sakura
fushimiで占いをしているsakuraと申します。

ウィズコロナの時代、新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、神言鑑定を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

神言鑑定で占う

※20歳未満はご利用できません

男性はサバサバとしたイメージがあり「別れた彼女のことを引きずらない」と思っている女性は多くいます。

しかし、男性も別れを後悔する時は必ずあり、別れを後悔しない男性はいないんです。

「彼が別れを後悔する時期を知りたい」「彼との復縁のチャンスを見つけたい」と悩んでいるあなた。

そんなあなたの為に、男が別れを後悔する時期と振った理由や別れた原因で悔やむタイミングを見極める方法をご紹介します。

また、別れを後悔しているタイミングにあわせて距離を縮める方法も、あわせてお伝えしていますので、元彼とよりを戻すタイミングを見極めて下さい。

彼が別れを後悔していない時に、復縁のアプローチをしても、彼の心にあなたの言葉を届けることはできません。

彼の未練や後悔の時期を知って、復縁に効果的なタイミングに、熱烈なアプローチにより復縁のきっかけを掴みましょう。

目次

男が別れを後悔するのは必然。元カノを失っていつか必ず落ち込む男性心理のメカニズム

友達と遊んでいたら楽しいけど、急に降って湧いたような寂しさを感じるから

男性が元カノを失っていつか必ず落ち込む男性のメカニズムには、友達と遊んでいたら楽しいけど、一人になった時に急に寂しさを感じる事があるからです。

何をするにも一番に「楽しい事をしたい」と男性は好奇心旺盛。

友達に誘われたら「楽しい事をしよう」「今が良ければいい」と彼女と別れた寂しさを感じることはありません。

しかし、楽しい時間が終わってしまったら「なんかつまらないな」「友達と遊んでいた時は良かったんだけど」と急に寂しさがこみ上げてきます。

男性は楽しみに全力を注ぐ分、楽しくなくなった時や、つまらないと感じた時に、孤独や不安を感じずにはいられないのです。

その為、男性が目いっぱい楽しんだ後にはその気持ちの落差から「彼女と別れるんじゃなかった」「もっと楽しみを増やせたかもしれないのに」と別れた事を落ち込みます。

一度は手に入れたものだからこそ、彼女が自分以外の男を見ているのが気に入らない

男性が彼女と別れた後に落ち込むメカニズムは、一度は手に入れたものだからこそ、自分の以外の男性が元カノの気を引いていることが許せなくなるからです。

付き合っていた彼女は所有物と考えている男性は多く、別れにより自ら手放した元カノでも「俺のことを見て欲しい」「ずっと好きでいて欲しい」と考えています。

彼女がずっと好きでいてくれているものだと感じている彼は、あなたが他の男性とデートしたり、仲良くしている所をみたりしたときには、所有物が他の人の手に渡ったような感覚に陥るのです。

自分のものが知らないうちに他の人の手の中にあることが、想定外の出来事であり驚きと喪失感を隠せません。

「彼女が俺のことを見てくれない」「あんなに好きだと言ってくれていたのに」と元カノの心変わりに落ち込むのです。

別れた男女ならば、別々の道を歩きお互いに新たに好きな人ができてもおかしくありませんが、男性はそれが信じられない出来事であり、考えた事もなかったので彼女と別れてから「初めて落ち込んだ」「後悔した」という現象が起こります。

