七赤金星の性格と特徴|男性と女性を干支別(子年・卯年・午年・酉年)に完全紹介!
sakura
fushimiで占いをしているsakuraです。

恋愛の事、結婚の事、相手の気持ちや妊娠の事…恋愛や仕事でもさまざな悩みはつきませんよね…。

でも、もう大丈夫。あなたの運命は今日から大きく変わります。

私たちが過ごす今この時は、この先約200年続いていく『風の時代』の入り口です。

これまで当然だと思われていた固定概念や常識・価値観…それらは徐々に崩れ去り、世の中のあらゆるものが次々と多様化をはじめています。

「時代についていけるのかな…」「私は幸せになれるのかな…」そんな不安があるかもしれません。

でも、あなたがこの風の時代を生きることには必ず意味があります!

神の言葉を伝える鑑定である『予言占い』を試してみてください。

神の声を聞けば、風の時代を味方につけて願いを実現させる確かな方法がわかります。

運命は必ずあなたに微笑みます!この鑑定との出会いで幸せを掴みましょう!!

予言占いで運命を変える

※20歳未満はご利用できません

九星気学では、生まれ持った定めを知ることができます。

その中の一つの星である七赤金星は、優れた適応能力の持ち主です。

「七赤金星の詳しい性格を知りたい」「あの人はどんなタイプなの?」と疑問を抱いているあなたへ。

そんなあなたの為に、七赤金星の性格と特徴と、男性と女性を干支別で分けて紹介します。

あなたの悩みや疑問をスッキリと解決しましょう。

目次

七赤金星の生まれ年は?

生まれた年によって九つの星に分かれる九星気学。

この星を読み解いたからといって、すべての性格や特徴を知れたわけではありません。

更に細かく干支別に分類して紐解いていくことで、より詳しい性格と特徴を把握できます。

七赤金星の方の生まれ年と干支は以下の通りです。

1939年(昭和14年)卯年
1948年(昭和23年)子年
1957年(昭和32年)酉年
1966年(昭和41年)午年
1975年(昭和50年)卯年
1984年(昭和59年)子年
1993年(平成5年)酉年
2002年(平成14年)午年
2011年(平成23年)卯年

あなたが七赤金星ならば、ご自分の生まれ年と干支を把握して、本来の性格や特徴を知りましょう。

それは、あなたの未来を輝かせるための方法になるはずです。

七赤金星で子年(ねずみ年)の男性の性格や特徴(1948年・1984年生まれ)

