sakura
fushimiで占いをしているsakuraと申します。

ウィズコロナの時代、新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、恋と運命の真実を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

恋と運命の真実で占う

※20歳未満はご利用できません

彼との別れの危機に直面して焦っている女性は少なくありません。

「どうしても彼と別れたくない」「この危機を乗り越えたい」と感じているからこそ、どうしても彼を引き止めたい気持ちでいっぱいになります。

「彼に私の気持ちをわかってもらいたい」「彼とやり直したい」と悩んでいるあなた。

そんなあなたの為にどうしても彼氏を思いとどまらせたい時の話し合い方や受け入れてもらえる気持ちの伝え方をご紹介します。

また、別れを回避した後にまた別れ話が持ち上がるのを防ぐ手段も、あわせてお伝え
していますので是非、参考にしてください。

彼とやり直したくてもあなたの気持ちを彼にわかってもらえなければ「やり直そう」と彼は頷いてくれません。

彼の気持ちを動かすような言葉で、二人の関係に希望を持たせましょう。

そして、昔の様にラブラブなカップルとして大切な時間を彼と過ごしてください。

目次

はっきり言わずに別れの気配を漂わせてくる彼氏の心境

元カノの方から振ってもらいたい

はっきりと言わずに別れの気配を漂わせてくる彼氏の心境には、元カノの方から振ってもらいたいというものがあります。

彼はあなたに振ってもらいたいからこそ、わざとあなたに分かる様に別れたい雰囲気を出しているのです。

しかし、彼がはっきりと別れたいという気持ちを言わないのは、自分から振ることにより悪者になりたくないという気持ちを持っているから。

その為、別れたい雰囲気は出すけど、直接は「別れたい」と言ってきません。

それは別れたくないあなたにとって最後の砦。

あなたが彼の意思に気がつかないフリをして、2人の付き合いを考え直させることが出来たのであれば、彼とやり直すことができるのです。

その為には、彼に別れを言い出させないようにすることが大切。

「自分から言うまではない」という段階で、彼に別れの決意を強く持たれる前に、なんとしてでも別れを踏み留まってもらわなければ、彼の気持ちはなかなか変わらないと言えるのです。

この場合の男性の別れたい気持ちと言うものは、実は簡単なものであり、彼女の態度や言動一つで変わることも少なくありません。

それほどまでに、彼の気持ちは移り変わりやすく、例えば「もう彼女とは終わりにしたい」と彼が考えていても、あなたからの優しさに触れたり褒められて嬉しい気持ちになった時には「やっぱり彼女とつきあっていたいな」と態度を一変させることも珍しくありません。

別れの気配を漂わせてくる彼の心はまだ決めきれていないのです。

彼女に必要とされていると感じたい!実は引き止めて欲しい

はっきり言わずに別れを漂わせてくる彼氏の心境は、実は引き止めて欲しいと思っているというものがあります。

付き合っているうちに「俺は必要とされていない」と感じる男性は多く、「求められたい」「必要だと言われて引き止められたい」という願望を持っています。

付き合いはじめは「コレってどうすればいいと思う?」といつも自分を頼りにしてくれていた彼女が、なんでも自分で解決するようになったということが彼にとっては悲しい出来事。

「昔は不安げで可愛かったのに」「求められていることをいつも感じていた」とあなたへの不満で彼はいっぱいになります。

自分が素っ気ない態度を取り、別れを漂わせれば、付き合っている彼女は「どうしよう」「彼が離れていってしまう」と危機感を募らせてくれるかもしれないと思っているので、わざとあなたに別れをちらつかせて自分の存在の意義を確認しているのです。

「自分を求めてくれるはずだ」「俺の寂しさを理解してくれるはずだ」と感じているので、別れがチラついて焦っている彼女を目の前にすれば、それだけでも嬉しさを感じ頬を緩ませてしまいます。

