sakura
fushimiで占いをしているsakuraと申します。

ウィズコロナの時代、新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、スピリチュアルの架け橋を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

スピリチュアルの架け橋で占う

※20歳未満はご利用できません

別れてしまった後の男女の差は、はっきりと分かります。

「元カレの気持ちを知りたい」と思ったのなら、まずは男女の違いを知るべき。

「彼の考えている事を知りたい」「男女の差って一体何なんだろう?」と悩んでいるあなた。

そんなあなたの為に、別れたあとの男女気持ちの差や、別れた直後の元恋人からの連絡をどう思うのか、また自分から振った後の心理をご紹介します。

また、未練の感じ方や立ち直り方から見えてくる男女の違いもあわせてお伝えしていますので、元カレの気持ちを理解して彼と寄り添う為に役立てて下さい。

もし、男女の違いを知らないままに元カレへのアプローチをしてしまうと「そんな風に思っていなかった」「元カノとはやり直せない」と復縁が上手くいかなくなることも。

「彼は今何を考えているのかな?」と相手のこと知り、男性の心を動かすような行動をとって彼とよりを戻しましょう。

目次

別れた後に男女の大きな違いが生まれる理由

楽観的な男性と悲観的な女性

別れた後に男女の違いが生れる理由には、楽観的な男性と悲観的な女性に分けられるからというものがあります。

女性と男性とでは別れた後の恋愛に対する考え方や傾向そのものが違うもの。

別れを「未来への道標だ」と感じている男性と「別れで未来を閉ざされてしまった」と感じる女性とでは全く別の思考だと言えます。

考えている事がそもそも違うので、そんな二人が気持ちを交り合わせることは凄く難しいのです。

その為、一度別れた男女が再び寄り添う道はひどく険しい道。

幾多の困難が二人の前に出現し、そのたびに二人の気持ちを合わせなければ、離れてしまった心は一つになる事はありません。

彼との復縁を望んでいるのならば、そんな気持ちの落としどころを見つけるべきです。

二人が自分たちの意見を譲り合うことができれば、離れてしまった道が一つに混じり合います。

「目のまえの楽しさを求める男性」と「未来に希望を抱けない女性」とでは、自然に復縁できる事はありません。

愛する人に執着心を持っているかどうか

男女が別れた後に大きな違いが生れる理由には、愛した人への執着心を持っているかどうかの違いというものがあります。

男性は、わりとサバサバした性質で別れてしまった彼女への執着心がありません。

「別れてしまったから、彼女には興味がなくなった」と別れた翌日から、新たな恋人探しをすることも。

しかし、女性の方は別れた後でも元カレへの執着心を持っています。

例え、自分が元カレのことを振った側の人間だったとしても「彼は私の物だったのに…」と自分の大切な所有物のように感じていることも。

「振った彼氏は何時までも思い続けてくれている」という自負があるので、元彼が違う女性と歩いていたり、仲良くしていたりすると「私の物なのに」と別れた事に惜しい気落ちを持つことも少なくありません。

自分から振ったくせに連絡してくる元カノにビックリする男性も多いものですが、男性と女性とでは別れたあとの考え方や感覚が異なっているので、その差は大きく前面に出てきてしまいます。

一度愛した人への執着心を捨てることなど到底できない女性の考え方は、男性には理解しがたいものです。

彼との違いをまずはしっかりと受け止めて、彼を振った後や振られた後には「自分がこの先どうなりたいか」ということを考えて行動を起こすべきだと言えます。

一度別れたら冷酷な判断を下せるのが男性

一度別れてしまったら冷酷な判断も厭わないのが男性。

その点女性は男性の言葉や情に弱い生き物でもあります。

いわば、別れた後の男女の行動は真逆。

例えば、別れた彼女に対していくら「別れたくない」「私にはあなたしかいないの」と泣きつかれても、平気で「もう連絡を取れない」と言ってくるのが男性ですが、女性は同じように言われた場合には「可哀想だな」「彼に新しく恋人ができるまではそばに居てあげよう」と思ってしまうものです。

