sakura
fushimiで占いをしているsakuraと申します。

ウィズコロナの時代、新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、恋と運命の真実を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

恋と運命の真実で占う

※20歳未満はご利用できません

「私の寿命はいつまでなのだろう」「私が死ぬ時の死因って何だろう」と考えてしまうあなた。

人に平等に与えられる「死」を気にしない人はいません。

こちらでは、あなたの生年月日を用いて、おそらく最も正確な寿命診断としてあなたの寿命をカウントダウンできる寿命占いが出来ます。

また、死期が近づいている人の特徴も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にして恐ろしさを伴う死について考える機会にしてください。

生年月日を活用してあなたの寿命をカウントダウンする無料の寿命診断をする

女性 男性
https://fushimi-uranai.jp/fortune-birthday-lifespan-result1,https://fushimi-uranai.jp/fortune-birthday-lifespan-result2,https://fushimi-uranai.jp/fortune-birthday-lifespan-result3,https://fushimi-uranai.jp/fortune-birthday-lifespan-result4,https://fushimi-uranai.jp/fortune-birthday-lifespan-result5,
https://fushimi-uranai.jp/fortune-birthday-lifespan-result6,https://fushimi-uranai.jp/fortune-birthday-lifespan-result7,https://fushimi-uranai.jp/fortune-birthday-lifespan-result8,https://fushimi-uranai.jp/fortune-birthday-lifespan-result9,
5
4