彼はあなたに必要とされて引き止めて欲しいだけなので、頼られて安心することで別れを言葉にすることはないのです。

揉め事は面倒だからスッキリと別れたい

揉め事は面倒だからスッキリと別れたいというものも別れを漂わせてくる彼の心境だと言えます。

揉め事を嫌う男性は多く、同性同士のいざこざだけではなく男女の仲でも共通して言えることです。

男性は自分と対立する意見の人に「どうせわかってもらえない」「説明するのも面倒に思う」という部分があります。

その為、自分が動き出さずに済むならそれに越したことはないと思っているのです。

別れを漂わせることによって「もう私たちは修復不可能なんだ」と女性側から諦めてもらうことにより、彼は自分から揉め事を起こさなくても良いと考えています。

例えば、自分から彼女を振ってしまえば「なんで別れなければいけないの?」「私のどこが悪かったのかを教えてよ」と詰め寄られてしまうことも。

別れたいと言い出した彼には説明責任が発生します。

「もう飽きちゃったんだよ」と彼女に本心を打ち明けても納得してくれないことがほとんど。

何故ならば、飽きてしまったという彼の気持ちを今でも彼氏のことが大好きな女性側は到底理解することができないからです。

「思っていることが彼女に伝わらない」「伝わらないからこそイライラしてしまう」そんな気持ちを抱いてしまうので、できることなら彼女の方から去って欲しくて別れを漂わせる男性が多く存在します。

「どうしようかな」と優柔不断だから決断できない

はっきり言わないけど別れを漂わせる男性の心理には、優柔不断だからこそ判断できないというものがあります。

実は「別れたいな」と思っていても「別れたら後悔するかもしれない」という気持ちを男性も持っているものです。

女性が今日の気分で洋服を選ぶのと同じように彼にとっても別れたい気持ちはその日の気分。

「今は別れたいと思っている」「明日は気持ちがどう動いているかは分からない」と感じているので、別れだけ漂わせても判断できずじまいに終わっている為、別れの明言を避けています。

彼があなたに別れだけを漂わせている場合には、心の中であなたとの決別を判断できずにいるだけ。

まだ、あなたには十分すぎるほどにチャンスは残されていて、まだ彼との仲を円満な方向に向けることができるのです。

その為の努力はもちろんやっていかなければなりませんし、彼の気持ちが別れを決め込んでしまう前にあなたの良さを十分にアピールしなければいけません。

彼の心にうまく受け入れられたのならば、また二人で仲良く過ごしていく道が開かれるのです。

その為にも彼が別れを漂わせているからといって、彼への気持ちを簡単に諦めてはいけないのです。

まだ悩んでいることがあるから彼女の言葉を聞いてから考えたい

はっきりと言わずに、別れの気配だけ漂わせてくる彼氏の心境には、別れに対して悩んでいるから彼女の言葉を聞いてから考えたいというものがあります。

別れたいという気持ちは抱えていても、いまいち踏ん切りがついていない彼。

そんな彼氏は別れたい気配だけを漂わせていながらも「彼女のことは、まだ決めきることが出来ない」と思っていることも多いものです。

その為、別れたい気配を感じた彼女の言動に、彼は注目しています。

「少しでも危機感を持ってくれるだろうか?」「反省してくれるだろうか?」と相手の様子を見ながら、彼女が「私がダメだった」「いけなかったんだ」と別れたい気配を察して行動を改善してくれることを望んでいるのです。

その為、彼の別れたい気配を感じ取ったのならば「私は彼に試されているんだ」という気持ちを持ってください。

彼の心に「やっぱり彼女といたい」「彼女と一緒にいることで幸せを感じられるんだ」と彼の心にヒットするような言動を示すことができたのならば、彼はあなたのもとへ帰って来てくれるのです。

彼氏の愛を失わずに別れの寸前で食い止めることができると言っても過言ではありません。

もう別れたいと明確に彼女へ告げた男性の心理

俺の別れへの決意が固いことを証明したい

もう別れたいと明確に彼女へ告げた男性の心理には、「俺の決意が固いことを解らせたい」というものがあります。

彼から「別れたい」とか「もう無理なんだ」と別れの言葉を明確に告げられてしまえば、もう後戻りができないほどに彼の気持ちが固まっている証拠です。

そして、その事実を彼女に伝えたくて仕方のない彼の心理が伺えます。

「彼女はまだやり直せると思っているかもしれないけど、俺はもう無理だ」「受け入れられないということを知って欲しい」と思っているからこそ彼はあなたに別れたいという言葉を告げてきます。