女性は長い時間一緒にいれば嫌いな面も出てきてしまいますが「放っておけない」「力になってあげたい」という家族愛にも似た情が生れてしまいます。

そのせいで、元彼に言い寄られたら好意はないけど、彼がそばにいることを許してしまうのです。

そんな彼女の態度を、まさか情だとは思っていない男性からしたら「見込みがあるんだ」「復縁ができる」と勘違い。

二人の心は既に離れてしまっているけど、お互いの思い違いで結果的にはズルズルとした関係へと発展する事も少なくありません。

男性のように別れた恋人を簡単に切り捨てることができない女性は、元彼ととてもあやふやな関係にもつれ込んでしまうのです。

元カレとの素敵な思い出はいつもでも忘れられないのが女性心

寄り添う男女
別れた男女の大きな違いには、元彼との大切な思い出は何時までも忘れられないのは女性だけという心理の違いがあります。

女性は「元カレとの思い出を今でも振り返る」とか「その頃が懐かしいな」と思い出を振り返ることもよくあることです。

しかし、男性は元カノといくら素敵な思い出があったとしても、過去を思い返して懐かしむことはありません。

それは恋人と別れた段階ですべての記憶を消去してしまうから。

元カノと付き合っていた時にどれほど愛し合っていても、「過去は過去」と割り切ってしまうものなのです。

その為、大きな男女の違いが発生します。

良かった事は「自分の歴史の一ページとして刻んでおきたい女性」と「未来しか見たくない」「今の状況が一番大切」と考えている男性とでは全く異なっているので、男女が別れた後には決定的な違いとして表れるのです。

「こんなに素敵な思い出を彼が忘れるはずはない」とあなたは思っていますが、彼はどんなに素晴らしい思い出でも一瞬たりとも思い返して「あの頃は良かったな」と振り返りません。

あなたが「あの時のことを覚えているよね?」と元カレに確認しても「記憶にないな」「そんなことあったかな?」とあやふやな返答をして気持ちの差を感じることもよくあることなのです。

直ぐに他の女性に目星をつけられるのが男性

別れた後の男女の差が大きな理由には、直ぐに他の女性との恋愛を求められるのが男性側の意見というものがあります。

男性が別れた直後に「合コンに行く」「ナンパした女の子とイイ感じの仲になる」ということも少なくありません。

そんな彼の態度にあなたは「私のことは本気じゃなかったんだ」「あれほど愛していると言ってくれていたのに」と悲しくなってしまうものですが、男性は別れた後からすでに新しい女性との運命的な出会いを求めているものなのです。

別れた後も、中々次の恋愛に進めない女性には、理解しがたい男性の行動と言っても過言ではありません。

「何でそんなことができるのか」「彼はおかしい」と思ってしまうもの。

しかし、恋人と別れた事で常に前を向いていたい男性は、別れても一向に新しい恋をしようとしない元カノの気持ちこそ一向に理解できません。

恋人と別れた後に、ナーバスになり前を向いて進む事を拒む女性の考えを、男性が理解する事は不可能。

恋愛に対しての取り組み方がそもそも男女では異なるので、大きな差として目の当たりにしてしまいます。

別れた後に新しい女性を物色する彼に嫌悪感を示してはいけません。

彼は彼なりに一生懸命にあなたとの恋愛に向き合った結果、別れを選んでしまったことを知っていてください。

別れたあとの男女の違い:別れ直後に送られるLINEやメールなどの連絡に対する感じ方

すぐに返事を返して欲しい女性に対して返事すら面倒な男性

別れ直後のメールやlineなどの連絡に対する感じ方の違いには、直ぐに返事をしてほしい女性に対して、返事すらも面倒なのが男性です。

女性は別れてしまった元彼から、わざわざ「何してるの?」などと自分のことを探るメールやlineなどが来た場合には、すぐに返事をするもの。

それは自分も彼が何をしているのかが気になっていたり、暇つぶしの一環として連絡を取り合う事を求めたりしているから。

しかし、男性は別れた元カノから突然メールやlineがきても返事を返すことは稀。

「面倒だな」「返す義理もない」と連絡をもらっても知らないふりで通してしまいます。

面倒くさがり屋な男性は、少しのやり取りも「できればやりたくない」という気持ちを持っているので、元彼の方に別れた事への未練がなかった場合には、メールやlineを送っても返事は期待できません。