七赤金星で子年(ねずみ年)の男性の性格や特徴

ストイックな性格の持ち主です。

何に対してもシビアに判断を下します。

周りの人にも厳しい態度を示しますが、それ以上に自分に対して負荷をかけるタイプです。

まだ見ぬ上の存在を追い求めるので、どんなときにも厳しく現実的な態度を示します。

ただ、そんな厳しさの中にも優しさが見え隠れする場合もあるのです。

周りの人に時々見せる笑顔がこの方の魅力。

特に、自分から周りの人と関わろうとしはしません。

深く関わりをもってくれる人が現れると、心を開きます。

人が嫌いなわけではないので、関わるきっかけさえ掴めれば、問題なく過ごせるはずです。

七赤金星で子年(ねずみ年)の男性の恋愛傾向

真面目な性格だからこそ、危険な恋には見向きもしません。

邪な恋愛感情は持たないタイプの人。

だからこそ、純粋な愛を育み、成就できるように一途に想いを感じ取れます。

恋愛面では奥手な性格なので、自分からアプローチをすることはありません。

女性から話してもらうきっかけを待っています。

心配性な面もあるので、恋人関係になってからは、相手をつい疑ってしまうのです。

相手を疑うばかりでは、楽しく恋愛をすることは叶いません。

せっかく恋を叶えても、その後の付き合いが楽しいものでなければ、苦しくもなります。

「両思いになったけど辛い」と感じる恋愛をする傾向にあるので注意しましょう。

それを抜け出す為には、あなたが相手を信じることが大切です。

七赤金星で子年(ねずみ年)の男性の相性の良い本命星は「六白金星(うし年)」

お互いに足りない部分を補い合える相手です。

行動する為にしっかりと考えられるあなたと、動き出したら能力を発揮できる相手の星の人との相性は良好。

だからこそ、お互いの意見を伝え合うことで、新たな道を模索していけるはずです。

アドバイスを求めるのではなく、お互いの意見を集結することが大切。

不慣れな部分はありますが、二人がより良い関係に進む為に、協力し合う関係に進みましょう。

あなたが話しかけづらいオーラを纏っていれば、苦しいこともあります。

だからこそ、自分から積極的に相手との関わりを持ち、二人が仲良くなるきっかけを作りましょう。

お互いの性格を受け入れて、適材適所で物事に取り組んでいけば、叶えられる未来があるはずです。

七赤金星で子年(ねずみ年)の男性の相性の悪い本命星は「三碧木星(たつ年)」

才能があり、一人で何事も成し遂げられる相手に嫉妬します。

コツコツと努力を重ねるあなたが、どんなに頑張っても達成できなかったことを簡単に成功させてしまう相手。

だからこそ、ジェラシーを感じたり、嫉妬心がでたりします。

あなたが気にしすぎているだけかもしれませんが、相手を意識してしまうので、離れるべき人です。

お互いに協力することは叶わないので、協調性を示すことも出来ません。

それよりも、「この人と一緒なら安心できる」と思える相手を見つけましょう。

あなたが相性の良い相手は他にいるはずです。

無理に付き合う必要はありませんから、それとなくスルーして相手を避けましょう。

七赤金星で子年(ねずみ年)の女性の性格や特徴(1948年・1984年生まれ)

七赤金星で子年(ねずみ年)の女性の性格や特徴

真面目で献身的な人です。

几帳面さがあり、整理整頓されていない場所があれば、積極的に片づけることも。

周りの人からは、「あの人のおかげだ」と感謝されます。

心から周りの人の役に立ちたいと感じていますが、見返りは求めていません。

尽くす精神を存分に発揮することで、人徳が生まれるはずです。

多くの人から求められる分、疲れを感じることもあります。

そんな時は一息ついて、リフレッシュしましょう。

周りの人と良好な関係を築くことが出来れば、あなたの人生にとってかけがえのない瞬間に出会えます。

ただ、あなたのことを良く思っていない人との仲は険悪なもの。

やることなすことを指摘されると腹が立ちますが、冷静になりましょう。

あなたの受け答えが周りの人に悪い影響を与えることもあるので、注意が必要です。

七赤金星で子年(ねずみ年)の女性の恋愛傾向

相手の思いを大切にすることが出来る人です。

献身的に尽くしたり、恋人の悩みを聞き出したりして、癒します。

また、カップルで揉めた際には、すぐに相手の意見を聞き入れる傾向にあるもの。

協調性を大切にしているので、揉め事をいち早く解決する手段を選ぶのです。

ただ、恋人の言いなりばかりになっていては、無理難題を押し付けられることもあるので注意しましょう。

お互いに愛のある関係ならば、相手に意見を譲ることが出来るはずです。

二人でじっくりと話し合って、お互いの望みを叶えましょう。

ゆっくりと温めるような愛を示せたのならば、幸せを感じる恋愛が出来ます。

七赤金星で子年(ねずみ年)の女性の相性の良い本命星は「七赤金星(いぬ年)」

リーダーシップを取ってくれる相手との相性が良いと言えます。

自分で動くよりも行動力がある相手です。

だからこそ、しっかりと考えて計画が立てられるあなたと相手の星が協力すれば、スムーズに対応できます。

問題が起こる前に危険を予知しているはずです。

スピードは求めずに、慎重な判断を下せば、あなたの考えを元に相手がリーダーシップを取ってくれます。

二人で協力し合うことが、お互いにとっての利点に繋がるはずです。

また、一途な愛を示してくれる相手ですから、カップルとしても相性が良い傾向にあります。

思い合える間柄に進めば、恋を叶え、結婚を目指すことも可能です。

二人が協力関係になれば、幸せな未来が約束されると言っても過言ではありません。

七赤金星で子年(ねずみ年)の女性の相性の悪い本命星は「四緑木星(とり年)」

賑やかな相手に苦手意識を感じることがあります。

相手は口が達者であるので、騒がしさを感じることも。

「静かな生活を送りたい」と思っているので、相手との相性が悪く双方の考えが違います。

相手との関係を良好にすることは出来ませんが「こんな人だ」と思っていれば、無理なく過ごせるはずです。

あなたが求めていることをやり遂げてくれることはないので、多大な期待をしない方がよいでしょう。

お互いに別のものに興味がありますから、あえて関わりを持つ必要はありません。

太陽と月のような存在であり、どちらかにスポットが当たっていれば、一方は静かに暮らしているべきです。

そうすれば、お互いに対立することもなく、穏やかに過ごすことが出来ます。

七赤金星で卯年(うさぎ年)の男性の性格や特徴(1939年・1975年・2011年生まれ)