彼はあなたがずっと好きでいてくれるものだと思っています。

それは振った側の傲慢さがあるから。

男性は自分が正しいと思っていたことがひっくり返されると思ってもみないほどに動揺して、自信がなくなり「やっぱり別れなければよかった」と落ち込むものなのです。

興味をもたれるとウザいけど、離れられてしまうと物足りない

元カノと別れていつか必ず落ち込む男性のメカニズムには、興味をもたれるとウザいけど、離れられると物足りないというものがあります。

元カノから好意をもたれている時に別れを後悔したり落ち込んだりする男性はいません。

何故なら、男性は追われると逃げたくなる心理が働くからです。

「好きだよ」「別れたくなかったよ」と言われることにより「俺ってモテて困る」「彼女には未練がないんだ」とナルシストともいえるような自信を持ちます。

常に追いかけられている立場である彼は、元カノから好意を受けることが当たり前と思っているので、いざ追いかけられなくなったら物足りなさを感じるのです。

そして、元カノの心が完全に離れてしまったと分かった時には「俺は何かしたかな?」「「俺のこと好きだったんじゃないの?」と疑問を持ちます。

待てど暮らせど彼女から縋り付くように追いかけられない事が不満になるのです。

その後、元カノからの愛を失った事に焦りを感じます。

少なからず彼女に好意を抱いてもらえていたことも幸せだったと思えるようになり、別れた事を落ち込むのです。

楽しそうにしている元カノの姿を見ると今は一緒にいられない事実に落ち込む

元カノと別れていつか落ち込む男性心理のメカニズムは、楽しそうにしている元カノの姿と現在の状況のギャップを感じて落ち込むからです。

どれだけ元カノのことを嫌いになって別れた男性と言えども、別れた事に落ち込む日は必ず来ます。

それは、昔と今のギャップを痛烈に体感するから。

男性は現在を基準に物事を考えます。

「今別れたいから彼女とは距離を置く」「今の付き合い方に満足がいかないから別れる」といったように、自分が現在感じている思いを大切に生きているもの。

過去や未来は今に勝るものではなく、後になって思い返してみれば「突発的な判断だった」と後悔する事があります。

その為、別れたくて振った元カノが楽しそうにしていたり、過去の思い出の楽しかった一面を思い出したりすると「今は彼女のそばに居られないんだ」と現在と比較して、そのギャップに落ち込んでしまうのです。

今を意識しているからこそ、その後に待ち受けている一人ぼっちな未来を想像すらできず、過去や未来を考えて別れる直前に思いとどまる事もありません。

そして、別れた後になって「あの頃は良かったな」「今は寂しいな」と別れた事に落ち込みます。

偶然二人で撮った写真を見ると懐かしさと昔の記憶がよみがえって落ち込む

元カノと別れていつか必ず落ち込む男性心理のメカニズムは、懐かしい昔の記憶がよみがえると落ち込むというものがあります。

男性は常に先を考えて行動し「明日は何をしよう」「来月の予定は…」と先々の予定を立てるのが好きな生き物です。

その為、別れた当時は「彼女と別れたから何をしよう」「友達と遊ぶ約束をしよう」とやりたい事を考えて予定をどんどん埋めていくことも。

そんな男性ですが、時折過去を振り返る事があります。

それは、わざわざ彼女のことを思い出すのではなく、友達から元カノの話を振られたり、昔二人で撮った写真がたまたま見つかったりしたときに「そういえばこんな事もあったな」と彼女との思い出を振り返るのです。

そして、偶然的に思い出した彼女との過去は彼にとって普段考える事がなかったがゆえに、鮮明なもの。

「あの時はラブラブだった」「どこで道を踏み間違えてしまったのか」と彼女との思い出が走馬灯のように思い出されて「俺は何か間違ったことをしていたのか」と落ち込むのです。

楽しかった思い出と不仲になり苦しかった気持ちが不意に思い出されるので、構えていなかった分、別れた事実にひどく落ち込むことも珍しくありません。

男が別れを後悔する時期:話し合ったりお互い納得して円満に別れた場合

彼女が別れてから意外と早い時に恋人を作った

円満に別れた後に男が別れを後悔する時期は、彼女が別れてから意外と早い時期に恋人を作った時というものがあります。

お互いが納得した上で別れた場合、次の恋を見据えて心の切り替えができているものです。

元カノへの不満も何もない状態の男性は「さあ、新しい恋をするぞ」という気分になっています。

しかし、いざ元カノが別れてすぐに別の男性と付き合いだしたことを知った彼は「え?もう恋人ができたの?」と女性の移り変わりの早さに驚きます。

まるで自分が出遅れているような気分となり「本当は振られたのは自分じゃないのか」という気持ちを持つのです。

円満に別れたはずだけど、別れてからすぐに別の男性と付き合いだした元カノへの未練が急に沸き上がる事も。

円満に別れた場合でも、元カノの恋の進展具合が気になり、まだ好きな人も作っていいない彼は「おいて行かれた」「俺だけが過去の恋に縋り付いている」という気分になり「こんな思いになるのなら別れなければよかった」と思うようになるのです。