反対に女性は、元彼から連絡がきた時、男性への未練がこれっぽっちもない状態でも返事をしてしまうので、男性に「これは行けるかも」「復縁が望める」と期待させてしまいます。

女性と男性との違いがあるせいで、お互いに期待外れな結果で終わる事も珍しくありません。

他愛もないメールのやりとりをしたい女性に対して意味が無い事をやりたくないのが男性

別れた後に送られてきたメールに対しての感じ方には、他愛もないメールのやり取りをしたい女性に対して意味が無い事をやりたくないのが男性です。

別れた恋人からの予想もしていなかったメールやlineに女性ならば「嬉しいな」「未だに興味を持てくれているのかな」と元彼のことを好意的に捉えるもの。

しかし、男性は元カノからのメールやlineを「何故しなければいけないのか?」と意味を深く考えます。

「自分にとって何かいい事があるのか?」とか「元カノに好意を抱かせてしまうのではないか?」とメールやlineをしたその先を考えてしまうのです。

男性にとって何も意味が無いのならメールやlineをする理由が見当たりません。

その為、元カノから何度もメールやlineがきていたとしても「返事はしない」と決め込んでいることも多いものです。

「彼に連絡をしたけど返事がない」「何で返してくれないの?」とあなたが思っていても無駄。

男性に元カノとLINEやメールをする理由を見つけてあげなければ、別れた直後のメールやlineで連絡を取ることすらままならないのです。

女性の感覚で連絡を取るのではなく、別れた元カレに連絡する時は緊急の用事や彼が重要だと思う連絡をするように心がけましょう。

そうすれば、彼も元カノと連絡する意味を見つけられ、別れてからも絶えず連絡が取れる関係になれます。

スタンプだけのlineでも返事をしてほしい女性に対して回答に困る男性

別れ直後のメールやlineなどの連絡についての感じ方には、スタンプだけのLINEでも返事をしてほしい女性に対して、男性は返答に困るというものがあります。

別れた直後に元カレからlineスタンプが押されただけのLINEが来ると「どうしたの?」とつい返事をしてしまうのが女性ですが、男性はlineスタンプしか押されていないLINEを見ると「え?どういう事?」「元カノは何がしたいんだ?」と悩んでしまうものです。

LINEの内容にいちいち注目しない女性はlineが来たら返すという行為を当たり前のように行えます。

しかし、男性はlineの内容までをしっかり把握した上で「元カノにどうしても返事を返したい」という気持ちになるので、lineスタンプだけのLINEを元彼に別れた直後に送っても返事は期待できません。

逆に「元カノから嫌がらせを受けた」と勘違いしてしまう場合も多く、内容のないLINEを送る行為で嫌われてしまう可能性もあります。

対して女性はLINEだけのやり取りでも平気。

短文やスタンプだけでより多くのコミュニケーションを取る事で「元彼に近づけた」「別れた後でも気まずくないな」と思えるので、LINEを元彼とのコミュニケーションを再開する手段として使うことも珍しくありません。

その為、元彼にLINEスタンプを送るだけでlineのやり取りをしようと考えても上手くいかない事が多いのです。

メールやlineでのつながりを感じていたい女性に対してやり取りを避けたい男性

別れた直後のメールやlineなどの連絡がきた時の感じ方には、メールやlineで繋がりを感じていたい女性に対して、男性はできればやり取りを避て元カノと距離を取りたいと感じています。

別れてから時間をあけずに、元カノからメールやlineでの連絡があった場合には「できれば連絡を取りたくない」と思うのが男性の素直な気持ち。

それは、一度終わってしまった関係の元カノと連絡を取る重要性を感じていないからです。

古くからの友人だった女性と付き合って別れたという特別な場合でない限り「元カノはこれから先自分との関わりをもたない人間だ」と感じています。

その為、男性が別れた元カノとLINEやメールをすることは少ないのです。

対して女性の場合には感じ方が違います。

元カレからメールやlineが別れた直後に来た場合には「別れたばっかりの気まずい状況でも、必要とされている」と思うから。

「自分のことを求めてくれている」と感じている女性にとっての男性は、好意を持って接したい相手でもあるのです。

恋人と別れた事を少し寂しく感じている女性にとって「求められている」と思う事で自分に自信が付きます。

「私は一人じゃないんだ」「ありのままの私を必要とされている」と感じられるので、元彼からのLINEやメールにどんどん返事をしてしまうのです。

別れたあとの男女の違い:自分から振ったあとの心理

女性は自分から別れた後「もう二度と連絡を取れない」と思うのに対して男性は自分の思いに忠実

自分から振った後の男女の心理には、自分から振ったので「もう二度と連絡が取れない」と思う女性に対して、男性は自分の思いに忠実なので「また付き合いたい」と感じれば、自分から元カノに連絡することもよくある話です。