七赤金星で卯年(うさぎ年)の男性の性格や特徴

周りの人から好かれる為の計算高さがある人です。

どうやれば、相手が好意を抱いてくれるかを知っています。

だからこそ、自分から相手に好かれるようにコミュニケーションを取る傾向にあるのです。

また、誰とでも笑顔で接して、内なる部分を隠しています。

「感じのいい人だな」と思われ、愛される男性です。

仕事面でも、良好な職場環境を築くことが出来るので、積極的や意欲的な姿勢を見せることが出来ます。

周りの人をアッと驚かせるようなアイデアを示せるので、普段から求められることが多い存在です。

また、相手の為になるように動き出せれば、もっと周りの人と良好な関係を築けます。

積極的に声を掛けて、相手との距離を縮めましょう。

七赤金星で卯年(うさぎ年)の男性の恋愛傾向

興味を抱いた人には積極的に好意を示すことも少なくありません。

だからこそ、不毛な恋をしたり、不倫愛に踏み込んだりすることも。

相手への興味だけで、恋愛を楽しめば、後で苦しんだり後悔したりすることもあるので注意しましょう。

本当に愛する人が紛れもなくあなただけを好きでいてくれる相手なのかを見極めなければ、苦しい恋になります。

また、異性に対してのストライクゾーンが広く、惚れやすい傾向があるもの。

すぐにアプローチをしても、なかなか受け入れてもらえません。

それは、「ナンパかな」「軽い人だな」と思われているからです。

誰にでもアプローチをする態度を改めなければ、なかなか恋人を作ることも難しいのです。

七赤金星で卯年(うさぎ年)の男性の相性の良い本命星は「六白金星(ひつじ年)」

この二人は、とても相性の良い関係です。

相手の人は、あなたの柔軟性に惹かれています。

だからこそ、自由に動くことを制御されません。

感情のままに動けば、様々な分野で才能を発揮できます。

まだ成し遂げていない夢を成功させたり、相手の星の人と協力して、やるべきことを見つけられたりするはずです。

だからこそ、二人がお互いを意識して近づけば、良い関係を築けます。

また、苦しい時に相手はあなたのことを助け出してくれるはずです。

「困っているようだから、知恵を貸したい」と賢いお相手の方からアドバイスを受けることが出来ます。

どんなに努力をしても、叶えられないものがあるのならば、こちらのお相手と一緒になって努力を重ねるべきです。

七赤金星で卯年(うさぎ年)の男性の相性の悪い本命星は「五黄土星(へび年)」

何気なく発した一言がお相手の心を傷つけます。

相手を怒らせることが多い関係です。

思ったこともありのままに伝えてしまえば、悪いようにはなりません。

特に、粘着質な相手なので、一度のミスをずっと指摘され続けてしまうこともあるのです。

「そんなことで怒られても困る」と、相手との関係に苦しさを感じることもあります。

だからこそ、二人が協力できる未来は難しいもの。

関わりを避けて、取り組まなければ、なかなか難しいと言えるのです。

二人が分かり合うことは難しいですが、せめてお互いを邪魔しない存在になりましょう。

いちいち相手の言動に反応しなければ、より良い未来が訪れます。

七赤金星で卯年(うさぎ年)の女性の性格や特徴(1939年・1975年・2011年生まれ)