そんな彼の別れたいという気持ちを動かすのは困難であり、一筋縄ではいかないもの。

彼の気持ちとあなたの想いが完全に決別しているので二人の思いを一つにするのはなかなか難しいことなのです。

彼にあなたとの復縁を意識してもらう為には、彼に「別れたくない」と伝えるばかりではなく「どうしてやり直せないの?」「何故そう思うの?」と諭すように、冷静に彼と話し合いましょう。

彼はあなたに自分の思いを聞き入れてもらえないことにやきもきしています。

あなたが彼の話を聞き入れてあげている姿をしっかりと見てもらえれば、「話をきちんと聞いてくれる」「俺の気持ちにきちんと向き合ってくれる」とあなたに対しての不満が和らぐはずです。

真摯に向き合い冷静に対応することは「もう別れたいんだ」と言ってくる彼の気持ちを動かすことができる方法と言えます。

振ってやったという優越感を味わいたい

もう別れたいと彼女に明確に告げた男性の心理には、彼女を振ってやったという優越感を味わいたいからというものがあります。

男性は常に女性よりも優位にな立場になっておきたいと考えているものです。

それは男としてのプライドであったり「彼女を支えている」という自負であったりします。

男性は常に自分が優位な立場に立っていることにより「彼女を服従させられる」「偉いのは俺だ」と知らしめたいのです。

その為、彼はわざと「もう別れたい」とあなたに告げて、有意な立場を自分のものにしようと企んでいます。

彼が別れたいと言い出したからと言ってそれが本心からだとは限らず、彼女との間に優位な上下関係を作りたいだけのことも珍しくありません。

そんな彼の気持ちを知ることで「この恋は終わっていないない」「まだ、頑張れるはずだ」とわかるもの。

もし、彼に別れたいと言われてもあなたの次の言葉を待っているようだったり、何かを言いたそうだったりしたのならば、彼は別れを口に出して、優越感に浸りたいだけであり、別れを真剣に考えているとは限らないのです。

彼の気持ちを見抜いて心が離れていないかを見抜きましょう。

二人の間には深い溝があることを示したい

もう別れたいと明確に彼女に告げた男性の心理とは、二人の間に深い溝があることを知って欲しいというものがあります。

男性の方からサジを投げた状態であることが彼からの「もう、別れたい」という言葉で感じ取れるもの。

それはあなたへの決別宣言であり「もう交わることはない」「決定的に考え方が違うことを分かって欲しい」という彼の願いでもあるのです。

例えば、しょっちゅう喧嘩をしている二人が彼には「価値観の違いから喧嘩をしているから二人はそもそもうまくかないカップルなんだ」と感じます。

しかし、あなたは「お互いの受け取り方に違いがあっただけで大した問題ではない」と捉えているので二人の気持ちを同じ事実に対して真逆の方向に行くのです。

「そうじゃないんだ」「なんでわからないんだ」と自分の考えが思い通りに伝わらないことに対して彼はヤキモキしているので「別れたい」と告げて彼女に二人の関係には取り返しのつかない程に深い溝があることを知って欲しいという気持ちになっています。

その結果、本心として彼女に「別れたいんだ」と告げてしまうのです。

その為、彼から思っても見なかった話を告げられたあなたは、驚き彼との考え方の違いに初めて気が付きます。

「彼がそんなに思い悩んでいたなんて知らなかった」と初めての感覚に陥るのです。

さっさと決着を付けて終わらせたい

もう別れたいと明確に彼女に告げた男性の心理には、さっさと二人の付き合いに決着をつけて終わらせたいというものがあります。

なんでも白と黒をはっきりと付けたがる傾向にある男性はあやふやな関係を嫌うものです。

例えば、彼女への気持ちが全くないのに付き合うことや彼女と顔を合わせばいい争いばかりしているのに「これからも仲良くして行こう」と思うことに「なにをしているんだろう?」と、何故彼女と不仲なのに付き合い続けているのかということに疑問を待ち始めます。