死期が近づいている人の特徴

死の臭いがする

死期が近づいている人からは、死の臭いがするという特徴があります。

「いつもと臭いが違う」「臭いがおかしい」と死が近づいている人に感じたことがある人は少なくありません。

しかし、大半の人はなかなか気づかない現象とも言えるのです。

死期が近づいている人は、体の内側からどんどん臓器が腐り始めます。

臓器が腐ることによって、外へと臭いが放たれるのです。

病気などによって死を迎える人だけに臭いが出るわけではありません。

突然死などの急な死であっても、臭いが出ているのです。

臭いが「いつもと違うな」と感じた時には、危険なサインであり、死期が近づいているということになります。

実は、この死期が近づいているときの臭いが出るのは、人間だけではありません。

動物にも同じことが言えます。

人間は、みんなそれぞれに体臭があるのです。

そのいつもの体臭とは違った臭いを感じた時には、体の中でホルモンバランスが崩れ、臓器が腐り始めている危険な兆候となります。

自分の周りにいる人に危険が迫っているときには、体臭で分かるほどなのです。

死期が近づいている人は、体内から変化が出始め、それが臭いとなり死を迎える結果となります。

死相がでる

死期が近づいている人に表れる特徴には、死相がでます。

死相は死後だけではなく、死期が近づいている人にも表れる現象です。

顔に影や赤色の筋、額に縦線などが出始めます。

目の特徴では、生気が感じられない、クマや目のくぼみが酷い状態。

体では、体臭の変化、体重の急激な減少があります。

死期が近づいている人であっても、様々な現象が体外にも表れてくるのです。

よく霊媒師などの視える人が「死相がでている」という発言がありますが、それはすぐのものでなくても、数年後に訪れる死期がその人の顔や体に出ているから。

死相はオーラとの深い関わりがあります。

心筋梗塞や脳卒中などの突発性の死であっても、事前に予知できるのが死相となるのです。

人間の生体から発せられるオーラやエネルギーには、死期を感じさせる不思議な感覚が出てきます。

「表情が暗くなったな」「生気が感じられない」という人は、死期が近づいているという一つの特徴です。

病的な死相が目のクマやくぼみ、精神的に病魔に侵された時には体に出てきます。

それぞれの死相の特徴であっても、その時に本人が抱えていることが関わってくるのです。

死期が近づいてきている人が身近にいる場合には、本人以外が最も感じられやすい特徴が死相とも言えます。

視えないものが視えるようになる

死期が近づいている人の特徴として、視えないものが視えるようになるのです。

誰かが死ぬ前に、「不思議な行動していた」「何か理解できないことを言っていた」という体験をしたことがある人は少なくありません。

死期が近づいてくると、人は死を迎える前に視えないものが視えてくる現象が出てくるのです。

特に多くある現象が、”お迎え現象”と言われる、人が死を迎えるときに魂をあの世に導くための霊を視ることがあります。

以前亡くなっている人に会ったなどというのも、お迎え現象です。

死期が近づくと様々な霊的現象が起こります。

また、死期が近づいている人が生霊という自分の魂だけを体から抜け出させ、会いたい人に会いに行くことも現象として起こるのです。

これは、亡くなる前にきちんと挨拶をしておきたいという気持ちが強くあるから起こる現象。

この現象を感じてすぐにその人が「亡くなった」という連絡がくることも少なくないのです。

死ぬ間際や死が目前となっている時、霊的な現象が数多く起こります。

死期が近づいている人は、自分の”死”を受け入れることで様々な現象を起こしていくのです。

死を恐れなくなる

死を恐れなくなるのは、死期が近づいている特徴とも言えます。

病気となり”余命宣告”を受けてもなかなか死を受け入れられない人は数多くいるのです。

死の恐怖ほど怖いものはありません。

自分が経験したことのないものだから恐怖が非常に大きくなるのです。

「なんで自分だけが」という怒りも当然経験します。

それでも怒りを向ける先も自分自身でしかなく、神様を恨むことだってあるのです。

しかし、怒りも恐怖も時間が経つにつれ、薄れ始め、それを感じなくなります。

死期が近づくと恐怖に感じていた”死”を受け入れるようになってくるのです。

死に向かう段階で、自分と関わってきた人への別れの準備を始めていきます。

そして、自分の運命をきちんと受け入れるようになるのです。

死期が近づいている人は、”死”を意識することで、時間を大切に感じ、周囲との関係を守りたくなります。

自分の限られた人生を残り少ない時間どう生きようかという考えが強くなると同時に、”生”に対しての諦めや感謝の気持ちなどを感じ始めるのです。

自分の運命を受け入れることで、”生”へのこだわりを捨てるという考え方を身につけ、死を受け入れる覚悟ができます。

死は怖いものではなく、幸福につながるものだと考える人もいます。

占い師sakuraのワンポイントアドバイス

sakura
この世には、死について語れる人は多くはありません。

それは、今生きている人は全て、死を経験したことがないから。

魂の転生などによって、死を経験している人も多くいますが、その記憶は生を受けた時には消されています。

だからこそ、気になるものであり、恐れを抱くものです。

しかし、「死」を恐れずに知ろうとすることは、この人生を最大限に有効に歩む方法となります。

寿命を知れば、自分の命のタイムリミットが分かります。

それまでの間に、やりたいことや興味のあることなどに積極的に関わり、体験することで、より幸せを感じられるはず。

それは、生きるなかで幸せを十分に感じられる自分が出来る最大の行動に繋がります。

「死」を考えるだけで、おぞましい気持ちになってしまい、目を背けてしまいがちですが、実は知ることが出来れば出来るほど、幸せな気持ちや後悔しない生き方を手に入れることが出来るのです。

占いで寿命をお教えするのはタブーだと言われておりますが、私はそれを犯してでも、あなたに幸せを掴み取って欲しいと考えます。

ぜひ、寿命占いを活用してください。

あなたの寿命は永遠ではありません

こちらの寿命占いをしたら分かるように、あなたの寿命は永遠ではありません。

どれだけ偉い人でも、お金持ちでも、徳を積んだ人であっても死は訪れます。

だからこそ皆、自分の寿命や死因などが気になるもの。

気になるものを放置していると、それだけストレスも溜まり、死期を近づけてしまうことも。

あなたの寿命を知ることで、今を上手に生きられるようにもなりますので、後悔しない人生を歩みましょう。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

気になるあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…恋愛成就の可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁や不倫などの難しい恋愛の悩み、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

難しい恋愛の不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事