七赤金星で卯年(うさぎ年)の女性の性格や特徴

共感性があり、相手の気持ちを理解できる人です。

どんなに気難しい人が相手でも、するりとその人の懐に入り込めます。

気が付いた時には、様々な人と仲良くなっているので、友達は多い方です。

みんなで集まって、ワイワイとすることが好きで、企画や計画を得意とします。

みんなを取りまとめる幹事を行ったり、久しい人への連絡係としてお願いされたりすることも少なくありません。

お願いをされたら断れないタイプですから、言われたままに動きます。

周りの人の為になることならば、率先してやることが出来る人。

そんな人だからこそ、人徳があり、急なお願いもこの星の方が行えば、断られることはありません。

相手の為になるように動くことで、満足した生活を行えます。

七赤金星で卯年(うさぎ年)の女性の恋愛傾向

恋に恋焦がれるタイプです。

ロマンチックな恋に憧れを抱いています。

「告白されるならココ」と、強いこだわりを見せることも。

ただ、そのように相手へ押しつけるように愛を示してしまえば、好意を抱いた相手との恋愛は成就しません。

好きな人との恋を実らせたいのであれば、相手から示されたものを受け取る形の愛に切り替えましょう。

どんな場所で告白されても、好みのデートを行えなくても、相手からの示されたものこそが愛の塊であることに間違いありません。

それを受け入れるような体制をとれば、あなたの想い人との恋を成就へと導けるはずです。

また、恋人に対して嫉妬心を抱かない傾向にあります。

恋人が「ヤキモチを焼いてほしい」と思っていることもあるので、相手の気持ちを察する努力が必要不可欠です。

相手との恋を叶えることが出来たのですから、恋人の望みを叶えるような恋愛を心掛けましょう。

七赤金星で卯年(うさぎ年)の女性の相性の良い本命星は「二黒土星(いのしし年)」

真っ直ぐに向き合ってくれる相手の星の方と良い関係を築けます。

感情を包み隠さずに示してくれるので「あの人はこんな気持ちなんだ」と理解しやすいのです。

だからこそ、相手とのコミュニケーションを行いやすく、何にでも積極的に取り組めます。

感情をぶつけ合うこともありますが、素直な性格なので、揉め事が後を引くことはありません。

昔から良く知っている相手のように安心して付き合える相手です。

公私ともに良好な関係を築けますから、恋愛に限らず仕事やプライベートでも息の合う関係に進めます。

七赤金星で卯年(うさぎ年)の女性の相性の悪い本命星は「九紫火星(ひつじ年)」

二人はおり合いが悪く、上手く交わることが出来ない相手です。

リーダーとして率いたいタイプの相手に「面倒だな」と感じることも。

やりたいことを行えない環境がこの方にとって、不都合な状況を生む場合もあるのです。

だからこそ、相手と距離を設けようとしますが、なかなか放してくれないパターンもあります。

「自由になりたい」という気持ちが強くなるので、相手との関係に苦しさを感じます。

また、まじめでストレートな意見を伝えてくる相手への反発心が高まれば、本気で怒りをぶつけることもあるもの。

怒っても自分が苦しくなるだけなので、極力関わらないような努力を行うべきです。

七赤金星で午年(うま年)の男性の性格や特徴(1930年・1966年・2002年生まれ)

