あなたの人生経験に活かしましょう。

性格を知れたからこそ、新たな人脈が広がる可能性もあります。

あなたが未来へ希望を持って進む為には、生まれ年の定めを知るべきです。

性格や特徴から、自分にピッタリなものを見つけられる可能性もあります。

やりたいことに全力で挑める未来を掴みましょう。

【期間限定】2021年下半期の運勢を占います!



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「気になるアノ人の本当の気持ちを知りたい…。」

「自分の未来がどうなるか怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、2021年下半期の運勢を知れる【言魂鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、2021年下半期の運勢を知れる【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします!



※20歳未満はご利用できません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村
LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

当サイトの占いは楽しんで頂けましたか?

「当たる占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、人気サイト「micane」のLINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@では人気サイトmicaneで活躍する占い師の中でも、最も人気のある聖子先生が「恋愛運」「結婚運」「金運」「仕事運」「妊娠・出産・子供運」「健康運」の中であなたの選んだ運気を無料鑑定!また定期的におすすめの占いを配信致します!

生年月日と簡単な4択だけで今すぐ鑑定できるので、是非試してみてくださいね!

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事