自分から振った事実を重く受け止めている女性は「彼とは二度と連絡を取れない」と固く決意をして、元彼との別れを選んでいます。

その為、例え自分が彼との別れを後悔していても、自分から元カレに連絡をして好意を伝える事はありません。

自分のせいで相手を振り回してしまうことに申し訳ない気持ちになるのです。

しかし、男性は意外と自分勝手な人間。

一度は「別れたい」と思って女性を振ってしまっても、元カノが急に可愛く綺麗になっていたり、別れた後に未練があった事に気が付いたりしたときには、素直に「復縁したい」と伝えてきます。

「元カノのことを振り回して申し訳ない」という気持ちなど一切なく「自分の気持ちを知って欲しい」としか思っていないので、復縁を男性に決意させた後は、とんとん拍子で元カレとのよりが戻ることも珍しくありません。

復縁のしやすさから言えば、振られた側の男性よりも女性の方が上手くいきやすいのです。

男性は自分から振った後に後悔などはしないのに対して、女性は悔いを感じれば素直に謝罪する

自分から振った後の男女の心理には、自分から振ったことをまったく後悔しない男性に対して、女性は悔いを感じれば素直に謝罪するというものがあります。

男性は自分から振った後に元カノとの関係を終らせてしまった事を後悔する事はありません。

元カノと別れてしまった事を受け入れているから。

自分の決断に自信を持っているのです。

その為、別れた後に別れ自体を後悔することはなく「あの時は仕方なかったんだ」と納得しています。

しかし、別れた後に未練を抱くことも。

別れてみないと想像できなかった事があるからです。

別れ自体は仕方のなかった事だと肯定できますが、それと未練は別物。

もちろん元カノとの復縁を望む男性も多くいます。

対して女性は自分から彼を振ったことに罪悪感を持っていますが、元カレへの未練や後悔を感じれば、とりあえず謝っておかなければ気が済みません。

復縁は別としても「あの時のことを謝罪したい」「謝って自分の気持ちをスッキリさせたい」と思うから。

自分から振った元カレに悔いを感じれば、素直な謝罪を伝えたくなるのが女性の心理としてあります。

女性は自分から別れた後に元カレと友達に戻れるけど、男性は「彼女が未練を感じるかも」と距離を取る

女性は自分から振った元カレと友達に戻れるけど、男性は警戒心から元カノと距離をとるものです。

女性が元カレを振った場合には「彼とは良い友達のままでいたい」「恋人関係は解消したけど相談相手としてなら、そばに居てもらいたい」と感じます。

その為、別れた後も度々、元彼に連絡を取っては「ちょっと話を聞いてよ」「今度みんなで遊び行こうよ」と会う機会を増やしたり、コミュニケーションを自然に取ったりするもの。

対して男性は「自分のことを彼女は今でも好きだ」と思っているので、不用意に近づいて元カノに思わせぶりな態度を取らないように距離を置いていることも珍しくありません。

男性は自分が元カノに与える影響をいつも考えています。

自意識過剰な部分があるので「自分は注目されている」「求められているのだ」という過信があり、そのせいで元カノとの距離はかなり遠め。

男性と女性とでは恋人を振った後の考え方が違います。

自分が振ったことで優越感を抱いているのは何時も男性側。

女性は一日も早く元カレと友達に戻りたいと日々努力しているのです。

そして、男性は振った彼女とは距離をとるけど、元カノが次の恋に歩み出した時には「俺のこと好きだったはずなのに…」とショックをうけることも。

いつまでも元カノの気持ちが変わらないままでいると思っているのです。

男性は自分から振った後に平気で新しい彼女を作るけど、女性は相手への罪悪感からしばらくはフリーでいる

自分から振って別れた後の男女の心理の違いには、男性は自分から振った後すぐに新しい彼女を作るけど、女性は元彼に遠慮してなかなか次の恋を見つけられないというものがあります。