七赤金星で午年(うま年)の男性の性格や特徴

行動力を発揮できるタイプなので、どこまでも積極的に動けます。

せわしなく動くので、周りの人からの「せかせかしている人だ」と思われる場合も。

本来のあなたの活発な態度を抑えることは出来ません。

だからこそ、あなたの性格を受け入れてくれる人と良好な関係を築きましょう。

相手との関係を良好なものに出来れば、寄り添える、お互いに意見を言い合える仲になります。

相手の気持ちを考えて行動することは苦手なタイプですが、「この言葉を伝えたら相手はどう思うのかな?」と思えば、人に不快な思いをさせずに済むはずです。

人が好きなので、対人関係を築くことが上手。

だからこそ、相手の気持ちを考えて行動する心掛けさえできれば、幅広い人との繋がりが出来るのです。

七赤金星で午年(うま年)の男性の恋愛傾向

情熱的なアプローチを好み、恋の急速な進展を望むタイプです。

積極的に行動することで相手との仲が築かれます。

相手に好意が分かりやすく伝わるので、愛情を受け入れてもらえるはずです。

両思いになれば、初めは恋人を大切にします。

ただ、関係が継続されるにつれて、マンネリを感じやすく、飽きてしまうことも。

お互いに愛情を真剣に伝えられるように心がければ、二人の情熱的な恋を貫くことが可能です。

より良い関係に進めるように努力を行えば、あなたが恋人に飽きることなく、家族としての愛情を感じるようになります。

お互いにゴールインを目指し、手を取り合って進める人が出来たのであれば、幸せな未来が訪れるのです。

七赤金星で午年(うま年)の男性の相性の良い本命星は「二黒土星(とら年)」

急速な進展を望める関係です。

相手の星とは、意見が合います。

「もっとあの人を知りたい」と興味を持てる相手です。

積極的に関わりを持つと、お互いに知らなかった部分を見つけられます。

だからこそ、二人が協力して進む道を持たなければいけません。

お互いの思いが一つになれば、叶えられることがあるはずです。

二人は積極性があり、モチベーションも高い存在。

だからこそ、一人が失敗しそうな時は支え合って前に進むことが出来ます。

お互いの重要性を感じれば、思い合える間柄になれるはずです。

ストレートな表現を好む相手の方からの言葉がキツイこともあります。

ただ、素直な性格から隠し通せない感情があるだけです。

そこを気にすると悩みは尽きませんから、相手と真っ向勝負で関わる勇気を持ちましょう。

七赤金星で午年(うま年)の男性の相性の悪い本命星は「三碧木星(たつ年)」

ストイックな相手の星との相性はあまりよくないと言えます。

衝動的に動くタイプなので、自分に厳しく相手にも丁寧さを求める人とは分かり合えないのです。

だからこそ、相手の星の人とは折り合いがつかず、ギクシャクしてしまいます。

相手の否定的な面ばかりを見てしまうので、「あの人は○○だ」と嫌味を言うこともあるのです。

良い部分を認めようとしなければ、いつまでもいがみ合う関係は続きます。

「あの人とは波長が合わないけれど、良い部分もある」と認めると、相手の嫌な部分ばかりが目につくこともありません。

七赤金星で午年(うま年)の女性の性格や特徴(1930年・1966年・2002年生まれ)

七赤金星で午年(うま年)の女性の性格や特徴

元気でハツラツとした笑顔が魅力的な人です。

ただ、憎悪も持っており、相手を恨んでいる場合もあります。

二面性がある性格ですが、関係を良好に保てる人には、心を開くもの。

嫌いな人が相手の場合には、おもむろに態度に出るので注意しましょう。

嘘をつき通せない性格なので、嫌いな人は周りにもバレてしまいます。

嫌いな人がいるのは当たり前。

だからこそ、あなたが「この人なら信用できる」という存在を見つけることが大切です。

そうすれば、関わるのが嫌な人と対面したとしても気分を下げることはありません。

あなたが信頼できる人が上手に守ってくれるはずです。

積極的に周りの人と関わりを持てば、思い通りの未来へと進めます。

七赤金星で午年(うま年)の女性の恋愛傾向

移り気の多い恋をする傾向にあります。

好きになった人には情熱的に迫りますが、程なくすれば飽きていることも珍しくありません。

「一生、この人だけを愛する」という誓いを守れないタイプです。

また、刺激的な恋に惹かれ、不倫関係を経験することも。

「いけない恋だ」と分かっていながらも、刺激を感じていたいタイプなので、我慢が出来ないのです。

ただ、恋で辛い経験をすれば、しばらくは静かに暮らします。

恋で負った深い傷は、ゆっくりと過ごすことで治癒していくはずです。

元気が戻れば、また新たな恋へとチャレンジできるタイプです。

次の恋に進む時には、「今までは何がいけなかったのか」と反省してから進むようにしなければ、同じことを繰り返す恐れもあるので、注意しましょう。

七赤金星で午年(うま年)の女性の相性の良い本命星は「六白金星(いぬ年)」

相手があなたに尽くしてくれます。

尊敬した相手には忠誠を誓うタイプの人との相性が良いもの。

二人が協力して進めば、叶えられるものが増えます。

何故ならば、やりたいことをチャレンジできる状況が揃っているからです。

しかも、相手の星の方があなたを上手にサポートしてくれます。

お互いに分かり合える関係で、積極的な行動を行えるのです。

相手との距離感が大切であり、相性が良い人と行動を共にすることで、あなたに足りないものが見つかります。

「あの人のようになりたい」と思えますから、積極的に関わりを増やし、お互いを認め合いましょう。

そうすれば、二人は息がぴったりと合う存在になれます。

七赤金星で午年(うま年)の女性の相性の悪い本命星は「三碧木星(うし年)」

相手の鈍さが気なり、イライラすることもあります。

行動するタイミングがかなりズレている二人です。

「一緒に○○をしよう」と約束していても、相手の星の人は一向に動き出す気配も感じられません。

だからこそ、相手についきつい口調で発言してしまうのです。

それを聞いた相手も「今やろうと思っていたのに」と、反論してきます。

相手の言葉に苛立ちを感じたり、疑ったりしてしまうので、良好な関係を保てるわけもないのです。

相手のことを認めることが出来ないので、二人は離れるべき。

近くにいれば、嫌でも視界で相手を捉えてしまいます。

お互いに気にならないくらい遠くにいれば、二人が問題なく過ごせる未来がやってくるのです。

七赤金星で酉年(とり年)の男性の性格や特徴(1957年・1993年生まれ)