その為、円満に別れたカップルでも男性は別れたこと自体を元カノが次の恋に進み出したことを知った時には、後悔や未練を感じます。

元彼ではなく友達といわれて紹介された時

円満に別れた彼が後悔する時期は、元カノから「元カレ」ではなく「私の友達だよ」と紹介された時というものがあります。

円満に別れたカップルは二人が恋人でなくなった後も、変わらずに友人として付き合いを続けていることも珍しくありません。

お互いが別れに満足しているので、友人として付き合う分には「何の支障もない」とおもっているので友人関係はスムーズに進みます。

しかし元カノから二人の関係を知らない人に紹介する時「元彼だよ」ではなく「私の友達なんだ」と紹介された場合には「恋人だったことを隠したいのかな」「恋人時代の記憶を消し去りたいのかな」と彼は元カノの気持ちを深読みするのです。

そして「付き合っていた事実は隠されたくない」「隠されたことがショックだ」と男性は落ち込むことも。

元カノから、わざわざ友達の一人として知り合いに紹介されたことが「辛い」という気持ちになるのです。

その為、いくら仲の良い元恋人同士の間柄であっても、自分が思ってもみない紹介のされ方をした時には「彼女と別れなければよかった」「別れていなければ恋人として紹介してもらえていたんだ」という後悔が生まれ「もっと一緒にいたかった」と別れ自体を覆すように後悔する気持ちになります。

新しく好きになれそうな人が全然見つからない時

話し合いによって円満に別れた場合の男が別れを後悔する時期は、新しく好きになれそうな人が全然見つからない時です。

話し合いによって円満な別れをしたのに「一向に好きな人が作れない」「他の女性と出会いの場を作っても元カノように好きになれない」という時に男性は「別れなければよかった」と後悔をします。

一度別れてみてから分かることがある事も少なくありません。

それはいざ恋をしようと思っても中々その気になれなかったり、実は心の中に元カノがいて、どんな時でも彼女と比べてしまったりすることが原因。

別れてみて初めて彼女の存在の大きさに気が付き「俺って今でも彼女のこと好きなんだ」という衝撃の事実に気が付くこともあるのです。

しかし、時すでに遅し。

もう彼女とは納得して別れた後なので、自分から「やり直したい」とは言い出せません。

「何で別れちゃったんだ」「近くにいたから彼女の良さが理解できなかったんだ」と後悔するのです。

二人で決めた別れだからこそ「元カノは俺のことを何とも思っていないんだ」という事実が彼を苦しめます。

別れ話を切り出した自分を責めるのです。

過去を振り返っても、もう戻れないところまで来てしまった事に男性の後悔は後を絶ちません。

部屋に置いてある彼女の物を片付ける時

部屋に置いてある彼女の物を片付ける時に、男性は円満に別れた元カノの別離を後悔します。

円満な別れと言っても、計画していたように「この時期に別れよう」と決めているカップルは少ないもの。

円満な別れ方をするときは、どちらかから「そろそろ別れたいな」と言い出し、冷静に話し合ったうえでの納得した別れ方をします。

当然、別れの用意などはしておらず、別れた彼女の荷物がそのまま彼の部屋に置き去りになっていることも少なくありません。

そして、彼が彼女の荷物に気付いて「コレは彼女の物だから返さなきゃいけない」と荷物をまとめている時に「もうここには来てくれないのか」と寂しく感じ「別れてしまったけど、なんだか名残惜しい」「もう二度と彼女を呼ぶことはないんだ」と別れた事に落ち込むのです。

円満に別れても、彼女への懐かしさがこみ上げれば、別れを後悔することもあります。

そのきっかけとして、彼が彼女の私物に触れる時に急に懐かしさがあふれ出せば、居ても立っても居られないほどに元カレが別れを後悔して、あなたへの愛を取り戻すことも少なくありません。

そして、円満に別れた彼の方から、別れからしばらく経った後に連絡が来るのもこの為です。

男が別れを後悔する時期:冷めた彼にすがったり険悪になったりして感情的に別れてしまった場合

「もう二度と関わらないから」と最後のメールがきた時

彼女が冷めた彼にすがったり険悪になったりして感情的に別れてしまった場合に、彼が別れを後悔する時期は、元カノから最後のメールがきた時です。

どうしても別れたくないからと、しつこく彼に縋っても彼が無反応だった場合には「諦めも肝心だよね」という気持ちになり、彼女の方から「もう二度と関わらないから」と最後のメールを送る事も少なくありません。