「こんな煩わしい関係を終わらせたい」「さっさとケリをつけたい」と別れの言葉を堂々と口にするのです。

彼女との仲がうまくいっていない男性には、付き合いを続けていくこと自体が無意味であり、仲良くできないのなら「別れてしまえば良い」と思えるほど、適当なものであるのだと言えます。

適当と言うよりは、彼の愛情が仲良くできなくなった時点でどんどん冷めていき、彼女への愛を失ってしまうのです。

そのせいで彼は一切の興味を恋人に対して失ってしまうので別れへの判断がよりスピーディーに行えます。

さっさと二人の関係を終わらせたくて仕方のない男性は少しも時間の余裕を与えてはくれないのです。

どうしても彼氏を思いとどまらせたい時の話し合い方

彼との問題点を紙に書き出して一つずつ解決方法を示す

どうしても彼氏を思いとどまらせたいときの話し合い方には、彼との問題点を紙に書き出して一つずつ解決方法を示すと言うものがあります。

あなたは彼のへの不満がなくとも彼はあなたに直して欲しいことがあるからこそ別れ話をチラつかせているのです。

そんな彼の不満を取り除かなくては、あなたの「彼とずっと一緒にいたい」「この先も離れたくない」という願いを叶えることができません。

彼の気持ちが決まっている以上はなんとしてでもその気持ちを動かして、あなたのことをもう一度愛してもらう働きかけを行わなければ、別れに抗うこともできないのです。

その一つとして、彼の不満を聞き、それを文章として書き出すこと。

文字に起こしたことにより、彼の不満は一目瞭然。

彼があなたのそんな部分に不満があるのかをお互いの目で捉えることができるのです。

そして、書き出してあるからこそ、改善策を立てやすく「これはこうするべきだね」とあなたが率先して「直せるものだよ」「まだ、諦めないで」という気持ちを彼に伝えることができるます。

彼もまた、簡単に改善策が見つかれば、自分が考えていたよりも二人の状況が良いことに気がつきます。

「もう一度、やり直してみようかな」という気持ちになるのです。

ルールや決まり事を作り、破った時は「別れるから」と約束する

どうしても彼氏を思いとどまらせたいときの話し合い方には、ルールや決まり事を破ったときは別れることを約束するというものがあります。

あなたの彼と別れたくないという気持ちは嫌というほどに彼氏に伝わっているもの。

その為、あなたの彼への執着心をうまく利用すれば、彼にあなたの本気度を知ってもらえ「そこまでいうなら試してもいい」「本気で変わってくれるなら、もう一度愛せそうだ」と思ってもらえるのです。

まずは彼が別れを連想した一番の原因を探りましょう。

例えば、彼を束縛しすぎて「今どこにいるの?」「なにしているの?」と詮索ばかりしていた場合には、「今度、自分からしつこく連絡したら別れるから」とお願いしましょう。

あなたと別れたいと思った一番の原因を示されて、改善を約束してくれる彼女に彼は驚きを隠せません。

しかも、守れなかったときのペナルティもきちんと示しているあなたに対して「信頼しよう」「もう一度信じてみよう」という気持ちになり、信頼関係を回復させることができるのです。