七赤金星で酉年(とり年)の男性の性格や特徴

細かなことでも気になる性格です。

周りの人の仕事ぶりを見て「ここはもっと違う考えを取り入れるべきだ」と指図してしまうこともあります。

それは、相手の為を思ってやったことですが、周りの人からすれば「思い通りにしたかった」と迷惑な場合もあるので注意しましょう。

また、高い目標をたてて、努力をすることが好きです。

周りの人と協力をして、目標に歩み寄ると、満足します。

「これがワンチームで取り組んだ結果だ」と思えるからです。

この方の積極的な姿勢が職場で発揮されると、高く評価されます。

評価をさらに上げる為には、一般的な意見ばかりではなく、オリジナリティのある案を出すことが重要です。

あなたにしか思いつかないようなアイデアを出せたのならば、周りの人からの評価が急上昇します。

七赤金星で酉年(とり年)の男性の恋愛傾向

周りの人からモテる傾向にあります。

特に、容姿端麗な人も多く、目を惹く存在です。

また、プライドが高く、自分が認めた相手でなければ付き合うことがありません。

恋人になる為の条件があったり「コレは絶対に守って欲しい」というルールを予め提示したりします。

ごく普通に「好きだから付き合って」という告白トークも嫌いです。

ムードのある雰囲気で、ロマンチックなワードを散りばめた愛のささやきを求めています。

この方のお眼鏡に叶った人だけが次のステップへ進むことを許されるのです。

この人との関係を進展させたいのであれば、様々な条件をクリアしなければ、求めていた関係には進めません。

七赤金星で酉年(とり年)の男性の相性の良い本命星は「二黒土星(へび年)」

情熱的な愛情を示してくる相手です。

相手との距離感が近く、安心できます。

求めていた関係に進むことで、愛に溢れた関係を継続できるはずです。

プライドが高いあなたに対して、親愛を示してくれます。

だからこそ、「認められて嬉しい」という気持ちを持て、相思相愛の仲に発展するのです。

相手の星は、母性にも溢れています。

包み込まれるような優しさを実感できますから、安心感が湧くはずです。

「この人の傍にいれば満たされる」と感じ、離れがたい存在。

恋や仕事を楽しみながら、どんどん成長を重ねていけるのです。

好意を抱く相手と情熱的に愛し合える関係へと進めます。

七赤金星で酉年(とり年)の男性の相性の悪い本命星は「四緑木星(ねずみ年)」

それはあなたのプライドが関係していることも。

ミスを起こしても、「絶対に謝りたくない」「相手に負けたくない」という気持ちが勝るからです。

間違っていることに対して、相手は真っ向から否定してきます。

だからこそ、争いが絶えない関係であり、お互いに歩み寄ることが出来ないのです。

二人は水と油のような関係になり、周りの人からも「迷惑な人たちだ」「こちらまで巻き込まないで欲しい」と思われます。

周りの人を巻き込まないように、極力離れているべき相手ということを理解してください。

そうすれば、不用意に関わることもないはずです。

七赤金星で酉年(とり年)の女性の性格や特徴(1957年・1993年生まれ)