しかし、彼は今まで散々言い寄られていた元カノから、身を引く旨のあっさりとしたメールが来たら「急にどうしたんだ?」と彼は焦り「最後のメール」という事実にひどく動揺します。

「このメールを返さなければ彼女とは二度と連絡が取れない」「本当にこのままでいいのか?」と悩むのです。

最後のメールによって究極の選択を突き付けられた彼は、次第に「別れる程でもなかったのでは?」と考えるようになり、別れたこと自体を後悔することも珍しくありません。

その為「元カレに最後のメールを送ったら、初めて返事が来た」「脈ナシだと思っていた元カレが優しくなった」という現象が起こります。

彼があなたの事をもう一度考え直すきっかけができるのです。

「幸せになってね」と彼女から思いやりの言葉をもらった時

感情的に別れてしまった彼が後悔する時期は、「幸せになってね」と彼女から思いやりの言葉をもらった時です。

険悪ムードで無理やり別れを言いつけた彼は「コレは仕方ない」「俺の気持ちは冷めてしまったんだ」と自分の思いを優先してあなたとの別れを強行突破しています。

「彼女が理解してくれなかった事が悪い」と敵意さえむき出しにさせていることも。

しかし、そんな彼女から「幸せになってね」「あなたのことを応援しているよ」という、今までの態度とは打って変わって、今度は自分の味方になってくれたように感じる言葉をかけられると、彼は衝撃を受けます。

「実は思いやりの心を持った優しい女性だった」「自分の方こそ彼女に気持ちを無理やり押し付けていたんだ」と彼女に対して申し訳ない気持ちになるのです。

あなたが彼の幸せだけを願ったように、彼もまたあなたの幸せを考えてあげられなかった事に「なんて自己中な人間なんだ」「俺は薄情者だ」と二人の別れに後悔し始めます。

更に「幸せになってね」という連絡以降、彼女から音沙汰がなければ「彼女は本気だ」「俺のことを忘れようと努力してくれているんだ」と思え、別れてから初めて彼女への未練を感じることも少なくありません。

あなたが冷静になって彼の幸せを願えば、元彼に別れた事を後悔させる事が出来ます。

彼女が別れたくないと散々縋っていたのに割と平気そうに生活している時

彼に縋りついて別れが険悪なムードになった後、別れを後悔する時期は、散々揉めたけど割と平気そうな彼女の姿を見た時です。

「別れたくない」「私にはあなただけなの」と別れに断固として頷いてくれなかった彼女の気持ちは「俺に向いている」とおもっている男性は多くいます。

その為「別れた後は憔悴しきっているだろう」「何も手についていないだろう」と想像している彼の目に、元気そうに生活しているあなたの姿が映った時には「割と平気そうだ」「俺のことなんてもう、どうでもよくなったのか?」と感じるほどにショックを受ける事も。

別れたくないと言っていた彼女が、普段通り生活していることは彼の想像していた世界とは別世界。

「ずっと別れが悲しくて泣いているものだと思っていた」「もしかして俺のことを忘れちゃった?」とすら思えてきます。

こんなに彼女の事を考えている自分と、別れを過去のものにして進み出している元カノのギャップに「実は別れを引きずっているのは案外、自分の方だったのかもしれない」という気持ちになるのです。

彼は彼女の懇願を振り切って別れたけど、蓋を開けてみれば彼女のこと考えて「泣いているだろう」と想像していた自分に心底あきれ返り「彼女と別れなければよかった」とつい考えてしまいます。

別れた原因を克服している彼女を見つけたとき

彼が冷めてしまって感情的に別れてしまった場合の男性が別れを後悔する時期は、元カノが別れた原因を克服している姿を見た時です。

彼が別れを切り出した背景には必ず理由や原因が存在します。

それは「彼女のネガティブな考え方が嫌だった」とか「恋愛依存症体質な彼女に嫌気がさした」など、人それぞれ「この人と付き合たくないな」とおもう理由が存在するのです。

あなたが、彼と険悪な別れをした時に「このままではダメね」「私自身、努力してもう一度彼に振り向いてほしい」と復縁を視野にいれて動き出していたのならば、別れた時とは全く違う魅力的な女性になっている事も少なくありません。