彼はあなたのことを本気で考え直してくれます。

もう一度彼としっかり話し合って別れを回避しましょう。

冷静沈着に彼の言いたいことを全て聞き出す

どうしても彼氏を思いとどまらせたいときの話し合い方には、あなたが冷静沈着に彼の言いたいことを全て聞きだすというものがあります。

彼はあなたとの付き合いの中で言い出せなかった不満を数多く抱えていることも。

「彼女はいつも話を聞いてくれない」「こんなにも悩んでいるのに酷い対応だ」と到底許せない気持ちでいるのです。

それは、あなたが彼の話を聞く態度に問題があり、彼の話を真剣に聞いてあげない態度だったり、彼の話を途中で妨げてしまったりしているから。

最期まで彼の話を聞いてあげることができていれば、二人が別れ話をしなければいけないほどに仲違いすることはなかったのです。

しかし別れ話が出てきてしまった以上は、彼の抱えている不満を発散させてあげなければ「もう一度やり直そう」とは思ってもらえません。

あなたは彼から何を言われても冷静になって受け止めてください。

「それが嫌だったんだね」「気がつけなくてごめんね」とあなたが彼の気持ちを知って受け入れている姿に彼は感動します。

「思っていることがあるなら言葉にしなければわからないんだ」「もっとしっかりと話し合えばよかった」と後悔するのです。

彼の言いたいことをしっかりと聞いてあげて、彼の別れたいという気持ちを思いとどまらせましょう。

最後のデートをして彼と目一杯楽しい時間を過ごす

どうしても彼氏を思いとどまらせたい時の話し合い方には、最後のデートをして思いっきりお互いが楽しめた後で今後の話をするというものがあります。

彼はあなたとの付き合いに「つまらないな」「飽きたな」と感じているからこそ「もう別れたい」と思ってしまうのです。

あなたとの最近のデートにつまらなさを感じていた彼には、もう一度デートをしてもらって目一杯二人の時間を楽しんでもらいましょう。

あなたは彼が喜んでくれると思える最大級のデートプランを立てて、二人でデートを楽しんでください。

彼の好きな場所や趣味を取り入れた、あきのこないデートに思わず彼は「楽しいな」「こんな毎日がつづけばいいのに」と感じずにはいられません。

そして、「まだ別れるのは早かったかな」と別れを思いとどまってくれるのです。

彼とたくさん笑い合ってお互いが心から楽しめるデートをすれば「これからの二人はどうしようか」と考えたときに、彼の気持ちがやり直したい方向へ向いてくれます。

もう一度初めてデートをした時のような楽しさを思い出して彼との仲を深めていきましょう。

彼とやり直す道はまだ道はまだ途絶えていません。

感情的はNG!別れたくない思いを受け入れてもらえる気持ちの伝え方

「〇〇だから別れたくない」と論理的に彼を諭す

別れたくない思いを受け入れてもらえる気持ちの伝え方は、「○○だから別れたくない」と論理的に彼を諭すことです。

「私は別れたくない」とだけ言っても、彼は納得してもらえるわけがありません。

「どうして?」「今まで上手くいっていたのに?」と思うのは女性の心理。

今までの付き合いの中で、彼が「ここを直してほしい」と暗に伝えていたつもりでも、そんなこと、あなたは真剣に受け止めていませんでした。

彼からの別れは、あなたにとって青天の霹靂なのです。

だからこそ、あなたは感情的にならずに、冷静に対処しなければなりません。

「あなたのこういうところが好きで尊敬しているの」「別れないために私はこんな風になるわ」など。

あなたの頭の中で起こっているパニックを沈めるためにも、順序だてて話をし、「だから別れたくないの」と最終目標に繋げましょう。

いきなり結論から話すと、あなたがいくら別れたくない理由を並べても、理解に苦しむ彼。

別れたくない気持ちだけを伝えるのではなく、彼が「どうして別れたくないんだ?」と抱く疑問に先回りするつもりで話をしてください。

手紙やメールを使って目に見える愛情を伝える

手紙やメールを使って目に見える愛情を伝える、こちらも別れたくない思いを受け入れてもらえる気持ちの伝え方です。

彼から「別れたい」と告げられると、感情的になってしまうのは当たり前のこと。

あなたとしては、愛する彼を失いたくないし、嫌われることが怖くて仕方ありません。

その場で、彼の「別れたい」という気持ちや言葉に対応しようとすると、どうしても泣いたり縋りついたりしてしまいます。

別れを決めた男性は、彼女の涙でほださることはなく、縋りつかれると振りほどきたくなり、余計に嫌われる原因になるもの。

一旦、持ち帰りましょう。

「ちょっと考えさせて」「冷静になって答えを出すから待って」と声をかけます。

その場を立ち去っても、彼はあなたの答えを待ってくれますので安心してください。