男性は自分から振った元カノの事を考えて「恋人を作るのは、やめておこう」とか「元カノの気持ちが落ち着くのを待ってあげよう」という考えがありません。

元カノと別れた瞬間から次の恋を見つける為に周囲を観察していることも。

自分が幸せになるための未来しか見据えていないのです。

対して女性の方は、自分から振ってしまった元彼の気持ちを察して「まだ、彼の気持ちの整理がついていないはずだから、新しい恋人を作って彼をこれ以上傷つけたくない」と思っています。

自分も好きな人に振られてしまった経験を思い出し「彼が嫌がる事はしたくない」と相手の気持ちを尊重しようとするのです。

その為、元彼を振った女性は次の恋への進み方に悩み「まだ新しい恋をするのは早い」と考えてしまうことも。

そのせいで、元彼のことは完全に吹っ切れているけど、肝心の未来へ歩む恋に進めないまま、一人っきりの生活で寂しくしていることも少なくありません。

別れたあとの男女の違い:未練の感じ方やそこからの立ち直り方

別れた瞬間に未練を感じやすい女性に対して男性は別れてしばらく経ってから後悔する

別れた後の男女の未練の感じ方として、振られた瞬間に未練を感じやすい女性に対して、別れてしばらく経たなければ未練を感じないのが男性というものがあります。

別れ話にもつれ込んだ時には「このまま別れたくない」「彼とやり残したことがある」と女性は彼との最悪な未来を想像して「私が悪かったんだよね」と元カレへの未練を感じるもの。

そして、本当に別れてしまったら、抑えきれない未練がとめどなく溢れ出してしまいます。

しかし、男性は別れ話になってもその時の感情のまま生きているので、彼女と別れてしまった後を想像する事もなく「そんなに言うんだったら別れてやるよ」と売り言葉に買い言葉で衝動的な別れをしやすいのです。

その為、別れてしばらく経った後に「彼女にあんなこと言うんじゃなかった」「あれは自分の本心ではなかったのに…」と元カノに未練があったことに気付きます。

別れた後の自分の感情も別れる前には考えることも出来なくて、未練など一切感じることもないのです。

本当に一人ぼっちになった時に自分を支えてくれた彼女の大切さや、自分が彼女のことを深く愛していたことを知ります。

それは未練という形になって男性を襲うので、好きだった恋人と別れてしまった後の後悔へと繋がるのです。

いつまでも未練を引きずる女性に対して男性は諦めが付くのも早い

いつまでも未練を引きずる女性に対して、男性は諦めが付くのも早いというものがあります。

男性への未練を感じた女性は早々には元カレのことを諦めることができないもの。

何故ならば、理想的な未来を掲げて「元カレともう一度寄り添いたい」「復縁したい」と、どれだけ希望や望みが薄くても「元彼ともう一度やり直せる日が来る」と望んでしまうから。