そんなあなたの変貌は必ず彼の心に留まります。

「彼女があの頃とは違う」「俺が嫌だと思っていたころの彼女じゃない」とあなたの変わりっぷりに、彼は驚きを隠せません。

なぜなら「彼女はこれ以上変われない」という思いを持ったからこそ、彼は別れを選んだのです。

そして、その彼女が実際に嫌な所を改善させた魅力的な人になって目の前に現れたときは「早まったことをした」「別れずに彼女の成長を待てばよかった」と彼は後悔します。

男が別れを後悔する時期:浮気や第三者の反対、環境の問題など2人以外にも別れの原因があった場合

彼女と別れてすぐに浮気相手とうまくいかなくなった時

彼の浮気が原因で別れてしまった時に男性が後悔する時期は、浮気相手と上手くいかなかった時です。

彼女と別れて晴れて浮気相手の女性を本命の彼女として受け入れた彼は、まさに幸せの絶頂。

彼女と別れたからこそ浮気相手の女性との付き合いに全力を注ぎます。

しかし、浮気相手の女性と折角付き合えるようになっても「なんか違う」「元カノなら、もっと俺に尽くしてくれた」とつい振った元カノと比較してしまうことも。

もちろん、比較された側の新しい彼女は良い気持ちになりません。

「あなたは、元カノに未練があるんじゃない?」と詰め寄られて、大喧嘩に発展する事もよくある話。

前の彼女と付き合っている時の浮気相手という立場だったからこそ、今カノに惹かれていたことに、今さらながらに気が付いた彼は「別れなければよかった」と後悔せずにはいられないのです。

浮気相手への一時的な感情を愛だと錯覚している彼は、浮気相手と付き合いだしたら上手くいきません。

そして、今カノとの関係がうまくいかなくなった時に元カノの存在の大きさに気が付き、別れた事への後悔が彼を襲います。

遠距離恋愛でどれだけ離れていても彼女のことばかり考えてしまう時

環境の問題があって彼女と別れた場合に彼が後悔する時期は、離れていても彼女のことばかりを考えてしまう時だと言えます。

「遠距離になるから別れよう」「これがお互いの為だ」と遠距離恋愛を原因に彼女と別れてしまった男性は「遠距離なんて無理だ」という気持ち一つで別れの道を選んでいるもの。

「別れても平気かも知れない」とか「別れた後も彼女のことを忘れられないかも」という考えは当時の彼の中にはありません。

その為、実際に遠距離になった後「どこにいても元カノの事を考えてしまう」「こんなにも彼女のことを愛していたんだ」と自分の思いの深さを痛感します。

「気持ちが繋がっていれば彼女と付き合えたかもしれない」と感じ「別れたのは早熟な考えだった」と別れを選んだことを後悔するのです。

「遠距離恋愛」という言葉に尻込みする男性は多く、直ぐには会えない距離の不便さから自ら別れを選ぶ傾向にあります。

別れの意思を伝えられた彼女は「彼には遠距離恋愛を貫けるほど愛情がなかったんだ」と思うので、納得はできないけど別れを承諾するもの。

しかし、元彼の中で問題になっていたのは「距離」であり、彼女への愛情は二の次なのです。

そして、彼が元カノへの愛の深さに気が付いた時に、後悔だけが彼の中に残ります。

両親に理解されず別れたが彼女の事ばかり考えていたことに気付いた時

二人以外の問題で別れた場合に元カレが後悔する時期は、両親に理解されず別れたが彼女のことばかりを考えている自分に気が付いた時です。

男性は「親の好かれている女性と付き合いたい」「親からは反対されたくない」と思っているもので、両親から「あの彼女はやめなさい」と言われた時にはすぐに恋人との別れを選ぶ事も珍しくありません。