彼はあなたに納得して欲しいと思っています。

そして、あなたの「別れたくない」という感情は、手紙やメールで送るのです。

手紙やメールは、文字が視覚に入り、あなたの事を想像して読み進める効果があります。

切ない気持ちで書かれた手紙やメールは、別れたくない思いを受け入れてもらうために、頭を整理させられます。

彼に直接伝えるのではなく、周囲の人に別れたくない気持ちをアピールする

彼に直接伝えるのではなく、周囲の人に別れたくない気持ちをアピールする、こちらも別れたくない思いを受け入れてもらえる気持ちの伝え方だと言えます。

彼に「別れたくない」「ずっと一緒にいたい」と伝えるのは簡単です。

しかし、それでは縋りつくことになり、前項でもお話をしたようにあの人の気持ちを引かせてしまいかねません。

そんな時には、目を見て直接に彼に自分の思いを伝えるのではなく、周囲から「別れたくないみたいよ」と耳に入るようにしましょう。

これは、心理学を応用したもので、本人から聞かされるよりも、他人から情報として得る方が信ぴょう性を増す効果があります。

「そうか、彼女は本気で僕と別れたくないのか」「そんなにも愛してくれているんだな」と感じ、あなたの別れたくない思いを受け入れてくれるのです。

周囲の人に、あなたの別れたくない気持ちをアピールする際には、彼を悪く言わないことが重要。

「こんなことを言うんだよ!信じられない!」という言葉まで、彼に伝わらないようにしましょう。

理想ではなく真剣な未来像について伝える

別れたくない思いを受け入れてもらえる気持ちの伝え方、それは理想ではなく真剣な未来像について伝えること。

「別れたい」という気持ちをあなたに伝えた彼、そこで二人の未来を閉ざそうとしています。

しかし、あなたはこれからも彼との未来を歩いていきたいと思っていますし、何度も想像してきたはずです。

時には理想的な未来を想像することだってあります。

彼にあなたの別れたくない気持ちを受け入れてもらうためには、その理想は省きましょう。

相当な努力が必要な理想、乙女チック過ぎる理想などは、男性にとってはただの夢物語です。

真剣に現実的なあなたの考えている未来を彼に伝えることで、別れに対する気持ちを思いとどまってくれます。

現実的なものをあなたが真剣に話すと、彼は頭の中で未来を想像するもの。

それが幸せで笑顔溢れる環境ならば、「それも良いかも」「ここで別れずにもう少しやっていこうかな」と思えます。

彼に「別れたい」と思わせたあなただとしても、真剣に将来について考えている事実が分かれば、あの人の中のあなたへの印象を変えられるはずです。

別れを回避した後にまた別れ話が持ち上がるのを防ぐ手段

喧嘩になる前に自分から謝ることを心がける

別れを回避した後にまた別れ話が持ち上がるのを防ぐ手段は、喧嘩になる前に自分から謝ることを心掛けるというもの。

別れを回避しても、仲睦ましく喧嘩もせずに過ごせることはありません。

別れを回避する時に、問題をきちんと解決していない場合もありますし、新たな問題に直面する場合だってあります。

そこで再び、大きな喧嘩をするとまた感情的になり「別れよう」「そうしよう」と売り言葉に買い言葉になってもおかしくありません。

二人の関係は安定するまでは、大きなトラブルや喧嘩を招かないことが重要です。

喧嘩をしない期間が長くなればなるほど、彼は「俺たち、相性が良いのかも」「一緒にいて居心地がいいな」と感じます。

あなたとの関係に自信をつけてもらうことが出来るので、喧嘩になる前にあなたから謝れるように努力しましょう。

「ごめんね」「そこは私が悪かったね、気をつけるね」と伝えると、仮にあの人がイライラしていたとしても、気持ちを冷静にさせられます。

素直に謝るためには、彼があなたに何を求めているのか、どんなことを考えているのか、どこに向かっているのかを知らなければなりません。

恋人関係は、日々相手を知る努力を欠かせないものです。

定期的に二人の付き合い方についての反省会を行う

定期的に二人の付き合い方についての反省会を行う、こちらも別れを回避した後にまた別れ話が持ち上がるのを防ぐ手段だと言えます。

一度別れを回避したとしても、お互いの考えが完全に一致し、上手くいくわけではありません。

結婚し、夫婦になったとしても、時には「これでお互いは納得しているのかな」「上手くいくための方法は他にもあるのではないかな」と考え、話し合うものです。

恋人期間ならなおさら、必要なこと。

会う頻度や連絡する期間の取り方などの細かいところから、お互いに相手を不愉快な思いをさせていないか、理解してもらえない行動をしていないかどうかを話し合い、反省や改善策を提案します。