その為、彼との復縁を目標に簡単に諦めることなど到底できないのです。

しかし、男性は未練を感じていても、現実と見比べて「元カノの心は完全に離れてしまっている」「もう希望などない」とすぐに諦めてしまいます。

現実を見て即座に判断するのです。

「現実的には無理だ」と、理想どころか元カノと寄り添う未来すらも今の自分たちとは程遠いものだと感じて、あきらめる方にシフトチェンジ。

自分が無駄に彼女を想い続けることを避ける傾向にあります。

彼女を諦めきれずに無駄な努力をするのは勿体ない。

「そんな時間があれば、自分の時間を有意義に使いたい」と考えるのです。

いくら未練を感じていても現実を見て判断する男性はかなりシビアな考えの持ち主であり、多くは望まないリアリストでもあります。

自分が悪かったと未練を感じる女性に対して男性は元カノの態度が悪かったせいだと理由を付ける

自分が悪かったと未練を感じる女性に対して、男性は「元カノの態度が悪かったせいだ」と何でもかんでもすぐに相手のせいにしてしまいがちです。

男女の未練を感じる時の差として、すぐに行動を思い返して、自分のせいだと反省できるのはいつも女性の方。

それは二人の付き合い方を振り返って、反省点や改善点をみつけられるからだと言えます。

その為「自分が悪かった」「あの時、ちゃんと話し合っていれば、こんな風にはならなかった」と自分を深く反省します。

反省できるという事は、別れをすべて受け入れた上で、自分の未練に納得しているから。

「なんとかしておけばよかった」「今からでも遅くはないかな」と自分が反省したことにより、感じている未練を失くす方法を考えるのです。

それは元彼との復縁しかありません。

なかなか復縁が、難しく達成できない時も一向に諦めることができないのです。

対して男性は、元カノへの未練を感じてもその理由を「彼女のせいでダメになった…」とあくまでも悪いのは別れた恋人側だという主張を崩しません。

いくら未練を感じていても「自分がこんな気持ちになっているのもすべて元カノの行いが悪かったからだ」と理由を相手のせいにして自分を守ります。

「自分は何も悪くない」と思っているので、元カノとの復縁がうまく進んでいかなければ、直ぐに諦めて次の恋に進む事も珍しくありません。

自分の心の中での決着をつける女性に対して男性は周りに流されて立ち直る

別れた後の男女の立ち直り方の違いには、自分の心の中で決着をつけたがる女性に対して、男性は周りの意見に流されて立ち直るというものがあります。

女性の愛情は深く、いくら友人や知人に「別れて正解だよ」「次の恋をした方が自分の為だよ」と言われても、自分の心の中で彼への気持ちの落としどころが見つからなければ、簡単に諦めることができません。

それは、自分の気持ちに素直に従うことを大切にしているから。

まわりからどんな風に言われても「すべては自分の気持ち次第だ」と考えているからなのです。

しかし、男性は違います。

元カノへの未練を抱いていても、友人から「じゃあ忘れてしまえよ」「もっと今を楽しもうぜ」と言われてしまえば「それもそうだな」とすぐに納得してしまいます。

いくら考えても手に入らない過去よりも、目の前の楽しそうなことやアドバイスしてくれた友人たちの気持ちを最優先に考えてしまうからです。

その為、男性は未練を感じてからの立ち直りは急速であり「未練なんていつ感じていたんだ」と思ってしまうほど、スピーディーに諦めてしまう事も珍しくありません。

別れたあとの男女の違い:別れた事を後悔するケース

自分の行いに後悔する女性に対して男性は「浮気して悪かった」と決定な事実に後悔

別れた後の男女の違いとして、それぞれが別れを後悔するケースには、自分の行いに反省する女性に対して、男性は決定的な事実を突き付けられなければ反省することもありません。

別れたこと後悔するケースとして女性は「自分の行いで彼を深く傷つけてしまったんだ…」と感じた時に別れを後悔して悔やむ傾向にあります。

例えば「いつも彼にはキツイ言葉を言っていた」という場合に「私が言い過ぎていた」「あそこまでひどい言葉を言わなければよかった」と思えた時に、自分の行いを反省して「別れなければよかった」「本当なら今でも仲良く過ごせていたのに」と後悔してしまうもの。