「両親に反対されても、君の事を守るよ」と言ってくれる男性は少ないのが現実です。

そんな親の反対に屈して別れを選んだ彼。

しかし、別れても愛していた彼女への思いは簡単に消えてくれません。

「やっぱり好きだ」「なんで、あの時彼女を守ると言えなかったんだ」と自分の薄情さに嫌気がさします。

そして、何をしていても「彼女が好きだ」と感じるようになった時に「別れなければよかった」「両親を説得して付き合う方法もあったのに」と別れた事を後悔するのです。

この時から彼の考えは変わります。

あなたに連絡がきて「もう一度、やり直したい」「両親のことは俺が何とかする」と男気溢れるアプローチをしてくれるのです。

彼の中のあなたの存在が別れを後悔して復縁のきっかけを作ってくれます。

彼女と別れてお見合いをしたが「やっぱり違うな」と相手に違和感を持った時

周囲の問題が原因で別れた場合彼が後悔する時期は、彼女がいなくなったからお見合いをしたけど「やっぱり違うんだよな」と相手に違和感をもった時というものがあります。

周囲の問題が原因で、彼女のことを好きだったけど別れた場合に男性は「次の相手を探してみようか」と一度は自分の中にある彼女への思いを振り切ろうとするものです。

それは、「いつまでも彼女のことを好きでいても仕方がない」と思うから。

前に踏み出して新たな恋愛をしたいという野望はいつも持ち合わせています。

しかし、新たな出会いの場で新しい女性に違和感を持つ事もよくある話です。

それもそのはず、彼の心の中にはあなたへの愛があり、愛している女性をそんなに簡単には忘れる事はできません。

その為、彼が結婚前提にお見合いをしたとしても「なんか違う」「求めていた女性ではない」と感じるのです。

彼は、お見合いをして初めて「やっぱり彼女じゃなきゃ嫌だ」「元カノだけを愛しているんだ」という思いがあふれ出し「別れなければよかった」「彼女の代わりはいないんだ」と後悔し、別れたことを落ち込みます。

男性は一度壁にぶち当たれば過去の積み重ねを思い返し後悔するもの。

周囲の反対により別れた場合も同じであり「他の人を好きになれない現実」の壁に阻まれた時にはあなたへの愛を思い出し後悔します。

元彼が別れを後悔しているタイミングに合わせて距離を縮める方法

彼が寂しいタイミングでそれとなく食事に誘ってみる

元彼が別れを後悔しているタイミングに合わせて距離を縮める方法は、彼が寂しいタイミングに合わせてそれとなく食事に誘ってみるというものがあります。

上記でも説明したように、それぞれの別れ方によって元カレが寂しいと思っているタイミングは異なり、あなたの別れのパターンによって食事へ誘える時期というものがあるのです。