七赤金星で酉年(とり年)の女性の性格や特徴

大空に羽ばたくような自由を望みます。

誰にも縛られたくないので、周りの人からの助言に耳を傾けないことも。

「あの人はちっとも話を聞いてくれない」と思われる場合もあります。

本当は自由な生活を望むから、誰の言うことも聞かないのですが、それを知る人は少なく「わがままな人だ」と思われがちです。

普段通りの生活をしていれば、どんどん肩身が狭くなってしまうので注意しましょう。

信用できる人からの言葉はきちんと聞いて、活かすことが重要です。

そうすれば、周りの人から嫌悪感を抱かれることはありません。

また、きちんとした考えがあるのならば、それを伝えることも重要です。

何故相手の話を聞きたくないのかを説明できれば、あなたへの偏見や好奇の目が減らせます。

七赤金星で酉年(とり年)の女性の恋愛傾向

小まめに連絡を取り、相手の気持ちを把握します。

「今は好きでいてくれている」ということが分かれば、安心するのです。

そして、自分でも相手への好意があることを自覚し、深い愛情を示します。

ただ、異性に惚れやすい性格なので、恋人がいても、構わずに他の人が気になることも多々あるもの。

そのせいで、恋人から「浮気した」「もう一緒にいることは無理だ」とサヨナラを告げられる場合もあります。

なかなか一途な恋を貫けないタイプではありますが、別れてから後悔したのでは遅いので、本当に好きな相手かを見極める必要があるのです。

運命の人とやすやすと別れてしまわないように、積極的に動きましょう。

相手の愛情を信じていれば、他の異性が気になることはありません。

七赤金星で酉年(とり年)の女性の相性の良い本命星は「六白金星(うし年)」

おっとりと包み込むような優しさがある相手との関係が良好です。

二人で一緒にいれば、お互いに足りないものを補充し合える関係に進めます。

また、相手の部分を伝えれば、あなたも褒めてもらえることも。

褒められると嬉しくなり、「あの人の為に頑張ろう」という気持ちになれます。

相思相愛の関係に進めますから、相手と積極的にコミュニケーションを取り合うような努力を行いましょう。

相手との関係が良好なものであれば、ますます飛躍できるはずです。

モチベーションを高め、希望ある未来へと歩み出せます。

それも、相手の方が「あなたなら大丈夫だよ」と、背中を押してくれるからです。

二人で一緒に居られることに感謝して進めば、可能性のある未来への扉が開けます。

七赤金星で酉年(とり年)の女性の相性の悪い本命星は「四緑木星(とり年)」

同じとり年であれば、相性が悪くなります。

お互いにプライドが高く、几帳面な性格が災いになるからです。

相手の至らなさを指摘すれば、喧嘩になることも少なくありません。

だからこそ、二人は関わり合うべきではなく、別々に生活していた方が過ごしやすいもの。

誰に指摘されることもありませんし、コントロールしようとして押さえつけられることもありません。

特に、自由をこよなく愛する二人だからこそ、求めているものは同じであり、「誰にも縛られたくない」と感じているはずです。

お互いに相手から解放されると、どんどん実力を発揮できます。

同じ干支の相手とは毒にしかならない相手であるということをよく覚えておきましょう。

そうすれば、相性の悪い相手が誰なのかが分かるはずです。

「極力近寄らない方がいい」と感じた相手との関わりを避けましょう。

あなたが過ごしやすい環境を作れば、無理な相手と付き合うこともなくなります。

七赤金星の2022年の運勢

占い師はなのワンポイントアドバイス

はな
七赤金星の方の(子年・卯年・午年・酉年)、性格や特徴を干支、男女、生まれ年別にご紹介しました。

詳しい性格や相性が良い、悪いという人を知り、あなたの人生に活かしましょう。

自分自身の性格を知れたからこそ、新たな人脈が広がったり新たな才能を発見したりします。

あなたが未来へ希望を持って進む為には、生まれ年の定めを知ることが重要です。

性格や特徴も参考にして、自分に合うものを見つけられると、可能性が広がります。

やりたいことに力を注ぎ、チャレンジできる未来で、成功を掴みましょう。

【期間限定】2021年下半期の運勢を占います!



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「気になるアノ人の本当の気持ちを知りたい…。」

「自分の未来がどうなるか怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、2021年下半期の運勢を知れる【言魂鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、2021年下半期の運勢を知れる【言魂鑑定】を初回無料でプレゼントします!



※20歳未満はご利用できません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村
LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

当サイトの占いは楽しんで頂けましたか?

「当たる占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、人気サイト「micane」のLINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@では人気サイトmicaneで活躍する占い師の中でも、最も人気のある聖子先生が「恋愛運」「結婚運」「金運」「仕事運」「妊娠・出産・子供運」「健康運」の中であなたの選んだ運気を無料鑑定!また定期的におすすめの占いを配信致します!

生年月日と簡単な4択だけで今すぐ鑑定できるので、是非試してみてくださいね!

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事