しかし、男性は明確な理由がばければ、別れを後悔する事はありません。

その一例として、自分の浮気が原因で、彼女と揉めて別れていた場合には自分が彼女以外の女性と関係を持たなければ別れなど訪れることはなかったと分かるもの。

「絶対に自分が悪い」と思える状況にならなければ、別れたことを心から「別れなければよかった…」と悔やむこともないのです。

常に理由を求めてしまう男性にとって、わかりやすくぱっと見て自分に非があると知らなければ元彼に恋人との別れを後悔させることは難しい問題。

まずは元彼が「絶対的に悪い状況だったんだ」という事を知ってもらいましょう。

そうすれば、彼はあなたとの別れを心底後悔してくれます。

元カレを批判して後悔する女性に対して男性は自分の言葉にプライドを持っている

元彼のことを完全に批判して別れを心の奥から後悔する女性に対して、男性は自分の言葉での重さを知っており元カノ良さを痛感したときに別れを後悔します。

女性が別れを後悔する時は、「彼のことを完全に批判して傷つけてしまった」という思いから、別れへの後悔が現れます。

女性は元カレのことが好きだからこそ「自分のことを認めて欲しい」と批判的な言葉を繰り返し使ってしまう事も。

そんな言葉を聞いた男性は「そこまで言うなら別れよう」と即、別れ話をしてきます。

「私はただ彼に認められたかっただけなのに」と悲しくなり、別れを受け入れた後も絶えず後悔してしまうのです。

しかし、男性は自分の言葉には男としてのプライドや責任を持っているので、自ら発した言動により、彼女との別れを後悔する事はありません。

自分の言葉のその重さを痛感しているからこそ、元カノが健気に自分への思いを寄せてくれていると感じた時には「別れなければよかった」とつい後悔してしまうのです。

自分のことを、別れた後でも好きでいてくれる元カノの愛情の深さに感銘をうけます。

「そんなにも愛してくれていたのか」と嬉しくなり「本当は手放すべきじゃなかったんだ」と思わずにはいられないのです。

一人の寂しさを感じて後悔する女性に対して男性は友達の彼女を羨ましく思う

一人の寂しさを感じて後悔する女性と、男友達の彼女を羨ましがって別れを後悔するのは男性です。

一人の寂しさに耐えられなくなり「彼と別れたくなかった」「私には元カレが必要だったんだ」と女性は感じます。

一人の時間ができてしっかりと寂しさを感じた時には、そばにいて寄り添ってくれた元彼の有難さを知るのです。

そして、それは後悔という形となって彼との別れを振り返ります。

その為、一人の状況に耐え切れなくなった女性は元彼との復縁を目指すのです。

対して男性は、友達の彼女のことを羨ましく思う時に元カノとの別れを後悔するもの。

例えば、友人の彼女を紹介されて「可愛いだろう」とか「甘えん坊な彼女なんだ」と目の前で自分たちのラブラブっぷりを見せつけられた時には「羨ましいな」「俺も一昔前まではあっち側の人間だったんだ」と別れた彼女のことを思い出しては辛い気持ちになることも珍しくありません。

その為、別れてから多くのカップルに彼が出会っていたら「羨ましいな」「俺も彼女が欲しい」と思わせることができます。

男性を後悔させる為には、現に付き合っているカップルのことを素直に羨ましがられるかどうかにかかっているのです。

出会わなければよかったと後悔する女性に対して男性は出会いには感謝する

辛い失恋により出会わなければ良かったと後悔する女性に対して、出会いに感謝するけど別れた事に後悔する男性というものがあります。

女性はあまりに辛い失恋の経験から「こんな思いをするのなら出会わなければよかった」と後悔するものです。

そして「出会いからやり直したい」と過去にさかのぼりたくなって泣くことも少なくありません。

対して男性は、元カノとの出会いそのものには感謝をします。

しかし、出会えてよかったと思えたからこそ「彼女はかけがえのない人だった」「失った事を後悔している」と別れた後から、自分の本心に気が付くこともよくある話。

男性は後ろ向きな気持ちで元カノとの別れを後悔するのではなく、前向きな気持ちで進み出そうとしているからこそ「元カノが素敵な人だった」「自分の人生を切り開いてくれる人だった」と別れを後悔するのです。

その為、男性にあなたと別れた事を後悔させたいのであれば、あなたはあなたらしく生きている所を彼に見せつける事。

そうすれば「彼女はこんなにも一人で自立していた女性だった」「彼女に支えられていたのは、自分の方だったのかもしれない」という気持ちになり、元カノとの別れを後悔することも珍しくありません。

復縁コラムニストminakoワンポイントアドバイス「男性は女性が思っているほど深く考えていない」

minako
男性は女性が思っているほど元カノとの別れについて深く考えていません。

どちらかと言うと感覚的に生きているのが男性。

元カレはあなたに対して考えを巡らせているのではなく本能のままに生きているのです。

そんな元カレとよりを戻したいのならば、彼の心にあなたとの復縁を願わせる事。

今回ご紹介したように未練の感じ方や立ち直り方、別れた事を後悔する時の男性の気持ちをあなたが理解して、彼が最も興味を引くような行動であなたの元へ導きましょう。

そうすれば、別れた元カレと心と心を通い合わせて復縁する事ができます。

あなたの行動で彼を動かして下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事