例えば、彼と揉めて別れた場合にはあなたが別れの原因を克服できた後に「食事に行かない?」「いきたい場所があるんだよね」と彼を誘う事。

彼との別れの原因を取り除いた後というものは、彼に見直的な女性として見られており、元彼が「彼女が離れてしまって寂しい」と考えている時です。

その為、あなたは自分で別れた原因が克服できたことを感じたのならば、元彼を食事に誘うべき。

変わったあなたの姿を十分に彼の目に焼き付けて、元彼の視線を釘付けにしましょう。

そうすれば、付き合っている時よりも、魅力的な女性になったあなたと「もっと話がしたい」と彼に思わせることができます。

二人の間にあった距離が徐々に縮まるのです。

「最近暇なんだよね」と予定がない事をアピール

元彼が寂しいタイミングに合わせて距離を縮める方法は、「最近暇なんだよね」と予定がない事をアピールするというものがあります。

別れてしまった以上は、お互いのことを知り合う機会がありません。

彼が寂しくなって「誰かに会いたいな」と思っていても「元カノは忙しいかな」と誘いを断念してしまう事もあります。

別れを切りだした方から寂しさを理由に元カノを誘う事に迷いがあるのです。

その為、彼の寂しさに気付いた時は、あなたの方から「最近予定がないから暇なんだよね」「割と一人でいる事が多いからつまらないよ」とにこやかに彼に話しかけましょう。

そうすれば、彼はあなたが暇な事を知ってくれ「俺も暇だからどこか行こうよ」と積極的な行動を取ってくれます。

離れていた二人の距離がグンと縮まる瞬間。

元彼はあなたも一人で寂しくしている「同志」だと、認識してくれます。

誘いやすいし誘われやすいという関係性が出来上がるのです。

暇なときは連絡し合ったり遊びに行ったりと一気に二人の距離が近いものとなり、復縁の道が開けると言っても過言ではありません。

元彼に積極的には暇なことをアピールして「元カノも同じなんだ」と親近感を持ってもらいましょう。

そして、よりを戻すための一歩を踏み出して下さい。

「○○に行ったこと覚えている?」と思い出話をする

元彼が別れを後悔しているタイミングで距離を縮める方法は、二人の思い出話をするというものがあります。

「○○に行ったことを覚えている?」と彼との記憶に残る思い出の話をしましょう。

彼が別れを後悔している時に、楽しかった思い出や、幸せな記憶が思い返されれば、更に「別れなければよかった」と別れを後悔する事に間違いありません。

「あの時は、楽しかったよ」「俺もしっかりと覚えているよ」とあなたの話に積極的に参加してくれることも。

男性が別れを後悔している時は、寂しさや人恋しさを感じています。

「今は一人だから寂しい」「彼女にそばに居て欲しい」とあなたを恋焦がれている時です。

そんな時に元カノの方から連絡や、思い出話をされたら嬉しくて舞い上がる気持ちを彼は抑えきれません。

いつになく、楽しげに思い出話を意気揚々と語ってくれるはずです。

そして、あなたも笑顔で彼の話を聞き、時折感じたことを話すというスタンスでその場を盛り上げれば、二人の距離は一気に縮まります。

彼は「元カノといたら、楽しいな」「もっと一緒にいたいな」と思ってくれ、二人の関係が進展していくのです。

「なんか元気ないね?」と彼を心配するlineを送る

別れを後悔している元カレと距離を縮める方法は、彼を心配するlineを送る事です。

別れを後悔している元カレは落ち込んでいます。

「別れなければよかった」「彼女と付き合っておくべきだった」と別れ話をした当時を思い出しては、自分の決断を嘆いていることも珍しくありません。

そんなダークな気持ちになっている彼に「どうしたの?」「悩み事?相談にのるよ」と優しく声をかければ「彼女はなんて優しい人なんだ」「別れてからもいつも通りに接してくれて嬉しい」という気持ちになります。

あなたの事を再度、素敵な人や魅力的な女性として好意を持ってくれるのです。

好意的に感じている女性とは、一緒にいるだけで話が盛り上がります。

何故ならば「彼女に知って欲しい」「自分のことをもっと見て欲しい」と思えるから。

その為、あなたが別れた事を後悔している彼を心配して声をかければ、二人の仲は急速に縮まるのです。

あなたも彼への好意を示せば、更に二人の仲が深まる事に間違いありません。

「○○君と話すと落ち着くよ。いつもありがとう」とさりげなく好意を伝えて、彼に喜んでもらいましょう。

そうすれば、彼にあなたの愛が十分伝わり復縁まで一気に加速することも珍しくありません。

復縁コラムニストminakoワンポイントアドバイス「別れの理由を知って復縁に繋げよう」

minako
元彼とよりを戻したいのなら、別れの理由を知って彼が後悔するタイミングにアプローチする事です。

「寂しいな」「別れなければよかった」と彼の心が弱っている時期を見つければ、復縁に彼の気持ちを導くことができます。

今回ご紹介したように、別れの原因別で分かる男性が後悔する時期を知れば、復縁に効果的な告白やアプローチをすることが可能。

彼の気持ちが「別れてスッキリ」と思っている時に、元カノから連絡がきても「迷惑だ」「もう終わったことだ」と軽くあしらわれることも少なくありません。

彼の気持ちの揺らぎを知って、別れへの後悔で弱っている元彼の心に上手くつけ入れば「俺には彼女しかいないんだ」とあなたの事を再び恋愛対象として見てくれます。

復縁成功のカギは彼の寂しさや後悔時期に、ダイレクトなアプローチで元彼の心を動かす事です。

彼ともう一度、愛し合える関係になれるように、しっかりと復縁のタイミングが見極められる女性になりましょう。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

気になるあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…恋愛成就の可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁や不倫などの難しい恋愛の悩み、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

難しい恋愛の不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事