二人が冷静に話し合いの場にいられるのならば、その時言えなかったことでも「あの時、実はこんなことを言われたくなかったな」と伝えられるものです。

人は、毎日が同じ感情ではありません。

日々、様々な人と接し、多くの出来事に遭遇し、価値観が変わることも。

昨日の考えと今日の考えが違うのは当たり前のことで、あなたも彼も相手に対して、変わらない印象を持っているのは間違いです。

そんな二人の成長を感じられるチャンスにもなる話し合いであり、反省会となります。

彼が喜ぶことを率先して行う

彼が喜ぶことを率先して行う、こちらも別れを回避した後にまた別れ話が持ち上がるのを防ぐ手段だと言えます。

別れを回避した後にまた別れ話が持ち上がるのを防ぐためには、大切な人に対して尽くすという行為が必要です。

尽くすといっても、何でもかんでも彼に合わせる、あなたは自分を我慢させて自身を抑え込むわけではありません。

単純に「彼を喜ばせる」という目的に沿った行動をとるだけ。

「仕事で疲れている彼に“お疲れ様”と伝えよう」「最近、コンビニご飯ばかりだから栄養あるお弁当を作ってあげたい」「一人の時間が欲しそうだからソッとしておこう」などの気遣いを尽くす行為とします。

彼を想っている気持ちをあの人が少しでも感じられたならば、たとえ二人の間に新たな問題が起きたとしても、すぐに「別れたい」とはなりません。

日々の積み重ねで、絆を深め、縁を強くさせましょう。

思いやりある行動は女性らしさを表現することにも繋がり、愛される女性になれます。

彼氏からの別れ話を予防すると同時に、あなたの女性性自体も向上させることが出来る一石二鳥な作戦です。

「いつ別れるかも分からない」という危機感を持って生活する

別れを回避した後にまた別れ話が持ち上がるのを防ぐ手段、それは「いつ別れるかも分からない」という危機感を持ってあなたが生活することです。

別れ話を防ぐためには、別れを意識する瞬間があるかどうかに影響されます。

決して、彼に「別れたい」「もう二人の関係はダメかもしれない」と思わせてはいけません。

「いつ別れるかも分からない」と彼が感じてしまうと、その結果ばかりを気にし、あなたとの関係に疲労を感じます。

あなたが危機感を抱くことで、感情的になったり、瞬発的に間違った答えを出したりすることに繋がるのです。

一度でも別れ話が出た恋人たちは、それを回避したとしても、再び「別れよう」「別れたい」という言葉を簡単に飛び出させてしまいます。

別れるという言葉へのハードルが下がるから。

だからこそ、「いつ彼と別れるかは分からない」と危機感を持っていなければならないのです。

その危機感は、あなたが答えを出す、言葉を吐き出す一瞬に「考える」という行為を導きます。

「この言葉を伝えたら彼はどう思うかな」「この行動はどこに結び付くだろうか」と想像する力をつけ、不要な行動や言葉を封印させるということ。

二人の関係をいつまでも守り、別れを回避した後にまた別れ話が持ち上がるのを防ぐためには、一つの行動からの結果を想像し、不要な行動は自制しましょう

復縁コラムニストMINAKOワンポイントアドバイス「どうしても別れたくない時は彼にその理由を理解してもらおう」

minako
彼とどうしても別れたくない時は、あなたの気持ちを理解してもらうことです。

彼氏と別れたくない時は、つい感情的になり衝動的に気持ちを伝えてしまうことも少なくありません。

しかし、衝動的な行動は返って逆効果であり、彼の気持ちを離してしまうことも。

今回ご紹介した様に、彼氏に別れたくない思いを受け入れてもらう気持ちの伝え方を参考にすれば、男性には感情的にならない方がより、しっかりとあなたの想いが伝わることがわかるはずです。

彼氏の心を繋ぎ止めて、もう一度愛しあえる関係になってください。

彼との関係を立て直すには今しかありません。

悔いの残らない行動を取り、あなたの幸せを掴みましょう。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

気になるあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…恋愛成就の可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁や不倫などの難しい恋愛の悩み、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

難しい恋愛の不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事